オフショアマガジン

2021年7月1日号

千葉県・大原沖のナイスデュオ、イサキ&根魚リレーで大爆釣!!

02_main

何かと我慢の多い2021年も折り返し。ストレス解消になる釣り物は無いかと捜していた矢先、今季爆釣中の“梅雨イサキ”と、豪快なファイトが魅力のチカメキントキがリレーで楽しめるとの情報をキャッチ。「この組み合わせはマジヤバでしょう!?」と鼻息荒く、千葉県・外房は大原『初栄丸』へと急行した!

梅雨の大原、夢の“爆釣リレー”始動!

『勝見屋 初栄丸』の乗船場所は大原港「夷隅東部漁業協同組合」の目の前。車線の引かれた港内の駐車スペースに車を停め、徒歩1分程の位置にある仮眠所の玄関先で釣り座を確認。港に戻って荷物を船着場へ運んでいると、「おはようございます」と船長がやって来てエンジンに火を入れた。各釣り座に魚桶やコマセの準備が整い、船長の声掛けがあってから乗船。ライフジャケットの確認や積み込みを手伝う女将から「根魚からやりますよ」との案内があった。段取り良く集合時間の午前3時30分から僅か15分で出船準備は完了。朝の早い大原港の中でもいち早く、「初栄丸」は暁暗の海へと出船した。

船宿は船着場の直ぐ近く、この看板が目印
船宿は船着場の直ぐ近く、この看板が目印
入って左手、仮眠所の玄関にある釣座表
入って左手、仮眠所の玄関にある釣座表
船着場は「夷隅東部漁協」目の前
船着場は「夷隅東部漁協」目の前
乗船は船長の声掛けがあってから
乗船は船長の声掛けがあってから
乗船時には理想的な釣座にレイアウト済み
乗船時には理想的な釣座にレイアウト済み
出船は夜明け前、自粛ムードからの解纜
出船は夜明け前、自粛ムードからの解纜

まずは根魚”五目”、開始早々から爆釣劇!

穏やかな海を走ること1時間程で太東沖に到着。水深40m付近の釣り場からこの日の釣りはスタートした。水深30mで一旦仕掛けを止めるよう、船長からのアナウンス。実はこの釣り、“根魚五目“とは言うものの中層にキントキと思しき反応が魚群探知機で見られる場合、船長からタナの指示があり、ここで仕掛けを暫く止めていると「ガガガッ!」とアタリの出ることがある。アタリが無ければ仕掛けを海底まで落とし、1m程底を切って誘いや底の取り直しをしながら海底付近を捜索する。最初に竿を曲げたのは右舷中央の常連・佐藤さん。取り込まれたのはグッドサイズのヒラメ。時を同じくして左舷では食べ頃サイズのマハタが取り込まれた。ほどなくして右舷船尾の金野さんに待望のキントキが。これを皮切りに各釣り座でキントキがアタリ始め、開始1時間後には全員釣果。メバルやソイなど多彩な魚種を追加しながら、足元の魚桶には幾重にも釣果が積み重なって行った。

船中最初の魚は良型のヒラメ!
船中最初の魚は良型のヒラメ!
調理にちょうど良いサイズのマハタも!
調理にちょうど良いサイズのマハタも!
待望のキントキ、なかなかの良型!
待望のキントキ、なかなかの良型!
中層反応に当たると一荷のチャンスも!
中層反応に当たると一荷のチャンスも!
底付近では型の良いソイも釣れる!
底付近では型の良いソイも釣れる!
皮目を炙った刺身が美味、アヤメカサゴ
皮目を炙った刺身が美味、アヤメカサゴ
イワシ餌はハリ先を下顎から鼻先へ抜く
イワシ餌はハリ先を下顎から鼻先へ抜く
アタリも多く、捌き易い船宿仕掛け
アタリも多く、捌き易い船宿仕掛け
仕掛け図
仕掛け図

イサキもすこぶるゴキゲン、浅場で良型入れ食い!

