萬栄丸・千葉県勝山港

2018.12.1号

千葉県・内房、勝山港発のワラサ&マダイ、今がチャンス!!

03_main.jpg

2018年も残すところ1ヶ月足らず。今年はどんな大物が釣れましたか?今年は(も?)大きな魚には縁の無い小生。ワラサ(ブリの若魚)とマダイの“コマセ五目”が熱いと聞き付け、千葉県・勝山港『萬栄丸』に出掛けた。

アクセスの良さが魅力の勝山港

「萬栄丸」が停泊する勝山港は、館山自動車道・鋸南富山ICを降りて僅か数分。都心からでも1時間半もあれば到着するので、走行距離の割に近く感じられる筈だ。午前5時過ぎには突堤先端の船着場に明かりが灯り、船形のある黄色いカウンターで受け付けがスタートする。それより前に到着した場合は、釣り物の書かれた船形から席札代わりのボトルキャップを外して席取りをしておこう(出船前に回収するので無くさないように注意)。釣り座のセッティングは船宿スタッフが理想的な配置で組んでくれるので、荷物を降ろすのは受け付けの後でも大丈夫だ。朝イチの釣り場で直ぐに使えるよう半解凍のオキアミがコマセオケに配られるのも有り難い。そこからいくつか、付け餌用に形の良いオキアミを選んで分けておくこともお忘れなく。やがて東の空が明るくなる頃、「第18萬栄丸」は定刻よりちょっと早めに出船した。

突堤の先にある受け付けカウンター
乗船カードを記入して乗船料を支払う
船宿スタッフが釣り座を組んでくれる
突堤の根本付近が駐車スペース
コマセから付け餌を選び出す
夜明けの海へ、いざ出船!

勝山沖でウォーミングアップ 

開始間もなくマダイが!

ベタナギの海を走ること僅か5分、マダイ用の仕掛けを付けるよう船長からアナウンス。港前のポイントでスタート。指示ダナは海面からの深さなので、道糸のメーターマークを見ながらタナ取りをする。すると間もなく右舷ミヨシ(船首)で船中初ヒット。この日最初のマダイを取り込んだのは深川正己さん(草加市)。「神奈川の船宿へも所要時間は同じ位だけど、何かこっちの方が好き」と語る『萬栄丸』の常連さんだ。この後もポツリポツリとあちらこちらの釣り座で竿が曲がり、マダイが上がった。冬の遅い朝陽が顔を覗かせるまでの1時間、初心なマダイを相手に肩慣らしをしたところで、船長から移動のアナウンス。お腹を空かせたワラサたちの待つ、久里浜沖へと舳先を向けた。

鯛飯サイズではあるが本当に良く釣れる
出船から1時間、日の出までの肩慣らし
多くは無いがイナダも上がった

久里浜沖、竿入れからアタリ活発!

船中1匹目のワラサを仕留めた小川さん

航程20分程で久里浜沖に到着。再スタートの第1投、指示ダナで仕掛けが落ち着く頃合いに竿先が引き込まれたのは小川廣司さん(川口市)。その後あちらこちらの釣り座で立て続けにアタリが出たが、ハリス切れやクッションゴムのサルカンが飛ぶなどのバラシが続出。この日は大型の個体から食ってくる傾向が見られたので、釣り始めは太いハリスと大きめのハリをチョイスするのが得策と思われた。やがて活発な食いが収まる頃、胴の間(中央)の勝目裕二さん(草加市)にこれまでとは違う“魚信”。浮上したのは体色も艶やかな2.7kgのマダイ。この後も流しかえる度にポツリポツリと誰かの竿が曲がるような釣況が暫し続いた。

慌てず手早い取り込みが釣果に繋がる
時合を逃さず、良型ゲット!
マダイも同じタナ、同じ仕掛けに来る

船長に訊く、マダイ&ワラサ釣りの“コツ”

この釣りのコツを岩並伸幸船長に訊いた。「周りが釣れている時には手返し良くってのが大事。“餌盗り”が多い時は餌のチェックもマメに。サバフグにハリを取られている時もあるので。良い時は(船中の釣り人)フルで掛かる時もあるけど、ポツンポツンとアタる時は、いつ食ってくるか分からないので、コマセを切らさないことです。後は食いを見てハリスの号数を8号から6号に落としてみるとかですね」との事。確かに、アタリが遠退いた時間帯には、粘り強くコマセを入れ替え、誘いを掛け続ける釣り人に釣果が出ていた。
また、タモのアシストやオマツリ解きは勿論、魚を寄せるためにコマセ撒きまで手伝ってくれる『萬栄丸』の上乗りさんたちは、釣り人としてもエキスパート揃い。自分だけ釣れない時や、万策尽くして手詰まりになったら、遠慮せず相談してみるのが得策だ。

仕掛け図
仕掛け図
船宿仕掛けは受け付けと船上で購入できる
付け餌は“形の良い物”を“真っ直ぐ”に
釣れている時は手返し良く
渋い時はコマセと誘いを粘り強く
丁寧で親しみやすい岩並船長
心強い上乗りの土田さんと谷口さん

年末年始は大混雑必至、今がチャンス!!

この日の竿頭はワラサ5匹の松沢啓二朗さん(さいたま市)。初冬のワラサは丸々と太って食味も抜群。しかも、取材後日から富浦沖で7~11.5kgというブリが釣れ出し、益々面白くなってきたマダイ&ワラサ乗合。マダイの人気が高まる年末年始は大混雑が予想されるので、兎に角今が狙い目だ。この好機に是非、2018年の思い出に残る大物をあなたの手でゲットして頂きたい。

ワラサ5匹で竿頭、松沢さん
深川さんはマダイ2匹・ワラサ3匹の黄金比
取材日にはイシダイも上がった
取材後、ブリ級が連日“好釣”!(船長撮影)
帰港後には美味しいカレーのサービス
初心者は勿論、ベテランにもお勧めの船宿

(釣りビジョンAPC・川添法臣)

今回利用した釣船
千葉県勝山港『 萬栄丸』
〒 299-2117千葉県安房郡鋸南町勝山7
TEL: 0470-55-1301
定休日: 無し
詳細情報(釣りビジョン)
萬栄丸ホームページ
出船データ
マダイ・ワラサ乗合
乗船料金:1万1,000円(コマセ・氷・昼食付き)
集合時間:午前5:30(予約時に確認を)
出船時間:午前6:00
※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。