オフショアマガジン

2019年4月15日号

静岡県・御前崎沖、タイラバゲームで“桜鯛”大満開!

05_main.jpg

「予約の取れない店」というのがある。人気店だったり、席数が少なかったり、はたまたその両方だったりするのだが、静岡県に「予約の取れないタイラバ船」があると小耳に挟んだ。数あるマダイ釣法の中で、タイラバに限っては苦手意識を拭えぬ小生。これは武者修行に出向かねばと、花盛りの東名高速を駆け抜け、御前崎港『伊達丸』へと乗り込んだ!

集合は「なぶら市場」裏手の駐車スペース

5時10分、名物船長登場

タイラバ船「伊達丸」が停泊しているのは静岡県・御前崎港。都心から車でおよそ3時間。東名高速道路を相良牧之原ICで降りて20km程の位置だが、バイパスがあるので走行距離の割に近く感じられる。集合は「マリンパーク入り口」交差点を左折して「御前崎 海鮮なぶら市場」裏手(海側)にある未舗装の駐車スペースに5時10分。軽トラで乗り付けた伊藤船長は「雨ですけど、皆さん出ますか?」と夜明け前から冗談でお出迎え。本降りの雨の中、和やかムードでの乗船となった。『伊達丸』の乗船予約は1日限定6人。片舷に並んでも充分なスペースを確保出来てすこぶる快適。この時点で「予約の取れない」理由が分かる気がしたが、これはまだ序章に過ぎなかった。

船着場へは徒歩3分程
潮位の高い日は軽トラの荷台から乗船
全員が乗り込み次第、出船!

1投目から“本命”ヒット!

1投目から竿が曲がった!

御前崎港を出て、駿河湾を走ること1時間弱。水深80mの釣り場からスタート。一同で左舷に並んで“払い出し”のドテラ流し。船中初ヒットは胴の間(中央)の藤本さん(菊川市)。着底後の巻上げ開始間もなくアタリの出る根魚特有のものだったが、それとほぼ同時にトモ(船尾)の釣り座でアタリ。“本命”と思しき“三段引き”を見せた。掛けたのは「タイラバは4回目」という田村さん(豊川市)。危なげないファイトの末に取り込まれたのは、婚姻色で黒ずんだ1kg級のマダイ。どうやら「乗っ込み」は秒読み段階に入ったようだ。その後も風向きに理想的な潮が流れ、様々な“ゲスト”フィッシュと共にマダイが取り込まれた。時にはダブルヒット、トリプルヒットと立て続けに竿の曲がる流しもあり、この海域の魚影の濃さを目の当たりにした。

黒ずんだ魚体のマダイが取り込まれた
アタリは多く、キャッチ率は半分ほど
食いは浅いが、徐々にサイズアップ!

確実に底ダチの取れる重めのヘッド(鉛玉)で

主に水深80m前後を釣ったこの日。船長は確実に底の取れる“玉”として、まず200gのヘッドを指定した。常連のみなさんのタックルは、東京湾でもお馴染みの「ルアーMax100g」程度。使い慣れたいつもの道具立てで大丈夫だ。頻繁に「難しく考えない」と口にする船長お勧めのタックルは道糸1.2号に6号のリーダーとちょっと太め。カンパチなどの青物や、ザラザラの歯があるハタ類も多く、何より一発大物が潜むエリアだけに、糸を切られて悔しい思いをする前に最善のチョイスで臨みたい。また水深50mより深場を狙う際、船長は「カラー」より「シルエット」や「ボリューム」、タイラバが生み出す「波動」に着目するとのこと。興味の沸いたあなたは、船長のタイラバを盗み撮りしてきたのでご参考まで。また、この日の魚は食いが浅く、巧くハリ掛かりしなかったり、巻上げ途中でバラすシーンも散見した。そんな時はハリのサイズやハリスの長さの工夫、1匹上げる毎にハリを交換するのが得策だそうなので覚えておきたい。

取材日は150g以上のヘッドが活躍した
船長のタイラバをスクープ!
仕掛け図

美味しい“ゲスト”フィッシュの面々

こんな良型のサワラも

タイラバの楽しみの一つに多彩な“ゲスト”フィッシュの存在がある。塩焼きや酢締めが美味しいレンコダイは非常に良く釣れた。また、黄色いがなぜか名前はアオハタも良型が多数上がる。知る人ぞ知る刺し身が旨い魚、カイワリは釣り味も抜群。アヤメカサゴやウッカリカサゴなど、味に定評のあるカサゴ類や、専門船でもなかなかお目にかかれない良型のアマダイも複数上がった。そして極めつけは高いタナでアタった良型のサワラ。食味は勿論、ライトタックルで味わうスリリングな釣り味は至極。この他、カンパチやイナダ、ヒラメと、四季折々の様々な“ゲスト”が釣れてくるので「タイラバって楽しいなぁ」と実感できること必至。また、釣れた魚は船長が血抜きや神経締めまでしてクーラーへ入れてくれるので、釣りに集中できるのも特筆だ。

定番ゲストのレンコダイ
アオハタもマハタ属だけに大変美味
良型のカイワリも飛び出した!
見た目も食味も麗しいアヤメカサゴ
ずっしり良型ウッカリカサゴも!
なんとこのサイズのアマダイを連釣!

雨が上がり、大物の気配…!

空は晴れ、良型ダブルヒット!

やがて雨も上がり、御前崎沖上空は青空が拡がった。心配された潮止まりも杞憂となり、潮流2ノットで風そよそよとコンディションは絶好。徐々に釣れるマダイもサイズアップして行く中で、我慢限界と竿を出した船長に良型がヒット。それとほぼ時を同じくして、手応えのある魚を掛けたのは伊藤さん(掛川市)。猛然とドラグを鳴らして糸を引き出すファイトの末に、ボコンと海面を割ったマダイは60cm、3kgに迫るこの日最大の良型。試行錯誤の果てに手にしたマスターピースとなる魚に、会心の笑みがこぼれた。

シーズンは周年、産卵後の回復期も期待大!

ユーモアと博識の伊藤嘉朋船長

船中17匹オデコ(0匹)無しという釣果を打ち出したこの日。竿頭はマダイ4匹を釣った滝川さん(豊川市)。数字だけ見ると控えめな釣果に見えるかも知れないが、これはあくまで“マダイの数”。クーラーの中身は非常に賑やか。皆さん笑顔の沖上がりとなった。前半、食いが浅くバラシが多かったが、兎に角アタリが多いのが印象的な御前崎沖。6人限定の少人数制のため船長の目が行き届いているので「竿と糸の角度付けてみたら」とか「ユニットにボリュームを付けてみたら」など、個々に的確なアドバイスがあるのも嬉しい。マダイ釣り師の活性も上がる乗っ込み期は勿論、産卵後の回復期もず〜っと楽しめる『伊達丸』のタイラバ乗り合い。この船で「落として、巻く」だけで、タイラバという釣りの魅力を実感できること請け合いだ。

根気強い釣りで竿頭の滝川さん
多彩な釣果でクーラーは賑やか!
タイラバの面白さを実感できる船宿

釣りビジョンAPC・川添法臣

今回利用した釣り船

静岡県御前崎港『伊達丸』
〒437-1623 静岡県御前崎市御前崎港
TEL:090-1981-6233
定休日:なし
釣果・施設情報 伊達丸ホームページ

出船データ

タイラバ乗合(予約制)
集合時間:午前5時10分
出船時間:午前5時30分
乗船料金:11,000円(氷付き)

その他の記事

※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。