オフショアマガジン

2019年6月15日号

千葉県・南房、白間津沖のイサキ、良型揃いで絶好調!!

02_main.jpg

関東地方も“令和”最初の梅雨となり、千葉県・南房、白間津沖の“梅雨イサキ”がベストシーズンを迎えている。型は平均24、25cmと良型揃い!しかも2割程度が30cm級の大型。卵や白子も入って食味も“旬”。竿頭は、ほぼ毎日規定匹数上限の50匹を達成!魅力満載の千葉県・千倉白間津港『松大丸』の午前LTイサキ船に乗った。

イサキは“沖釣りデビュー”に最適!

白間津漁港へは、富津館山道路の終点・富浦ICから一般道を通り30~40分で到着。集合は漁港前の『松大丸』駐車場に4時30分だ。私は4時頃到着、その後3人の釣り人が車1台で到着。取材協力のお願いをした。3人のうち2人は親子で、もう1人は息子さんの仕事関係の先輩とのこと。今日はその先輩の“沖釣りデビュー”のために、絶好調の千倉白間津のイサキ釣りに来たと言う。山口一夫船長が軽トラックで到着。氷を貰い、クーラーや道具類は軽トラの荷台に乗せて貰い、竿だけ持って乗船場所へと向かった。

白間津漁港前の『松大丸』駐車場の看板
係留中の千葉県千倉白間津「松大丸」
フィッシング・チェアで重役気分で楽しめる

付け餌のバイオベイトは米粒大に切る

大型快速船の「松大丸」に乗り込むと乗船名簿が回ってくる。記入して釣りの準備を開始。右舷側にミヨシ(船首)から順に梶川さん(息子)、生井さん(梶川さんの先輩)、梶川さん(父)と並び、大ドモ(船尾)に私が入った。皆さん細身で短めの竿、リールも小さめのベイトリールを使用。道具の準備が完了したら、付け餌のバイオベイトをハサミで切る。「米粒大に切ればいいんですよ」と教えてくれたのはベテランの梶川さん(父)。「イサキは目が良いので、餌は小さくて問題ない、むしろ小さく薄く切ってシラスのように見せるのがいい」と言う。5時頃、「松大丸」は小雨模様の白間津沖へと出船した。

船に荷物を運び乗船名簿を記入
アミコマセが釣り座に用意されている
付け餌のバイオベイトをハサミで切る
バイオベイトは米粒大に切るのが良い
船で購入できる『松大丸』のイサキ仕掛け
仕掛け図

幸先良く“ダブル”からスタート!

最初の釣り場には12、3分で到着。釣り場が近くとても楽だ。「タナは25m」という船長のアナウンスで開始。さあ、モーニングサービスをたっぷり楽しもう!と思ったのだが…。どうやら海水温が少し下がってしまい、加えて潮があまり流れていない模様。「イサキは水温が1℃でも下がると口を使わなくなることがあるからね」と梶川さん(父)。この日最初のイサキは、「指示ダナの3m下からコマセを撒きながら、指示ダナまで持ち上げてアタリを待てばOKです」と、梶川さん(息子さん)からマンツーマンの手ほどきを受けていた生井先輩にヒット。初挑戦の釣りで、人生初イサキ、しかもダブルでゲット、幸先良いぞ!

イサキ釣りのタックル
自前のマグネット。これがあると便利だ
まず釣り初挑戦の生井先輩にイサキのダブル!

良型メジナ連発、これ程釣れるとは!

さあ、入れ食いモードに突入だ。まず、梶川さん(父)に30cm級のメジナとイサキの一荷。お次は息子さんにメジナ、私も竿を出してみたらメジナが来た。そして、生井先輩にもメジナ。しかもトリプル。私としては、メジナは夢中になったことのある思い入れのある魚であり、沖釣りで釣れるメジナは臭みがなく美味しい。たとえ“本命”でなくても、こんなに釣れてしまって“招かれざる客”と言わざるを得ない状況でも、メジナの肩を持ちたい。が、それにしてもちょっと釣れ過ぎ。船長もしばらく粘ったが、船を大きく移動させた。

梶川さん(父)のイサキと嬉しいゲストのメジナの一荷!
ミヨシの梶川さん(息子)にもメジナ!
重そうに巻いて生井先輩もメジナをゲット!

ついに来た!良型イサキの入れ食いモード!

移動先で“本命”イサキの入れ食いモードがちゃんと待っていた。しかも25、26cm級中心で型が良い。梶川さん(息子)は、トリプルを何度も繰り出した。生井先輩も35cm前後の大型を釣り上げ、梶川さん(父)も良型の数を伸ばす。勿論、私も梅雨本番のイサキ釣りをしっかり堪能。終盤にはそれまでシトシト降っていた雨も上がって絶好の釣り日和に。梶川さん親子はともに上限の50匹を達成!生井先輩も人生初めての釣りで30匹以上のイサキをゲット。私も上限50匹!全体の2割以上が30cm前後の大型だった。全員満足、心地良い疲労感に包まれつつ、11時頃沖上がりとなった。

梶川さん(息子)、「来た来た!」イサキのトリプル
生井先輩には35cm前後の大型イサキ!
梶川さん(父)も良型イサキの数を伸ばした!
釣り初挑戦の生井先輩のイサキのダブル!
終盤には晴れて絶好の釣り日和に!
良型イサキが釣れ盛った!
【動画】初心者ウェルカム!LTイサキ釣り

数・型・味と全て良しの白間津沖のイサキ釣り!

「このところイサキ釣りに適した薄濁りの潮が入っていて、水温もわりと安定しています。今日は前半イサキが食い渋ったり、メジナの元気が良すぎたりしましたが、後半はいつも通りの食いに戻って皆さん数・型ともに伸びましたね。梅雨にも入ったし白間津沖のイサキは本番です」と、山口船長。本格シーズンに入った白間津沖のイサキ釣り。是非挑戦して頂きたい。

イサキ50匹(上限)とメジナでクーラー満杯!
良い釣りをさせてくれた山口一夫船長

釣りビジョンAPC・岩見忠弘

今回利用した釣り船

千葉県 千倉白間津 『松大丸』
〒295-0027 千葉県南房総市千倉町白間津211
TEL:0470-43-8044
定休日:第2・4水曜日
釣果・施設情報 松大丸 ホームページ

出船データ

午前LTイサキ予約乗合
料金=1万1,000円(付け餌、コマセ、氷付き)
   ※女性・小学生1,000円引き
   ※午後は1,000円引き

その他の記事

※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。