根魚の“五目”釣りを満喫した9時近く。テンビンとコマセカゴに仕掛けを交換してイサキ釣りにサイドチェンジ。大原沖・水深28m程のポイントでスタート。指示ダナは海面から20m。コマセを振って仕掛けが馴染むと早速アタリ。『初栄丸』では難しい事をせず、指示ダナにビタ留めでコマセを振ってアタリを出すスタイル。アタリがあったら10数秒待てば追い食いが有り、しかもアベレージサイズは30cm前後と型がイイ。沖上がりまで90分ほどの短期集中的な釣りだったがこれが体力的にも丁度良く、釣果も「足るを知る」には充分。帰宅後の下処理もこのくらいだと苦にならないのも嬉しい。仕掛けがタナに入ればアタリの出る入れ掛かりの一幕もあり、心地よい疲れと共に沖上がりの時間を迎えた。

イサキ好釣、竿入れからクライマックス!
イサキ好釣、竿入れからクライマックス!
このサイズがアベレージ、大満足!
このサイズがアベレージ、大満足!
ショゴ(カンパチの若魚)も釣れる!
ショゴ(カンパチの若魚)も釣れる!
アミコマセ、プラビシは上1/3&下全閉
アミコマセ、プラビシは上1/3&下全閉
押し並べて型が良い大原沖のイサキ
押し並べて型が良い大原沖のイサキ
仕掛け図
仕掛け図

船長に訊く、イサキ&根魚のコツ

イサキと根魚“五目”のコツを勝見雅一船長に訊いた。「イサキも根魚も“素早い仕掛けの投入”と“的確なタナ取り”、これに集約されます。イサキはタナさえ合っていれば置き竿でも食って来ちゃうものですから、船長が『何m』と言う指示ダナへ的確に直ぐ合わせられるかどうかだと思います。また数が欲しいのであれば、ハリは3本付いてる訳ですから、アタって直ぐギューンて電動で巻いてしまうと1匹、または外れてることも多いので、イサキなら10秒、キントキなら食い上げた糸フケを巻き取りながら20秒から30秒くらい待った方がハリ数付いて面白いですよね」とのこと。アタリがあって巻き上げずに待っていると魚がバレてしまいそうで我慢できないのも人情だが、感覚的には倍くらいに感じても実はほんの10数秒待つだけで釣果は倍増する。また、イサキもキントキもライトタックル(LT)で充分楽しめるのだが、オマツリするとどうしても高切れし易いのがLTの弱み。船長のお薦めは旧来の道糸PE4号。その号数でアタリの取れない対象魚でも水深でもなく、オモリも重くはないので、難しく考えずに手返し良く釣る方が得策だ。

親切でサービス精神満点の勝見船長
親切でサービス精神満点の勝見船長
多点掛けと手返しの良さが好釣果の秘訣
多点掛けと手返しの良さが好釣果の秘訣
中層攻略ではやはり武器となる「探見丸」
中層攻略ではやはり武器となる「探見丸」

【動画】ナイスな楽しみ!イサキ・根魚リレー釣り

やっぱりたくさん釣れると面白い!

かくして、橋本さんのキントキ16匹&イサキは20匹を竿頭に、皆さん良く釣れ、恵比寿顔で沖上がりを迎えたこの日。入れ替えをした訳でも無いのに良型揃い、多彩な釣果でクーラーはずっしり。広々とした釣り座で手足を伸ばして、リラックスムードで釣りを楽しめる。たくさん釣れて、帰宅後は様々な釣魚料理を楽しめるイサキ&根魚“五目”リレー。感染予防対策を万全に、大原の豊穣を満喫して頂きたい。

クーラー満タン、恵比寿顔の沖上がり♪
クーラー満タン、恵比寿顔の沖上がり♪
大型クーラー必携、衝撃的な釣果!
大型クーラー必携、衝撃的な釣果!
この日最大45cmが放つド迫力!
この日最大45cmが放つド迫力!
帰着後は船宿で支払いと氷の追加を
帰着後は船宿で支払いと氷の追加を
手足やタックルまで洗える広い洗い場
手足やタックルまで洗える広い洗い場
のんびり快適に釣りが楽しめる船宿
のんびり快適に釣りが楽しめる船宿

釣りビジョンAPC・川添法臣

今回利用した釣り船

千葉県大原港 『初栄丸』
〒298-0004 千葉県いすみ市大原10396-1
TEL:0470-62-2807
定休日:第1・3月曜日
釣果・施設情報 初栄丸 ホームページ

出船データ

イサキ・根魚リレー乗合
乗船料金:1万1,000円(コマセ・餌・氷付き)
集合3:30 出船4:00(変動あり/予約時に確認を)
貸道具あり(無料)/予約者は仮眠施設無料

その他の記事

※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。