桜井丸・茨城県鹿島新港

2018.12.15号

茨城県の“寒ビラメ”、全面解禁で釣果アップ!!

02_main.jpg

昨年から茨城県・鹿島地区では“釣果上限”10匹を設け、ヒラメの資源保護に取り組んでいる。その成果もあってか茨城エリアでは11月の部分解禁スタートから”好釣”が続いている。12月1日の全面解禁を迎え、上限達成者続出の釣果アップ便りが聞こえてきた。3日(月)、鹿島新港『桜井丸』に出掛けた。

圏央道開通でアクセスも良好

埼玉県から圏央道を使い、東関東自動車道の終点・潮来ICへ。ここから鹿島新港までは約13km、朝の早い時間帯なら途中コンビニに寄っても2時間半程度で行くことが出来る。鹿島新港に入り、右側を進んでいくと『SAKURAIMARU』と書かれた船宿名に因んだ桜色の看板が港側に見える。看板は船に渡る通路に設置されており、通路の反対側が受け付け及び仮眠室となっている。天気予報は朝の内雨、その後曇りだったが雨に降られることも無く午前4時10分には港に到着。受け付けハウス側に駐車し外に出ると、既に桜井正雄船長が出船準備をしていた。待合室は既に開いており受け付け開始まで中で乗船名簿を記入し待機。今回は仕立船に便乗させてもらったが、乗合船の釣り座は先着順、座席表が船着場の通路脇にあるのでキャップを取る。船にはマジックで釣り座番号が書かれている。集合時間の5時前に女将が到着し受け付けが始まった。

名前の通り桜色の看板
船ごとに分かり易い座席表
受け付け、仮眠室

仕立船で和気藹々

便乗させて貰った仕立船のメンバーは、同じ会社の釣り仲間。先月も仕立で『桜井丸』を利用、震災後からずっとヒラメ釣りは『桜井丸』という常連。続々と「第27桜井丸」へ乗り込み準備を進める。既に船内には12人分のイワシが桶に入れられ準備されていた。釣りの準備も仲間同士冗談を言い合い和気藹々と楽しそうだ。タックルは全員がライトタックルで先月の釣果を超えるべく気合が入っている。出船時間の5時30分になり、桜井正雄船長が舵を握り、女将に見送られて出船した。

船長自らイワシの準備
ハウス内の受け付け
氷はハウス前のクーラーに
出船前にしっかり準備
準備も仲間同士助け合い
船の生簀には活きの良いイワシ

まずは近場から“様子見”でスタート

5時45分、港を出て直ぐの最初のポイントに到着。「24m、暗い内は近場を攻めます」と、船長からのアナウンスでスタート。投入シーンを撮影していると、開始早々ヒット!左舷胴の間(中央)の黒岩隼人さん(成田市)。記念すべき船中1匹目は“ゲスト”のマハタ。次の流し直しで右舷ミヨシ(船首)でやや小振りながら“本命”が連続して2匹上がった。幸先よいスタートに思えたが、アタリはあるが中々食い込まない状況が続く。「魚が小さいから食い込みが悪いな」と船長。そんな中、右舷胴の間の秋庭寛隆さん(成田市)のロッドがしなる。船長が駆けつけ無事ヒラメをネットイン。太陽も昇り始め、この渋い状況を打破すべく“本命”のポイントへ移動となった。

美味しいゲストのマハタ
本命ゲット 秋庭さん
仕掛け図

太陽が顔を出し、釣果も急上昇↑

天気予報も良い意味で外れ、風も無く快晴ベタナギの好条件。6時15分、水深20m前後の“本命”エリアに到着、ここでは昨日一流しで30匹ものヒラメが上がったと言う。一流し目、期待通り左舷から連荘スタート!まずは左舷トモ(船尾)の西村圭介さん(成田市)にヒット。間髪入れず左舷胴の間、何時も競いながら釣りを楽しんでいるという黒岩さん、智香さんの御夫婦に同時ヒット、続いてその隣の関武彦さん(成田市)、更に左舷トモ、この会のまとめ役、清水雄大さん(八千代市)、更に更に左舷ミヨシの縣宏基さん(成田市)と左舷が一斉に釣れ出し、一気に船内がお祭り騒ぎ。船長も取り込みに手が足りない。そこは仲間同士の仕立船、みんなで協力し合い取り込みを行っていた。
この状況、左舷のみならず右舷も同様。右舷トモ、普段はジギングも楽しむ塔ヶ崎博史さん(成田市)、胴の間の秋葉さん、ミヨシでは大熊浩平さん(成田市)と皆さん1匹では無く、複数のヒラメを釣り上げ、既に桶に収まっていた。
ほぼ全員が釣れる中、1人右舷胴の間の飯田将さん(成田市)だけが掛かるが外れたり、ラインブレイクしたりと苦戦してたが、船長がその都度、面白可笑しく話しかけていた。「1人がいっぱい釣るより、1匹でも良いから全員に釣ってほしい。帰り道や、帰ってからの会話のお土産になるからね」と船長、人柄が伺える。そんな話をしていたら遂に飯田さんのロッドが引き込まれ、合わせも決まりヒット。船長もタモを持ち待機、“本命”しかも良型を無事キャッチした。「いや~焦りましたよ」と、飯田さんも安堵の表情。時刻はまだ7時45分だ。早々に全員が“本命”を釣り上げ船長も一安心。“ヒラメ祭り”は暫し続いた。時刻は8時30分、数は十分釣れたので今度は良型を狙い移動となった。

