オフショアマガジン
2014.12.1号

第三松栄丸・千葉県大原港
千葉県・大原沖のLTヒラメ絶好調!!

01_main.jpg
北風が吹き、厚手のコートが必要になる頃、ヒラメ釣りは“本番”を迎える。今シーズンも千葉県・外房各地で順調な釣果が出ている。広大な海域と、複雑なポイントがある千葉県・大原も好調との情報。11月19日、大原港『第三松栄丸』の乗合船に乗った。

LT・NT(ライトタックル・ノーマルタックル)どちらでも

仕掛け図
圏央道の延長で大原港もぐっと近くなった。横浜からでも1時間30分程だ。午前4時に到着、多くの釣り船の照明が灯されエンジン音が響いている。ここだけ別世界の賑わいで心が躍る。当日の乗船者は私を含め5人。釣りの準備が忙しい中、以前取材に協力いただいた柴田竹男さん(越谷市)に再会。その柴田さんが根掛かり回避の新兵器を見せてくれたので写真に納め、準備完了。午前5時30分の釣りスタートを目指し出港となった。

本船係留場所は駐車スペース隣接
秘密兵器?
常備仕掛けと餌のイワシ

出足不調だったが…

港から暗闇の海に出ると北風が強い。定刻の5時30分に船長のアナウンスがあり、水深16mでスタートした。5人なので風下“片舷流し”の釣りでラインは船底方向に引かれ、LT・NT共に長めの竿(3m前後)でないとラインが船底に当たる。仕掛けが浮き上がらない様に底取りするが、ラインを出し過ぎると根掛かりを誘発する。全員持ち竿でまめな対応をするが、口をあけて待っているはずのヒラメからの反応はなく、船中沈黙。午前6時過ぎにトモ(船尾)の鈴木隆則さん(さいたま市)が船中1号を釣るが“ソゲ”クラスで苦笑い。夜が明けてみると潮が澄んで海水温も19度台と高く、船長は船を移動させた。
早朝期待の時間が空振りに終わったが、移動したポイントではアタリが出始めた。7時過ぎ、水深14mの浅場で再開したところ、トモの鈴木さんが2匹目、すぐにミヨシ(船首)から2番目の篠田正昭さん(市原市)が1kgクラス、10分後に2kgオーバーと連発。“外道”のガンゾウビラメも釣れ、俄然活気が出てきた。海面を見ると薄濁りで、キャビンの海水温計は17度台に下がっており、場所替えが当たったようだ。午前8時から私も竿を出した。

船中1号鈴木さん 苦笑い
このサイズなら
本日一番 篠田さん

LTは持ち竿で!

[動画]LTでもオッケー!ヒラメ釣り
2.7mの竿に道糸PE2号でオモリ40号、船常備の仕掛けの捨て糸を40cmに短くして、イワシの上あごに上バリ、孫バリを背掛けにして投入。船長に孫バリの位置を聞くと、上下どちらでもよいが下に着けると海草に掛かる事が多いと言う。着底してすぐにコツン、コツンと当るが“本命”ではなさそう。釣れてきたのは30cm弱のマハタ。次にまた小さなアタリで“ソゲ”クラスが釣れた。ヒラメの独特のゴツ、ゴツとしたアタリがなく、ラインの出し入れで底取りを繰り返すが安定しない。カメラを回す為、置き竿にして釣り座を離れていると、お隣の増田義夫さん(千葉市)が「当たっていたよ」と教えてくれた。上げてみると、またしても“ソゲ”クラスの居食いだった。どうも勝手が違うと悩んでいたところ、トモの鈴木さんが、オモリが軽いからヒラメが咥えても仕掛けが浮き上がって食い込まないのではとのアドバイス。そこでオモリを50号に交換、捨て糸をハリスと同じ長さにして、出来るだけ仕掛けを落ち着く様にした。すると、オモリが海底にコツコツ当たりだし、根掛りの様に竿が曲がりゆっくり竿を上げ1m位海底から上げたところで力強い引き込み。しっかり合わせが効いて1kgクラスを釣る事が出来た。同じ釣り方で1kg強を追加、先に釣った“ソゲ”2匹を放流し、午前10時30分過ぎ竿を仕舞った。その間も船中でヒラメは釣れ続け、定刻午前11時30分までに鈴木さんが8匹を釣って竿頭。次は5匹、5人で船中20匹とまずまずの成績。

やっと来ました。増田さん
小さくてもヒラメだ。柴田さん
作業もこなしヒラメもゲット
若船長・椋介さん

安定した釣果、これから本番!

「早朝狙った太東沖は、潮が澄み過ぎていて水温も高かった。前半は不調だったが、後半はまずまずでした。大原のヒラメはこれからが本番です」と船長。今回の釣りでLTでも状況に対応する為に重いオモリの準備や仕掛けの工夫が必要である事が判った。海水温17度。これからは5kgオーバーの“渡りのヒラメ”も出てくる頃だ。是非出掛けてみてはいかがだろう。

本日指南 中井英明船長
ボクはイワシが大好きさ!
ボクもイワシが好きです

(釣りビジョンAPC・野口 壮一)

今回利用した釣り船
千葉県大原港『第三松栄丸』
〒298-0003
千葉県いすみ市深堀45
TEL:0470-63-0085
詳細情報(釣りビジョン)
第三松栄丸ホームページ
出船データ
料金:ヒラメ1万2,000円(活きイワシ・氷・軽食付)
集合:4:30 出船:5:00
プレミアムメンバー