宝生丸・千葉県勝山港「東京湾の乗っ込みマダイ、これから本番!!」オフショアマガジン|釣りビジョン

釣りビジョン
ON AIR

宝生丸・千葉県勝山港

2018.04.15号

東京湾の乗っ込みマダイ、これから本番!!

沖釣りファンにとって、「乗っ込み」と言う言葉はマダイの為にある!?春の潮に乗って、深場から上がって来たマダイの群れをコマセで寄せて仕留める。無上の喜びである。今年のシーズンインはいつ頃か、「そろそろだろう」と、10日に千葉県・勝山港『宝生丸』に出掛けた。

出船1時間前に集合!

午前4時には事前申し込みのあった11人は集合していた。勝山港内南側の『宝生丸』看板前で受け付けを待つ。釣り座は先着順、車は看板の前に置ける。間もなく受付開始、氷とコマセ用のオキアミ3kgを受け取り、乗船。定刻5時に出船、ナギの海をポイントへ向かった。

係留中の「宝生丸」
受付にある看板
本日指南役 小滝俊之船長

コマセを振ってアタリを待つ!

航程20分、富浦沖のポイントに到着。海面からの指示ダナ、その5m下からコマセを振る。「上から47m。52mからコマセを振ってください」と、小滝俊之船長のアナウンスでスタート。海が穏やかなのでリールのマークでタナをぴったり合わせられる。最初は直ぐに仕掛けを上げ、付け餌の確認。“餌取り”に餌を取られていたら、次の投入時には僅かにタナを上げてみる。この時、コマセの振り出しを最初と同じタナで行う。上げたタナを基準にして、コマセを振り出すと、“餌取り”も上がって来る事があるので注意。コマセの上に回ってくる“本命”を狙う感じが良さそうに感じた。

オキアミ3kg 解凍中
コマセから選んだ付け餌
仕掛け図

コマセが効いて来た!!

5時25分に右舷で小型ながら船中1号のマダイが上がり、活気付いた。10分後右舷ミヨシ(船首)で1kg級、その後直ぐに1号を釣った方の竿が再び撓る。何回か締め込みを繰り返し、じわじわ引き寄せたが残念、残り僅かなところでハリ外れ。次は右舷胴の間(中央)で1kg級、6時前後に500g級が連発。何故か富浦沖のモーニングファイトは右舷にアタリが集中。
7時40分頃に大きく移動。今度は40mのタナでスタート。ここは両舷でアタリが出た。左舷トモ(船尾)で500g級、続いて右舷の私に1kg級、さらに右舷で“ゲスト”のイシダイと続き、8時30分右舷ミヨシで1.7kgが上がった。

船中第1号
朝陽に映えます
ナイスサイズ
これもグッド
綺麗すぎるか
【動画】これから乗っ込み本番!マダイ釣り

気配はあるが、潮が動かない!

船長は小移動を繰り返し、水深20m~35m前後のポイントも攻めたが、潮の流れが悪く連発する事は無く、定刻12時30分に終了となった。竿頭は3匹。最大1.7kg 船中9匹、“ゲスト”はイシダイ、クロダイ、イサキ。当日が潮変わりのせいか、流れが全く無い悪条件。「乗っ込みはこれから!」といった感じの釣況だった。この時期は“餌取り”も多い。如何に“餌取り”を避けるか。「手返しを早くする」、「“餌取り”を下層に集める」、「常に誘い、付け餌を動かす」等々色々試してパターンを掴む事も乗っ込みマダイの楽しみ方だと思う。

ゲスト①イシダイ
ゲスト②クロダイ
ゲスト③イサキ。何故か一人に集中

船長に聞く!

「今日は潮が流れませんでしたが、いつスイッチが入っても良い感じです。“本番”はこれからです」と嬉しい話。予約乗合では無いが、これからの時期は、混み合う事も予想される。「釣船予約」で事前予約した方が良いだろう。また、「手返し重視」という方は、自分で付け餌を持参した方が良いかも知れない。シーズンインはもう直ぐだ。

(釣りビジョンAPC・野口壮一)

今回利用した釣船
千葉県勝山港『宝生丸』
〒299-2117 千葉県安房郡鋸南町勝山54
TEL:0470-55-2777
定休日:なし
詳細情報(釣りビジョン)
宝生丸ホームページ
出船データ
コマセ・マダイ予約乗合
料金=午前便:1万1,000円(税込) 割引有り、オキアミ3kg、氷付き
   午後便:6,500円(税込) オキアミ1.5kg、氷付き
   予約の電話は前日の21時まで
出船=午前便:5時00分 午後便:13時00分
   集合は出船30分前までに
貸し道具は手巻きリール付き無料、電動リール付き2,000円
釣船予約バナー
釣りビジョン ライター(APC)募集!
ページトップ