勇盛丸・千葉県大原港

2017.4.15号

千葉県・大原沖で深場釣り、メヌケ好調!!

02_main.jpg

千葉県・外房、大原港と聞くとマダイやヒラメ釣りが思い浮かぶが、“深場釣り”の釣り場としてもA級の場所だ。“リクエスト予約”で深場狙いができる大原港『勇盛丸』へメヌケを狙って出掛けた。

リクエスト予約で出船

『勇盛丸』では、予約制で日時と対象魚をリクエスト出来る。予約の入った順番で釣り物が決まる。予約状況や出船予定はHPに載っているので、出船が決定していたら1人でも乗れる。メヌケ釣り等の深場狙いは3人以上の予約で出船となるので、まずは電話で問い合わせる事だ。この日は4人乗船。ポイントまで遠いので集合は午前3時30分。集合場所は船の係留場所だが、詳しくは『勇盛丸』HPに載っている。港はナギだが沖は強風が予想される中、準備を済ませ出船となった。

「勇盛丸」後ろが『いさばや』
出港前
本日指南役 永谷亘船長

マメな底取りで根掛かり回避

航程約2時間、北風とウネリで波の飛沫が顔にかかる。午前5時30分過ぎに1流し目が始まった。仕掛け投入はトモ(船尾)から始まり、ラインが50m出ると次の投入で、順番にミヨシ(船首)まで投入していく。永谷亘船長から「水深450m!」のアナウンス。オモリ着底まで4分程かかった。次のアナウンスで水深は480mまで深くなっていく。メヌケ釣りはベタ底狙いなので、糸フケを取り、オモリが海底を小突くように道糸を出し入れしなくてはならない。オモリが底を引きずると根掛りしてしまう。晴天だがハードなコンディションの中、じっとアタリを待った。

投入合図を待つ
道糸1000m以上巻けるリール
仕掛け図

仕掛けは流し回数+1セット準備

船長の仕掛け

仕掛けの概略は、オモリ500号又は鉄筋2kg(船に常備1個500円)、ハリ数10本程度、ムツバリ21号でハリス16号50cm、幹糸は18~20号、間隔は1m。餌は各自準備でイカ短冊15cm程度、赤や蛍光に染めた物もよいが蛍光色はサメが多くなることもあるそうだ。仕掛けは流しの回数(この日は6回流し)分、木枠(治具)にセットしておく。予備を入れて7セット用意した方がいい。船には無いので注意。

ハリ、ハリ、ハリ
鉄筋2kg
オモリと赤く染めたイカ短冊

“本命”多点掛け!アブラボウズも浮上!!

1流し目からアタリが来た。ウネリで上下する竿先が不規則に動く。400m以上底から、魚の動きが竿先に伝わり、船長の合図で巻き上げ開始。リールのドラグを効かせ、ゆっくりだが着実に巻き上げると、海面近くからメヌケの浮力で道糸が沖に走り出し“本命”登場。オマツリを解きながらトモ2番目でメヌケ3点掛け。ミヨシでもメヌケ3匹とアブラボウズ(船上計測10kg)1匹の4点掛けだ! 1流しで船中メヌケ6匹と、初めて見た生のアブラボウズに思わず興奮した。準備ができて1投目から約1時間後、水深450mで2流し目がスタート。
またもトモ2番目にメヌケ2匹、1匹はハリ外れで海面に浮かんでいるところをタモでゲット。しかし、カラスザメも沢山掛かるようになってきた。

どうです。3点掛け!
こちらも3点と
これも含めて4点は重たい!
今度は2点掛けだ
アブラボウズの精悍な顔

後半の流しで4kg級の大型上がる!

3流し目、440mで単発ながら良型のメヌケ1匹が釣れる。
4流し目、420mは全員空振り。
5流し目、490mから480mで3流し目よりサイズアップのメヌケ1匹。
6流し目、430mでこの日最大4kg級のメヌケが釣れて終了となった。
最終結果、船中メヌケ11匹、アブラボウズ1匹。北風とウネリの強い中、ご機嫌な一日だった。

サイズアップだ
4kgだ!
重たそうです
クーラーの中はメヌケだらけ
目の出ないメヌケ?もありますね

4月中が特に狙い目!

「今日は流れが緩かったのでピンポイントで狙いました。5月までは狙えます。4月中が特に狙い目です。慌てずゆっくり投入すれば大丈夫ですから、ビギナーでも楽しめますよ」と船長。また一つ大原沖の魅力を体験できた釣行だった。

(釣りビジョンAPC・野口壮一)

今回利用した釣船
千葉県大原港『勇盛丸』
〒298-0004 千葉県いすみ市大原10207
TEL:0470-62-2086
定休日:第1・3月曜日(祝日の場合火曜日)
詳細情報(釣りビジョン)
勇盛丸ホームページ
出船データ
メヌケ・リクエスト予約3人から(電話予約にて確認)
料金:2万円(氷付き)
付け餌、仕掛けは各自準備
集合:午前3時30分集合 準備が整い次第出船 午前11時沖上がり
定休日:第1、第3月曜日
※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。