番組表
番組一覧

ZEST号・静岡県清水港「静岡県・清水沖でサワラ爆釣!マダイも絶好調!」オフショアマガジン|釣りビジョン

釣りビジョン
ON AIR

ZEST号・静岡県清水港

2017.04.15号

静岡県・清水沖でサワラ爆釣!マダイも絶好調!

静岡県・清水沖に突如として出現した鳥山、ざわつく海面、「うわっ、あっちでも魚が跳ねた!」と叫び、鳥山を追って舵を切る清水港『ZEST号』の杉山彰浩船長。鳥が狙っているのはカタクチイワシ(シコイワシ)の大群。その直下では大型のサワラが待ち構え、更にその下では良型のマダイが待ち構えている。ジグを落とせばフォール中ヒット!そんな夢のような状況に4月5日遭遇した。

ダブルスタンバイ!タイラバ&ジギングゲーム

タイラバタックルとジギングタックルを用意

「ZEST号」に乗船する時には、タイラバとジギングが出来る2タックルを用意しよう。タイラバ用はタイラバ専用ロッド6.1ftUL、リールはタイラバ用ローギアに道糸はPE0.8号200m、リーダーはフロロ3号2ヒロ(約3m)を直結、タイラバをセットする。タイラバは100~120g。ジギング用はスロージギング専用ロッド6.3ftにPE1.2号200m、リーダーはフロロ6号2尋、その先に更にナイロン100lbを30cmセット。ジグは160~200gシルバー系のもの。ジグにセットするフックは3/0 耐力24lbフックをフロントに2本、リアに1本セット。3~5月はあくまでタイラバがメインでの出船。サワラなどの“青物”がいればジギングやキャスティングで狙うこともあるのだが、タイラバの用意を重点的にした方がよいだろう。

船長おすすめのタイラバ
各種ネクタイ
160g船長おすすめのジグ
船長おすすめのフック
仕掛図 タイラバ
仕掛図 ジギング

薩唾(さった)沖からスタート!

4月5日午前6時、新折戸係留所の駐車場、Cバース前に4人の釣り人。杉山船長と「トラウトキング選手権」でお馴染みの船長の息子、杉山代悟さんが集合。乗船名簿に記入して午前6時半出船した。最初の釣り場は薩唾沖の水深70m、タイラバでマダイ狙いからスタート!すると左舷胴の間(中央)の山下晋さんが、「アタリだ!」と言いながら合わせを入れたがフッキングせず…。タイラバでの釣りはアタリがあっても合わせをすぐに入れると抜けてしまうことが多いのだが、思わず合わせを入れてしまったようだ。それもそのはず、普段はサーフからヒラメなどを釣っている陸ッパリのルアーアングラー。この日は初めての船釣りチャレンジだった。合わせを入れるのが体に染み込んでしまっているのも納得である。「タイラバはアタリがあってもジーッと巻き続けてくださいね。アタリがあってもネクタイの部分が長いので、ネクタイを咥えているだけでハリまで到達していないことが多いです。そのまま我慢して巻き続けてマダイをじらしてハリまで食わせるようにしてくださいネ」。と船長からアドバイス。

乗船場所入口のCバース
「ZEST号」
乗船名簿に記入

3kg級のマダイが浮上!

「はい、やっていいよ~。水深は75m。下から30mまでビッシリ反応がでているんで、下から20mまでやってみて」と船長からアナウンス。リールの巻き数で底から30~40回転くらいまでのタナを探る。午前7時30分、70mラインでもマダイがヒットしなかったため63mへと移動した。すると、ここでもベイトの反応が底から20mの間ビッシリと魚群探知機に出ている。「今日の満潮は10時59分なので、満潮に向けて潮が上がり始めています。潮の変わり目なのでチャンスですよ」と船長が言ったその時、右舷ミヨシ(船首)の堀田剛志さんの竿が大きく弧を描いた。海面に浮上したのは3kg級の良型のマダイ。着底して10mまで巻いて、また底まで落として10m巻いてを何度か繰り返している最中のフォール中、着底まで残り5mの所でフッと軽くなったので、すかさず合わせを入れたそうだ。

底から浮いたイワシの反応は食いがたっている証拠
やったね!3kg級!
いいところに掛かってます
釣った魚は〆て神経締めしてくれます
タイラバタックルとジギングタックルを用意しよう
30cm級のマダイもヒット

清水沖で大型サワラ、マダイが連発!

午前9時、釣り場を大きく変えて水深100mの清水・久能沖へと移動したが、イワシの反応は出るのだが、タイラバでの“本命”からのシグナルはない。すると、目の前に鳥山が見えた。それを見て船長は舵を交代して160gのジグを投入。すると、「アタッたよ」。すぐに合わせを入れて巻き上げ開始。「うわ~、バレた~」。ファーストヒットだったので、合わせが少しだけ遅れてフックが外れてしまったようだ。気を取り直してもう1度投入すると、再びヒット。またフォールでアタリがあり、今度はがっちりフッキングしたようだ。海面に顔を見せたのは4.5kg級の丸々と太ったサワラだった。その魚を皮切りに流し直す度にヒット連発。ほとんどがフォール中のヒットで左舷ミヨシの山下剛さんはジギング初めてで5kgと5.8kgをキャッチ。その間に今度は両隣にもヒット。右隣はマダイの2kg級にサワラの5kg級が連発、左隣は残念ながら海面で同型のサワラをバラした。

キタキター!
口火を切った5kg級
サワラの鋭い歯には注意
代悟さんもヒット!
活性の高い魚はジグを丸のみに
5kg級
サワラは体高もありコンディションは最高だ
同じ場所で1.5kg級のマダイ
この日最大5.8kgのサワラ

タイラバのマダイ狙いは5月まで

「サワラが追っているイワシの群れの下には必ずマダイがいます」と船長の言葉通り、ジギングでその後もマダイが2匹ヒット。気がつけば4~5.8kgのサワラ7匹、マダイ5匹の大型ばかりの大満足釣果で沖上がりの13時となった。清水沖のタイラバ&ジギングは大人気、予約は早めにした方がいい。

4kg級
2kg級のマダイも同じ場所でヒット
2kg級のマダイ
鳥山は沖上がりまで各所で見られた
ラストフィッシュはミノーに来た
デカい!
サワラの口から吐き出されたベイトのカタクチイワシ
みんなでパシャリ!

(吉田洋一郎)

今回利用した釣船
静岡県清水港(新折戸係留所)『ZEST号』
〒424-0902 静岡県静岡市清水区折戸314-19Cバース
TEL:090-1621-3948
定休日:なし
詳細情報(釣りビジョン)
ZEST号ホームページ
出船データ
タイラバ&ジギング船:午前6時集合※集まり次第出船、午後1時終了。
乗船料金:8,000円~(税込)
ページトップ