勇幸丸・千葉県片貝港

2018.9.15号

千葉県・片貝沖南部“解禁”でヒラメが絶好調!!

01_main.jpg

8月1日に片貝沖北部の“解禁”で開幕した千葉県・片貝港のヒラメ釣り。9月1日には片貝沖南部も“解禁”、新たに狙えるようになった釣り場には、まだスレていないヒラメが沢山いるはず!?ワクワクの南部“解禁”当日に片貝港『勇幸丸』に勇んで出掛けた。

片貝港に午前4時までに集合

片貝港は、千葉県・九十九里浜のほぼ中央に位置する。車なら千葉東金道路か圏央道(首都圏中央連絡自動車道)の東金ICで降り、一般道で30分程だ。集合は港に午前4時まで。荷物を降ろして、氷を貰い乗船。船には煌煌と明かりが灯され昼間のように明るい。釣り座に荷物を下ろして準備をしていると、乗船者名簿が回ってくるので記入する。暫くすると活魚車で餌の生きイワシが到着、市東吉雄船長が樽で船の生け簀に移して出船準備完了だ。

出船前の『勇幸丸』、この時期は午前4時集合
活魚車で餌の生きイワシが到着
餌は、釣り場到着後に全員に配られる

通常タックル、置き竿スタイル、LT(ライトタックル)、全てOK!!

4時30分頃、まだ夜明け前に静かに河岸払い。外洋に出ると、沖からのウネリと南西風が少々あるも良いナギだ。『勇幸丸』では、通常タックルでも置き竿スタイルでもLT(ライトタックル)でも全てOK。詳細は仕掛け図を参照。「釣り場までは30~40分かかります。立ち上がらずに休んでいてください」という船長からのアナウンス。“解禁”となった南部の釣り場を目指す。途中、拝みたくなるような綺麗な日の出を見られ、思わず「ラッキー」と写真を撮った。

いいことがありそうなきれいな日の出だ!
『勇幸丸』のヒラメ仕掛けとオモリ40、60号
仕掛け図

まずミヨシ(船首)側から釣れ始めた!

釣り場に到着すると、それぞれの樽に餌のイワシが配られた。樽には絶えずポンプで海水が供給されている。餌の付け方は人によってまちまちだが、多くの人がまず親バリを口の中から上顎の硬い所に刺し通し、孫バリを背ビレまたは尻ビレの付け根に刺している。船長の「それでは始めてください。水深は26m前後、底は平らな岩盤です」の合図でスタート。しかし、誰の竿も曲がらない。「活性が低いのかな?」と思っていたら左舷前から2番目の人の竿にアタリ。しかし、中々食い込まず囓られただけだったようだ。その直後、左舷ミヨシ(船首)にアタリが出て竿が曲がり、こちらは無事に1kg前後のヒラメをゲット!

朝イチのポイントでは1kg前後が連発した!
樽の中で背中を仰け反らせている良型のヒラメ
左舷ミヨシの1kg絡みのヒラメだ!
右舷前から2番目、1kgオーバー間違いなし!
小ぶりのヒラメでも鋭い歯がどう猛だ
ヒラメ釣り初挑戦の方、終了までに計4匹ゲット!

ダブルヒット、トリプルヒットの“爆釣”モードに突入!

これはいい型だ!左舷ミヨシの方、サイズアップ!

船長は、沖へ沖へと少しずつ釣り場をずらして積極的に流し替えて行く。朝の内に釣れたヒラメはわりと型が良く、ポツポツの食いながら1kgオーバーも顔を見せた。その後、小ぶりが多いながらもヒラメの活性はどんどん上向き、いつの間にか一流しで2、3匹ずつ釣れるようになり、それがダブルヒット、トリプルヒットの“爆釣”モードへと突入。囓られたり、食い逃げされたりで餌がなくなると、上乗りさんがタイミングよく“おかわり”を持って来てくれる。『勇幸丸』では、本当にストレスなく釣りをさせてもらえる。

尻尾が樽からはみ出しそう
左舷前から2番、中盤に良型をゲット!
岩盤の上にベイトの反応。こういう場所にはヒラメもいると言う!
潮の流れが変わりトモ(船後方)でも釣れ始めた!
いいサイズだ!1.5kgはありそうだ!
さあ、後半も頑張るぞ

後半はトモ側で順調にアタった!

“爆釣”モードが落ち着いて来た頃、私も竿を出した。オモリ着底後、糸フケを取り、オモリを30cm程持ち上げ、そのタナをキープ。すぐにアタリが来た。竿に重みが乗り、絞り込まれたので竿を立てたが、巻き上げを開始するとすっぽ抜けた。すぐ餌を沈めるとまた食って来ることがあるが今回はダメだった。気を取り直して再投入。再びアタリがあり、“本アタリ”に移行、今度は聞き上げる感じにゆったりと竿を立てると、キチンとハリ掛かりした。いい引きを堪能しながら、無事40cm級を釣り上げた。

左舷胴の間、明らかに1kgオーバーだ!
後半に入るとトモ側にアタリが多くなった
2kg前後のイナダ、太って美味しそう
「いい引きだったよ」と、1kgオーバーをゲット
ゲストのカサゴ
左舷トモ、折り重なるヒラメ、大漁だ!

魚影濃くオデコなし!船中14人69匹の爆釣!

帰港、お疲れさまでした

終盤、船長はサイズアップを狙って大きく釣り場を片貝沖北部に移動。「はい、どうぞ。良型が多い場所ですので頑張ってください」。狙い通りポツポツとナイスサイズが上がったがここでタイムアップ、11時30分に沖上がりとなった。
結果、0.3~1.7kgが1~14匹、船中14人で69匹の爆釣!!
帰港後、手洗いと支払いを済ませ、休憩所で女将さん特製の大盛り焼きそばをご馳走になる。これがまたたまらなく美味しい。10月には魚礁周りと呼ばれる場所も解禁となり、片貝沖全面解禁となる。今後益々面白くなりそうな片貝沖のヒラメ釣り、この秋是非出掛けて頂きたい。

下船後はポリタンクの水で手洗い
休憩所でお茶と女将さん特製焼きそばが振る舞われた
「今年のヒラメは群が濃い上、全面解禁はこれから。今後ますます期待できますよ」と語る片貝港『勇幸丸』の市東吉雄船長

(釣りビジョンAPC・岩見忠弘)

今回利用した釣船
千葉県片貝港『勇幸丸』
〒299-3201 千葉県大網白里市北今泉3404
TEL:0475-77-2594
定休日:第2・4金曜日
詳細情報(釣りビジョン)
出船データ
ヒラメ予約乗合
料金:1万2,000円(餌、氷付き)
出船:午前4時集合、4時30分出船(11時30分頃沖上がり)
※詳細はお問い合わせを
※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。