オフショアマガジン

2019年8月1日号

東京湾・久里浜沖で超高級魚・アカムツを狙う!

02_main.jpg

「ノドグロ」と言えば、日本海の超高級魚といったイメージが強いが、標準和名は「アカムツ」と呼ばれ、実は東京湾にも生息しているのはご存知だろうか。“白身のトロ”と称される超高級魚のアカムツを狙って神奈川県・金沢八景野島『新修丸』に出掛けた。

都心からのアクセスは抜群!

横浜市金沢区野島町・夕照橋の野島側のほとりにある『新修丸』。車でも電車利用でも都心からのアクセスは抜群だ。待合所に荷物を下ろし、少し離れた場所にある専用駐車場に案内してもらう。釣り座の確保は、開店後は直接船の座席にクーラー等を置いて確保する。開店前は、店の前にある座席表から札を取る。少なくとも出船の30分以上前には受け付けを済ませたい。

野島の夕照橋
夕照橋から見える船宿
船宿入り口
受け付け風景
無料のお茶も嬉しい
レンタル道具も充実

乗船者12人の“満船”で出船!

アカムツは、人気の釣り物ということもあり両舷6人ずつの計12人の“満船”状態での出船となった。野島公園の脇を抜け、『八景島シーパラダイス』を眺めながらポイントの久里浜沖を目指す。50分程で久里浜沖に到着、船が潮に馴染んだ頃。「はい、どうぞ。水深135m、オモリが着底したら糸フケは十分取ってくださいね」と、船長からのアナウンスがあり、各自仕掛けを投入した。
この日の序盤は潮が流れず、皆さん苦戦していたが、8時23分、最初に“本命”のアカムツを掛けたのは、左舷大ドモ(船尾)の奥村さん。「着底後に糸フケを取って、きき上げたら当たったよ。3本バリの真ん中に食ったから、浮いているのかもね」と教えてくれた。

仕掛け図
餌はサバの切り身とイソメが配られる
船宿仕掛け
仕掛けの準備完了
釣り開始
ついにきた“本命”アカムツ
【動画】魅惑の高級魚!アカムツ釣り

後半は、クロムツが顔を出す

中盤に水深270mまで探索したが、厳しい状況が続いた。その後何回かの移動後、11時40分過ぎポツリポツリとクロムツが顔を出した。12時46分、この日最後のアカムツを掛けたのは清田さん(巻頭写真)。清田さんは、ご夫婦でよく沖釣りをされているそうで、この日、奥様はクロムツ、良型のウッカリカサゴと釣り上げ、ご夫婦でお土産確保は十分の様子。13時50分、最後の流しを終えてこの日は納竿となった。

クロムツをゲット!
こっちもクロムツ
今回はじめてアカムツと釣ったという伊藤さん
クロムツ一荷
良型ウッカリカサゴを釣り上げた清田さん
やさしく教えてくれる新明 正義船長

今シーズンは期待大!!

「昨日今日は、長潮ということもあって全然潮がながれず厳しい釣りになっちゃっいましたね。潮が流れないと魚の活性が上がらない」と船長が今日を振り返った。
船長に釣り方のコツを聞いた。「基本的に難しい釣りではないので底スレスレを狙う感じですね。オモリが着底したら糸フケを取って、ゆっくり竿1本分誘い上げ、アタリがなければ竿を下げの繰り返しです。魚が掛かったら竿は置かないで手持ちで上げるのもコツの一つ。今シーズンは悪くないですよ。条件がよければ十分期待出来ます。8月一杯は狙えますよ」。

超高級魚は自分で釣って!!

超高級魚のアカムツだが、自分で釣れば好きな料理で楽しむことが出来る。比較的浅い水深で狙える東京湾のアカムツ。是非チャレンジして頂きたい。

釣りビジョンAPC・金井直行

今回利用した釣り船

神奈川県 金沢八景 『新修丸』
〒236-0025 神奈川県横浜市金沢区野島町10
TEL:045-784-2636
定休日:毎週木曜日
釣果・施設情報 新修丸 ホームページ

出船データ

アカムツ:1万円、サバ餌付き、氷1個付き ホタルイカ別売り(800円)
出船:7時20分(30分以上前に集合)、沖上がり:14時30分

その他の記事

※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。