釣りビジョン

茨城県・波崎沖でこの春、ホウボウのジギングがグーッ!

2019年04月15日公開

02_main.jpg

ホウボウは、真っ赤な魚体に緑色の大きな胸ビレには、鮮やかな瑠璃色の斑点があるカラフルで美しい魚だ。胸ビレの一部は脚のようになっており、海底を歩くという。なんとも不思議な魚だ。愛嬌のある顔とは裏腹にルアーに果敢にアタックしてくるフィッシュイーターでもある。そんなホウボウがスロージギングで釣れていると聞き、茨城県・波崎港『征海丸』に出掛けた

カーナビ指定は「神栖市利根公園」

利根川河口、銚子大橋の上流に位置する波崎港。カーナビ指定は「神栖市利根公園=〒314-0408 茨城県神栖市波崎8386-1」をセットすればよい。東関東自動車道・潮来ICを降りて40分程で「神栖利根公園」の駐車場に集合時間の午前5時少し前に到着。船着き場へ行くと船にライトが灯され次々と釣り人が船に乗り込んでいた。『征海丸』の釣り座は、先着順なので釣り座にクーラーやバッカンなど置いて確保する。暫くすると軽自動車が到着、各自が受け付けを済ませる。準備が整った5時30分、右舷7人、左舷6人の計13人が乗船して河岸払いとなった。

幸いにも天気予報は外れ…

7時を過ぎた頃、ポイントに到着。この日天気予報は「雨」と雲行きが心配だったが、何とか雨雲を避けられた。船長からのアナウンスで、まずは水深50m前後のポイントから開始。暫くすると、リリースサイズが顔を出したようだがすぐに移動。顔を見ても続かない状況でみなさん苦戦している。

 

大事なのは食わせの間

この日は、ルアーマンとして知られるマシーン山崎さんが同乗していて話を聞くことが出来た。「今の時期は、乗っ込み(産卵期)だからホウボウは。群れを作っているので、良い群れに当たれば皆が釣れる。大型を狙いたいなら、底付近を狙うといいね。大きいのはメスで抱卵しているから上まで追って来ない。上で釣れるのは、小型のオスばかり。釣り方としては、ジグが着底したら小突いてから潮にジグを乗せるイメージでステイさせて食わせの“間”を作る。コツコツと前アタリがあったら食い込むまで待って、魚の重さを感じたら合わせる。小突きは、振動と砂煙で誘うイメージ。ホウボウは脚で振動を感じて寄ってくるから」との事。底からあまり離さないことと食わせの“間”が重要のようだ。

風が吹き出し2時に早上がり

中盤にプチラッシュがあったが、すぐに終了。なかなか厳しいようだ。そんな中、右舷の胴の間(中央)でコンスタントに数をあげていた大内さん(埼玉県八潮市)にこの日の秘訣を聞いた。「今日は、渋いから底付近で追わせて追わせてステイでやっと食って来た。シャクリのピッチは15cm位で、ほとんど同じ場所でステイさせる感じ。潮によって鉛より比重が軽い鉄ジグを使ったりしています」と教えてくれた。「ここ2カ月、毎週通っているけど、今日が一番厳しいね」とマシーン山崎さん。それでもポツリポツリとは釣れていたのだが、厳しい日に当たってしまったようだ。その上、風も出て来たので2時に早上がりとなった。

これから乗っ込みシーズン!

「潮が動かなかったから活性低くてバラシが多かったね。潮が流れて活性が上がればもっと数も型も期待出来ます。釣り方のコツは、底から5~10mをワンピッチをゆっくり止めてコツコツあたったら完全に止めて乗らせてから合わせる感じが基本ですね。ホウボウはこれから産卵期なので潮周りがよければ数も型も期待出来ますよ」と船長。

今回利用した釣り船

茨城県波崎港『釣楽園 征海丸』
〒314-0408 茨城県神栖市波崎9532
TEL:090-3100-6991
定休日:毎月第3月曜日(祝日の場合は振り替え) 釣果・施設情報 釣楽園 征海丸 ホームページ

出船データ

ホウボウ乗合(事前予約制)
料金:11,000円(氷付き)女性・子供料金は要電話確認
レンタルタックルあり、駐車場無料
集合時間:午前5時 揃い次第出船
※沖上がりは状況により変動(午後1~2時頃
     
※記事の掲載内容は公開日時点のものになります。時間経過に伴い、変更が生じる可能性があることをご了承ください。

この記事を書いたライター

金井 直行
釣りビジョンAPC。『海がないから海が好き。』関東の海なし県から沖釣りに通う週末釣り人。
マルイカ、ティップラン、ワカサギなどを中心に海水淡水を問わず釣りの帰りに温泉に立ち寄り、「釣り&温泉」をテーマに釣り歩く。
このライターの他の記事も読む

その他オススメ記事