なぶらフィッシング・東京都新中川暫定係留所「東京湾、タイラバで狙う“乗っ込み”マダイ!」オフショアマガジン|釣りビジョン

釣りビジョン
ON AIR

なぶらフィッシング・東京都新中川暫定係留所

2018.04.15号

東京湾、タイラバで狙う“乗っ込み”マダイ!

“桜前線”は関東を通り過ぎ、まさに春本番!この時期のマダイはその美しさから“桜ダイ”と呼ばれる。産卵期を迎え浅場に集まり出す時期でもあり、大型も狙えるベストシーズンである。そのマダイを東京湾でしかもタイラバで狙えると聞き、東京都・新中川暫定係留所『なぶらフィッシング』へ出掛けた。

集合場所は係留所

『なぶらフィッシング』では、週末・祭日は主にチャーター(仕立)船で希望の釣り物に合わせ湾奥、湾央、湾口とエリアを決めるが、船長セレクトによって乗合船でも出船している。今回は「タイラバ遠征便乗合船」で正にこの時期にピッタリ。タイラバはオモリ部分の「ヘッド」にフック部分の「スカート」のみのシンプルな仕掛け。最近は遊動タイプ(ヘッドとスカートが分離)が主流で、餌も必要なく底まで落とし、アタリがあってもひたすら一定に巻くだけのシンプルな釣法だ。
この日の出船時間は午前6時、集合は出船の15分前に係留所へ。車で行く場合は、近くのコインパーキングに車を停めて移動となる。『なぶらフィッシング』HPに記載されているコインパーキングは都営新宿線・一之江駅の近くで、徒歩5分程。途中にコンビニもある。新中川を目指し歩くと瑞江大橋が見えてくる。渡っていくと橋の上から係留されているボートが見えるので、入口も直ぐに分かるだろう。入口は施錠されているので、船長が来るまでは入口付近で待機。

新中川に係留されています
瑞江大橋を渡ります
入口、一番手前が今回乗る「なぶら1号艇」

予約の際に、釣れているカラーの確認をお忘れなく

5時25分に係留所へ到着すると、既に何人かが待機していた。話を聞くと皆さん知り合い同士と言う事で和気あいあいと釣り談議。5時35分、岡元健二船長が到着。係留所の一番手前に今回乗船する「なぶら1号艇」が係留されていた。早速道具を積み込み、各自仕掛けの準備。船長から「底潮が速くなるので着底後はすぐに巻くようにして下さいね、タッチ&ゴーで!」と釣り方のポイント説明を受けつつ、皆思い思いのタイラバをセレクト。自分は予約の際に船長に聞いていたお勧めの赤ヘッド+シンプルなスカートをセットし準備完了。「準備出来ましたか?それでは出港します」と船長。定刻の6時に総勢7人を乗せて東京湾央へ向けて出船した。

「なぶら1号艇」外観
操舵室の横と後ろは椅子があり座れます
操舵室奥には横になれるスペース
個室トイレも完備
分からない事があれば船長が教えてくれます
沢山のロッドホルダー、カラフルなタイラバ入れ

バイトは少ないが、“本命”が上がる

7時30分、最初のポイントに到着。この日の天候は晴れて暑くなる予定だが、日差しも無く肌寒い。「両舷に分かれてね、水深45m」。船長のアナウンスでスタート。数投後にバイト。乗ったが惜しくもバラシ。その後もバイトはあるが乗り切らない状況が続く。底潮が緩く食いが悪いようだ。干潮に向け徐々に底潮が流れ出してきたら右舷ミヨシ(船首)でヒット!時間を掛け慎重にやり取り。すると海面に文字通り桜色のマダイが浮いた。船中待望の1匹目。釣り上げたのは常連の本郷隆志さん(東京都江戸川区)。「巻きはゆっくりで、だいたい7、8巻き位でしたね」。上まで追って来ているようだ。ポイントの入れ直しを繰り返すと、続いて操舵しながらの船長にヒット。マダイ特有の“三段引き”、良い感じでドラグも鳴っている。慎重にランディングしたのは1.2kgのマダイ。これも綺麗な“桜ダイ”だ。「バイトがあって乗らなくて、早巻きで視界から消して落とし直したら着底でドンっと来ました」と、船長ニッコリ。巻きのスピード、ヘッドのカラー、スカートの形状、ボリューム、カラーと様々な要素が釣果に繋がるタイラバ。シンプルに思えて実に奥が深い。このままバイトが続くかと思われたが、その後アタリがパッタリ無くなり、小移動を繰り返す事に。