1匹目、西村さん
2人でニッコリ黒岩さん御夫婦
良型 関さん
リーダー 清水さん
今日は体調バッチリ 縣さん
すでに3匹目 塔ヶ崎さん
こちらも良型 大熊さん
遂にやったね! 飯田さん
船長が駆けつけてくれます

数は十分!次は良型狙いだ!

トップが7匹を数えたところで、“型狙い”を兼ね新たなポイント、水深25m前後の岩礁エリアに移動した。先程までのような活発なアタリは無いが、ポツリポツリと釣れて来る。上がって来るヒラメもサイズ的にはそんなに変わらない。この日のパターンはアタリは底ベッタリに集中しており、アタリが有ってイワシを離しても落とし直すと追い食いが来るほど活性は高く、潮も緩めでオマツリも少なく釣りやすかった。
「良型来ないな」と、油断していたら先程苦戦していた飯田さんに大物らしい引き込み。「ヒラメならデカイね」。皆が見守る。すると海面に茶色い大型の魚影が見えて来た。「これは大きい!」。上がったのはこの日船中最大の3kgオーバー!会心の1匹が上がった。
「今日の仕事は終わった」と飯田さん。左舷では黒岩智香さんがイナダを、隼人さんは負けじと2kgオーバーの良型ヒラメを上げた。今回の勝負は隼人さんの勝利となったようだ。西村さんもサイズアップ。更に沖上がり間際では再度のヒラメラッシュがあり皆さん順調に数、型共に伸ばし、沖上がりの11時半を迎えた。

船中最大 飯田さん
引きを堪能 智香さん
サイズアップ 西村さん
肉厚で美味しそう
鋭い歯でイワシを捕食
悔しい噛み跡のイワシ

今年も好釣!!大満足な一日!

上限10匹を釣り上げたのは、大熊さんら3人。7匹以上の釣果が殆どで、3kgオーバーも上がり、全員が大満足の釣果。“ゲスト”もマハタ、イナダ、マトウダイと美味しい魚ばかりだった。『桜井丸』では5kgオーバーのヒラメを釣ると「船代全額返金サービス」が行われているが、残念ながら今回は達成とはならなかった。
帰港後の楽しみが食事とお土産のサービス。食事はお弁当。お土産は釜揚げシラスと野菜(大根、春菊)を頂いた。食後は船長を囲み座談会が自然と開催された。
「潮の澄み具合と海水温で釣果は変化しますが、ヒラメ釣れてますよ!」と船長も太鼓判。冬を代表する“寒ビラメ”。更に美味しくなる旬の時期に万全の防寒対策をして是非出かけてみて頂きたい。

楽しく釣らせて頂きました。桜井正雄船長
10枚達成 大熊さん
同じく 関さん
氷は足りなければ追加可能
目指せ5kgオーバー
この日のお土産
食事のお弁当
船長を囲み談話。慕われてます
船宿オリジナル仕掛け

(釣りビジョンAPC・森住貴義)

今回利用した釣船
茨城県鹿島新港『桜井丸』
〒314-0012 茨城県鹿嶋市平井2289
TEL:0299-69-6932
詳細情報(釣りビジョン)
桜井丸ホームページ
出船データ
ヒラメ仕立船(事前予約)
料金:1隻 11万円~(餌、氷付き)※電話にて要確認
集合:出船30分前 出船:ご相談の上
帰港予定:出船後7時間30分目安
仮眠室あり(無料)※要電話予約
レンタルタックルあり(手巻き1,000円)
その他プランは桜井丸ホームページを参照
※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。