オフショアマガジン

2021年5月1日号

東京湾のLT(ライトタックル)アジ、美味しい中アジが活発!!

02_main

これからが旬の東京湾“江戸前”のアジ。この滅茶苦茶美味いブランド・アジを狙って、東京都・平和島『船宿 まる八』から普通の乗合船より少し実釣時間が短い“ショートLT(ライトタックル)アジ船”に乗った。

首都高速、横羽線・平和島ICが近くて便利

記事末の「今回利用した釣り船」欄の「船宿 まる八 HP」へのリンクを辿りアクセスマップを開くと、「カーナビをご利用の方は、『大田区平和島5-8-1(桟橋入口)』を目指してお越しください」とあった。カーナビで住所検索してみると、首都高速横羽線・平和島ICからすぐだ。キチンと船着き場入口にフラグが立った。これなら迷う心配はない。前日に電話で若女将から聞いた集合時刻は午前6時30分との事だったが、だいぶ早く着いた。飯島正宏船長の誘導で駐車場に車を停めると、受け付けの真ん前だ。そして、船着場も目の前、とても“楽ちん”だ。受け付けをして、氷を貰い、船に移動した。

この看板を曲がる
この看板を曲がる
駐車場に車を停める
駐車場に車を停める
手指の消毒
手指の消毒
この中で受け付け
この中で受け付け
乗船名簿と支払い
乗船名簿と支払い
アジ仕掛け200円
アジ仕掛け200円
貸し竿と救命胴衣
貸し竿と救命胴衣
休憩所内部
休憩所内部
水道完備
水道完備

入門者、初心者、道具がなくても安心!

乗り込んだ船は「第六まる八丸」で、舵は高橋広司船長が握る。若手だが腕は確かで、真面目でにこやか、とても親切だ。『船宿 まる八』では、釣り人に「安心・安全」に釣りを楽しんで貰うために、現在は乗合船を予約制にしているとの事。出船前、高橋船長が人数分のコマセや付け餌、魚を入れる桶を用意して釣り座に配る。タックルの詳細は仕掛け図参照だが、自前の竿やリールがなくても貸し竿等完備だし、仕掛けも船で販売しているので大丈夫。この日も貸し竿利用者が数名いた。最低限必要なクーラーボックスやカッパ、長靴、小物類さえあれば、安心して乗船出来る。

「第六まる八丸」に乗り込んだ
「第六まる八丸」に乗り込んだ
仕掛け図
仕掛け図
貸し竿、コマセ、魚を入れる桶
貸し竿、コマセ、魚を入れる桶
片テンビンとLTビシ40号
片テンビンとLTビシ40号
2本バリ仕掛けを使用した
2本バリ仕掛けを使用した
付け餌のアカタンとアオイソメ
付け餌のアカタンとアオイソメ
餌の付け方
餌の付け方
魚ばさみとプライヤー
魚ばさみとプライヤー
竿掛けを持参すると便利
竿掛けを持参すると便利

指示ダナの1m下と指示ダナでコマセを撒く

7時20分出船、運河を進む。首都高速、横羽線や東京モノレールの高架下を潜り、京浜運河との“運河の交差点”を直進、更に首都高速、湾岸線下を潜ると視界が開けて東京湾に出た。その瞬間、真上から轟音!驚いて朝陽に眼を細めながら見上げると、羽田空港を離陸直後のジェット機が上空を横切って飛び去って行った。航程約40分で釣り場に到着、「タナは下から2~3m」の船長アナウンスでスタート。コマセのイワシミンチはカゴに6、7分詰め、ハリに付け餌を付けて投入。オモリ着底後糸フケをとり、1~2m巻いてコンパクトに竿を煽ってコマセを撒く。更に1m巻き指示ダナにもコマセを撒いてアタリを待つ。アタリがなければ底ダチを取ってやり直す。2、3度やり直したら回収、カゴに残ったミンチは捨て、コマセを詰め直し、餌をチェックして再投入をくり返す。

20cmちょいの中アジ!
20cmちょいの中アジ!
中アジ主体に釣れた!
中アジ主体に釣れた!
少しずつ増えていった
少しずつ増えていった
良型のカサゴ交じる!
良型のカサゴ交じる!
中アジをゲット!
中アジをゲット!
分かり辛いがこれは大型のアジだ!
分かり辛いがこれは大型のアジだ!

