力漁丸・千葉県大原港

2019.1.15号

千葉県・大原沖の“寒ビラメ”、イワシ大群到来で只今爆釣中!!

03_main.jpg

千葉県・外房のヒラメ釣りが盛り上がる時期は、例年2回ある。一つは“解禁”。そしてもう一つは“イワシの大群到来”だ。昨年末辺りからポツポツと届く「イワシの反応アリ!」の情報に痺れを切らし、外房は大原港『力漁丸』へと乗り込んだ。

例年より過ごし易い、夜明け前

乗船は灯火が点いてから

「力漁丸」が停泊する船着場は、『夷隅東部漁協』直営の食事処『いさばや』の前を通り過ぎて右側。大きな切り文字で船名を掲げたコンテナが目印だ。到着したら、受け付けカウンターにある船形からペットボトルのキャップを取り外して釣り座を確保。乗船前の手続きは集合の4時30分にスタートする。船に灯りが点き、スタッフの案内があってから乗船。釣り座やタックルの支度をしていると、やがて活き餌のイワシが運び込まれ出船となった。いつもならドラム缶に焚かれた火に当たって暖を取っていた出船前だが、この日は寒さが厳しくなく、さらに船室の暖房設備が改善されて、船での快適さが格段に向上した。暗いうちにアタリが集中するこの時期のヒラメ釣り。ポイント到着まで暖かいキャビンでしばし鋭気を養った。

このコンテナが目印(昼間撮影)
まずはキャップを外して釣り座の確保
カウンターで支払いと名簿の記入
この時期の乗船は足元に気を付けて
活き餌のイワシが搬入された
出船は夜明け前、船室で一休み

日の出までのチャンスタイム!

アッという間の1時間弱

港から30分程で太東沖に到着。餌のマイワシが配られ、午前6時に竿入れとなった。魚群探知機を見て「イワシの反応が凄い」と言う船長の言葉に一同の期待が高まる中、開始5分で船中最初のアタリを物にしたのは中村繁さん(山武市)。LT(ライトタックル)専用竿を大いに曲げて取り込まれたヒラメは、尻尾の擦り切れた2.5kgの良型。「起伏のある釣り場なので、丁寧に底を取って釣りました」と幸先の良いスタートに笑みが零れた。その後もそれぞれの釣り座で満遍なくアタリがあり、ポツリポツリとヒラメが取り込まれた。かくして竿入れから日の出まで、体感的にはアッという間のプライムタイムは終了、船長は岸寄りの浅場へと舳先を向けた。

釣り場に到着、餌のイワシが配られる
幸先良く良型を手にした中村さん
短いチャンスタイムに手返し良く

水深4m、スリリングな超浅場の釣り!

船が向かったのは断崖の地層も鮮やかな太東岬。かつて「波の伊八」と呼ばれた彫刻師・武志伊八郎信由がインスピレーションを培ったと伝わる沿岸の波を、沖から眺めながらの釣りとなった。水深は浅い所で4m。濁りが入って海底の様子は見えないものの、LTでは餌のイワシの挙動が手に取るように分かる超浅場の釣りだ。再開間もなく、親バリまでガッチリ食い込む元気の良いヒラメが上がり、午前8時前に“船中ボウズ(0匹)なし”を達成。その後もバタバタッと続けざまにヒラメの上がる流しがあったりと、陽が高くなってもエキサイティングな釣況は続いた。

美しい地層に目を奪われる
親バリにガッチリ食わせた
浅場で釣れる魚は良型揃い

船長曰く「ハリの掛け方が8割!」

仕掛け図

中井聡船長にヒラメ釣りのコツを訊いた。「浅場の釣りなんで、アタリから合わせまでじっくり待ち過ぎるのはダメなんですね。とにかくハリの掛け方が8割だから。後ろから食ってきたら掛かるように、ハリ先は必ず頭の方へ向くように、孫バリは出来るだけ尻尾の方に掛けると良いですね」。この孫バリの掛け方、イワシの肛門からハリを入れて「ハリの軸を隠すように」尻ビレ(←尾ビレじゃ無いですよ)付近からハリ先を出すと言う。こうすると孫バリのフトコロに尾部の硬い箇所が丁度引っ掛かるので、イワシが尻尾を振って泳いでも外れにくい。昨今、孫バリは3本イカリ型のトリプルフックを結ぶのが主流になりつつあるが、『力漁丸』の船宿仕掛けは、親バリ・孫バリともに同型のシングルフック。上記の孫バリの付け方、餌のイワシの大きさにフィットしているなど船長の細やかな工夫が盛り込まれているので、『力漁丸』に乗船する際は是非手に取ってお試し頂きたい。

親切で丁寧な中井聡船長
孫バリもシングルフックの船宿仕掛け
孫バリは軸を隠して尻ビレ寄りに

【速報】イワシ到来、竿頭14枚の爆釣!!

遂にイワシの大群到来!

冬場には珍しい急激な海水温“上昇”で、ヒラメは少々ご機嫌斜めだったこの日。竿頭は良型ばかり4匹を揃えた宮内忠治さん(八千代市)。「今年のヒラメは数が上がってるけど、少しずつイワシが回って来てるんで、時々デッカイのが交じる」と言っていた船長の言葉通り、取材後日には5.6kgの大ビラメも上がり、竿頭14匹の爆釣も記録されている。数もサイズも大満足の寒ビラメ釣り、是非、体験して頂きたい。

良型4匹で竿頭、宮内さん
取材後日に出た5.6kg!(船長撮影)
味覚も釣果も最盛期はまだまだこれから!
暖かいキャビンにコーヒー、カップメン完備
お手持ちのスマホで魚探を確認できる
ノーマルタックルも存分に楽しめる船宿

(釣りビジョンAPC・川添法臣)

今回利用した釣船
千葉県大原港『力漁丸』
〒 298-0003千葉県いすみ市深堀1885-11
TEL:0470-62-0575
定休日:第1・3月曜日
詳細情報(釣りビジョン)
力漁丸ホームページ
出船データ
ヒラメ乗合
乗船料金:1万2,500円(餌・氷付き)
レンタルタックル:無料
集合時間:午前4:30(予約時に確認を)
出船時間:準備が整い次第
※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。