オフショアマガジン

2019年7月15日号

神奈川県・平塚沖のライトルアー!アタリ活発!!

05_main.jpg

誰しも初めての経験は必ずある。沖釣りもしかり。それ以前に川や防波堤で釣りをしていたのか?ブラックバスなどのルアー釣りをしていたのか?それとも釣りそのものが初めてなのか?経緯は人それぞれだが、初めて船に乗る時は、少なからずハードルがある。そのハードルを下げてくれるのが神奈川県・平塚港『浅八丸』の「ライトルアー船」。サバをメインターゲットに釣りの楽しさが凝縮されている。

3時間の釣りならば気軽にトライできる

「ライトルアー船」は、平日は午前6時出船で9時終了。土・日は6時と10時半の2便体制でいずれも実釣時間は3時間程。「船には乗ってみたいけど船酔いが心配…」と言った不安が、近場での3時間実釣が解消してくれる。しかも乗船料は3800円と格安。お試し感覚で1回乗ってみて、楽しかったら次からは“一日船”に乗ればいい。釣り方こそルアー釣りだが、塚野仁船長は「船釣りのお試し体験とも考えれば…」と話す。

相模湾の河口に船宿がある
湘南大橋のたもとを目指す
『浅八丸』の看板が目印
店の前にも駐車場

元々は午後船からスタート

元々は、午後の「ライトルアー船」として出ていたが、午前中に芦ノ湖などでブラックバスやトラウトが釣れなかった人達に、「帰る途中に同じタックルでサバの“爆釣”を楽しんでもらおう」と、店主の金子大郎さんが考えのが始まり。最初は、「本当にお客さんが来るのかいな?」などと言われたていたそうだが、フィールドこそ違えど同じ釣り好きが考える事は金子大郎店主の考えと一致。連日大盛況となった。この日も月曜日にも拘らず13人の釣り人が集まった。

『浅八丸』船宿
まずは受け付けで釣り座確保&乗船名簿記入
ポイントカードもあります
広々待合室で乗船までゆったりと待つ
Fishing Entertainment『浅八丸』は釣りの楽しさを追求
いよいよ今年もキハダマグロの夏が開幕

汎用性の高いタックルでOK!バスロッドでも可能!

「ライトルアー船」で使用するタックルは汎用性が高いモノでOK。バスロッドでも問題ない。勿論、レンタルタックルも用意されている。この日も数人がレンタルタックルを利用していた。使用するルアーはジグ。ライトの言葉通り40~80gと軽め。日によって当たるカラーは変わるので最低でもブルー系とピンク系の2つは用意しておきたい。

プライヤーやハサミは必須
ハリのかえしをつぶしたバーブレスを厳守
船宿でもルアーは購入可能
ライトなタックルで十分対応可能
仕掛け図

ワンピッチジャークのコツを掴む

狙うポイントは平塚港からほんの数分のエリア。船長がイワシやサバの反応を見つけて、「水深60m。40mより上を探って!」などと指示を出してくれる。これは魚が底から20m浮いていると言う事を意味するのでPEラインの10m毎の色の変化でしっかりと出た糸の量を確かめながら指示ダナを探る。疑似餌であるジグをいかに泳がせるかが釣果を分ける。ワンピッチジャークという竿先をシャクってリールを巻くという動作を継続して行う。このスピードが肝。船長に聞くと、メインで狙うサバはゆっくり目の「見せるワンピッチ」。一方のイナダやカンパチなどのスピードの速い“青物”は速めの「追わせるワンピッチ」が有利だそうだ。周りで釣れている人のタイミングを見て真似してみるといい。

色とりどりのルアーを準備
怪我防止にサングラスや帽子は必須アイテム
久々にうっすらと晴れ間も

早々と“本命”ゲット!

この日、ミヨシ(船首)で竿を出していた樋口さんとは、以前も中深場釣りでご一緒した。「浅場のサバは、アタリの数が凄く多い。どうやったらアタリが出るのか?合わせはどうすればいいのか?失敗を恐れず何度も勉強できるので練習にはもって来いですよ」と、研究熱心な樋口さん。早々に“本命”のサバをゲット。次は40cm級の良型アジを連続ヒットさせた。船長から「反応が入って来たよ!」とアナウンス。あちらこちらで竿先が叩かれ出した。

ナイスサイズのサバ
奇麗なワンピッチジャークでサバにアピール
朝一からコンスタントに数を伸ばす

今シーズンのサバは、良型多い!

右舷トモ(船尾)では、いかにも重そうなやり取り。下に引き込む引きはサバのそれとは少し違う。上がってきたのはなんと良型のトラフグ。右舷胴の間(中央)で竿を出す金子さんは、柔らかめの竿でリズミカルにジグを動かしている。きれいなワンピッチジャークにコンスタントにアタリが続く。金子さんの横には3人グループ。3人全員が貸し竿でライトルアーに挑戦。シャクリとリールのタイミングに最初苦戦していたが中盤以降は“本命”を次々にゲット。ジグの上にサビキを付けて釣りをする人もいた。タイミングが合えば2匹、3匹と一緒に上がってくるので引きも強烈。今シーズンのサバは、良型が多いと聞いていたが、この日釣れたサバも良型中心で重量感あるやり取りが楽しめた。

サビキも付けて2点掛け
見事な腕前の金子さんの竿さばき
コンスタントに“本命”を上げていました
後半は入れ掛かり
ジグの上のサビキに食った
樋口さんは良型アジゲット
驚きの“ゲスト”トラフグ
【動画】アタリ活発!!LTルアーゲーム

48cmのジャンボサバも出た

ミヨシで心地よいドラグ音が鳴り響いた。これは大きそうだ。慎重にやり取りして上がってきたのは48cmの丸々と太ったジャンボサバ。いかにも美味しそう。3時間がアッという間に過ぎてしまった。トップは17匹。時間が3時間とショートの事を考えるとかなり釣れていたと思ったが、それでも連日20匹を超えていたのと比べると、いつもよりアタリは若干少なかったようだ。平塚沖の「ライトルアー船」。船長が言うところの「お試し」には少々刺激が強すぎるほどに楽しめた。初めてのハードルを無事に超えたら船のルアー釣りに嵌ることは必然かもしれない。

2回目のアタリで見事に“本命”ゲット!
“本命”をゲットしましたよ!
塚野仁船長が優しく教えてくれるので安心
下船後の捌きサービスは無料
この状態で帰れるんだからビギナーには嬉しい
自動三枚卸しの“機械”があるので釣れ過ぎても大丈夫

釣りビジョンAPC・丸岡直樹

今回利用した釣り船

神奈川県 平塚港 『浅八丸』
〒254-0803 神奈川県平塚市千石河岸57-13
TEL:0463-21-0904
定休日:原則として第2・4・5火曜日
釣果・施設情報 浅八丸 ホームページ

出船データ

ライトルアー乗合船
料金:3,800円
集合:午前5時00分
出船:午前6時00分 沖上がり:午前9時
(土日祝は午前10時30分出港の第2便あり)
レンタルタックル有り(要電話確認)
定休日:第2、第4、第5火曜日

その他の記事

※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。