ストラクチャー周りで中・大型アジ狙い!

「どうも変だな」と、船長はしきりに気にする。聞いてみると、「海が全体に薄濁りなのは良いのだが、昨日までの雨風のためか、今日は海面が結構濁っていて、そのせいで海の中が暗んでいるのではないか」と言う。潮の流れもあまりないようだし、もしかすると“今日はピンチ!?”なのだろうか。船長は移動を決断、早々に川崎沖を離れ、横浜沖へと向かった。横浜沖はストラクチャー(障害物)周りで、大型も交じる楽しみな釣り場だ。「水深は18m。下から2mを狙ってください」というアナウンスでリスタート。コマセが効き始めると20cmちょいの中アジ主体に釣れ始め、ダブルも多く見られた。

良い引きだったよ!
良い引きだったよ!
良型のイシモチ交じり
良型のイシモチ交じり
時々ダブルで釣れた!
時々ダブルで釣れた!
なかなかの型だ!
なかなかの型だ!
これも良型のアジだ!
これも良型のアジだ!
安定の中アジ!
安定の中アジ!

積極的に移動して活性の高い群れを探す

しかし、暫くするとアタリがだんだん遠くなったり、最初、中アジ主体に釣れていてもだんだん小アジが多くなり、掛かっても巻き上げ途中でハリが外れてしまうことが多くなった。やはり今日は本調子ではないようだ。いつもなら1度釣れ始めたらもっと長時間釣れ続けるはず。船長は積極的に移動を繰り返し、少しでも良い群れを探す。その甲斐あってポツリポツリと少しずつ数を伸ばした。ゲストのイシモチ(シログチ)は良型が多かった。この魚もエラを1本ハサミで切って海水桶で血抜きして持ち帰ればとても美味しい。刺し身でもフライでもOKだ。

これは大きいアジだね!
これは大きいアジだね!
掛かってもバラシが多い
掛かってもバラシが多い
さっきはダブルだったよ!
さっきはダブルだったよ!
中アジ主体に小と大交じり
中アジ主体に小と大交じり
良型がダブルで来たよ!
良型がダブルで来たよ!
引きが弱いと思ったらイワシだった
引きが弱いと思ったらイワシだった

【動画】楽しく美味しく!LTアジ釣り

これからが旬の“江戸前アジ”が狙い目だ!

この日は14時前に沖上がりして、14時30分には帰港した。釣果は、アジ18~35cm(20cm級の中アジ主体)を2~33匹。トップ2人(大田区の倉治さんと平林さん)、2番30匹、3番27匹と続く。やはりこの日はちょっと不調だった。いつもならこの2、3倍釣れて、トップは80~90匹に。「この所のアジは卵や白子を持ち始め、脂乗りが普段より良くなって来ました。ショートLTアジは、これからの季節、天候も釣果も安定し、初心者からベテランまで、親子でも楽しめる釣りになります。是非遊びに来てください」と高橋広司船長。釣っても食べても最高のアジを是非堪能いただきたい。

コノシロとイシモチ
コノシロとイシモチ
大きなイシモチだ
大きなイシモチだ
フライや干物で美味しいサイズだ
フライや干物で美味しいサイズだ
真ん中の大アジは脂が乗ってそう
真ん中の大アジは脂が乗ってそう
アジフライ、絶品だった!
アジフライ、絶品だった!
アジのエキスパートの高橋広司船長
アジのエキスパートの高橋広司船長

釣りビジョンAPC・岩見忠弘

今回利用した釣り船

東京都平和島 『船宿 まる八』
〒143-0006 東京都大田区平和島5-8-1 桟橋入口
TEL:03-3762-6631
定休日:毎週火曜日
釣果・施設情報 船宿 まる八 ホームページ

出船データ

ショートLTアジ乗合
出船時間=7時20分
帰港時間=14時30分頃
乗合料金=男性8,700円、女性7,000円、中学生以下4,500円(餌、コマセ、氷付)
レンタル=貸し竿(手巻き 500円)
※詳細は問い合わせ

その他の記事

※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。