使用タックル
カラフルですね、タイには何に見えるのかな?
仕掛け図
船中1号、本郷さん、綺麗な“桜ダイ”
良型ゲット!岡本船長
ベイトの反応が出てる時がチャンス
【動画】乗っ込みを狙う!タイラバゲーム

厳しい状況の中、数を伸ばす!

移動を繰り返し、時刻は11時。すると久々のアタリは2人同時ヒット!今回も本郷さんと船長。しかし、上がったのは良型のサバとムシガレイだった。ポイントの入れ直しをすると、すぐさま本郷さんにヒット、今度はマダイを追加した。潮止まり近くになりバイトも無くなって来た。「潮が上げてくる13時以降が勝負かな。それまで“お昼”でも取って時合に備えてね」と船長。
船長の読み通り、上げ潮が流れ出したら3度、本郷さんにヒット。ここで反対側にいた佐野秀生さん(横浜市)と竿を交代。佐野さんがマダイの引きを体験しつつ釣り上げた。その後更に本郷さんが“本命”を追加、私にもヒットしたがラインブレイク、リーダーがスパッと切れていた。「これはタチウオだね」と船長。最後にカケ下がりからカケ上がりのポイントで魚探を見ながら、「このカケ上がり部分に潮が当たるから魚がいるはずなんだよね」と、船長とそんな話をしていると右舷トモ(船尾)でヒット!何だか「ドラマみたいだなぁ」と皆で言っていたら痛恨のバラシ、とっても悔しそう。オチが付いたところで沖上がりの14時30分となりこの日の釣行は終了。

風も無くベタナギです
良型のサバ、美味しそう
またまた本郷さん“本命”追加
マダイの引きを堪能、佐野さん
最後の〆に、本郷さん

春の最盛期突入、これからが本番!

この日の釣果は、船中マダイ5匹。周囲の船が船中2、3匹だった事を考えると上々の釣果と言えよう。最もよかったタイラバの組み合わせは赤ヘッド+シンプルなスカートと船長のお勧め通り。「海水温が上がり切るまではタイラバで、その後はキャスティングで通年マダイを狙いますよ!」と船長。前週にはマダイ12匹、1kgオーバー4匹の釣果も記録されている。関東の桜は散ってしまったが、乗っ込みマダイはベストシーズンに突入したばかり!良型が狙えるこれからの時期に、シンプルながら奥が深いタイラバで大物を狙ってみては如何だろう。

この日の釣果
この日の良かった組み合わせ
楽しく釣りをさせてくれます。岡本健二船長

(釣りビジョンAPC・森住貴義)

今回利用した釣船
東京都新中川暫定係留所『なぶらフィッシング』
〒132-0015 東京都江戸川区西瑞江3-46
TEL:090-3952-9178
定休日:不定休
詳細情報(釣りビジョン)
なぶらフィッシングホームページ
出船データ
タイラバ遠征便乗合船(湾央エリア)
料金:1万6000円(氷付き)※6名以上だと1万5000円
レンタルタックル:ロッド+リール1セット2,000円
集合:5時15分 出船:5時30分 帰港まで8~9時間
※その他プランについてはホームページ参照
釣船予約バナー
釣りビジョン ライター(APC)募集!
ページトップ