釣りビジョン マガジン

2021年7月15日号

千葉県・御宿岩和田港の“カモシ釣り”のヒラマサ・マダイ絶好調!!

03_main

千葉県の御宿や勝浦で行われている伝統釣法“カモシ釣り”。海水で溶いたサンマのミンチを“カモシ袋”に詰めて釣る面白いスタイルで、乗っ込みのマダイやヒラマサが良く釣れる。御宿岩和田港『明広丸』から出船した。

船着場に午前4時集合、荷物を置いて釣り座を確保

童謡「月の砂漠」の舞台として有名な御宿海水浴場、その白い砂浜の外れに御宿岩和田港がある。今回はここを拠点とする『明広丸』から出船、この地に伝わる伝統釣法“カモシ釣り”でヒラマサやマダイを狙う。『明広丸』はイワシの泳がせ釣りを得意とすることで有名な船宿だが、この時期ならではの“カモシ釣り”でも素晴らしい釣果を上げている。集合は午前4時に船着場、船は防波堤に横着けされ、釣り座には人数分のコマセ(サンマのミンチ)がセットされていた。到着したら釣り座に荷物を置いて席を取り、車は防波堤入口付近の駐車場に移動する。船長が到着したら手指の消毒をしてもらい釣り仕度開始だ。

早朝の御宿岩和田港「明広丸」
早朝の御宿岩和田港「明広丸」
コマセのサンマのミンチ
コマセのサンマのミンチ
コマセを注入するポンプ
コマセを注入するポンプ
乗船名簿を記入
乗船名簿を記入
付け餌のサンマのぶつ切り
付け餌のサンマのぶつ切り
餌のサンマは中骨を取って腹開きの状態にしておく
餌のサンマは中骨を取って腹開きの状態にしておく

海水で溶いたサンマのミンチを“カモシ袋”にポンプで注入

“カモシ釣り”は、マダイやワラサの“コマセ釣り”とほぼ同じ。竿はワラサやカツオ用などが流用できる。リールには伝統に則ってナイロンの道糸を巻いている人も多い(写真)。コマセのサンマのミンチは海水で溶き、船に用意されているポンプで吸い上げる。コマセバケツを入れる枠の“ロボットの手”のような突起に“カモシ袋(専用のコマセ袋・近隣の釣具店やネットで購入可)”の口をはめ、ポンプで吸い上げたコマセを注入。付け餌のサンマのぶつ切りは中骨を取り、腹開きにして写真のようにハリに掛ける。それと、ヒラマサ専用のイカ餌(短冊やゲソ、小イカ)は各自で用意しよう。

仕掛け図
仕掛け図
ナイロンの道糸には5m毎にマークを付ける
ナイロンの道糸には5m毎にマークを付ける
誘導式のカモシ釣り仕掛け
誘導式のカモシ釣り仕掛け
ハサミやハリ外しは必須
ハサミやハリ外しは必須
準備完了、道具はこんな感じ
準備完了、道具はこんな感じ
餌のサンマは皮を内側に折りチョン掛けに
餌のサンマは皮を内側に折りチョン掛けに

朝一は潮がトロリと流れ、良型マダイが絶好調!

この日は5時前に出船、風もなく良いナギだったが、モヤが掛かり時折雨がぱらついた。釣り場の岩和田沖には30分程で到着、5時30分にスタート。朝の内はハリス4~8号8尋(約12m)の仕掛けでマダイを狙う人が多い。第1投から左舷胴の間(中央)の女性アングラーにマダイがヒット!続いて同大ドモ(船尾)のご主人にも。更に右舷大ドモ、左舷ミヨシ(船首)と、常に誰かの竿が曲がっている状態。「マダイを釣るなら朝だよ。中盤以降はパタッと釣れなくなるから」と、後藤明広船長に言われて私も竿を出した。第1投から「食った!」竿先が海面に突き刺さる。上がって来たのは2kgオーバーの黒ずんだ“乗っ込み”のオスのマダイだった。更に置き竿に「また食った!」と連続ヒット。食い気は良いし引きも強い。素晴らしい釣りだ。

船中1匹目は女性アングラー!
船中1匹目は女性アングラー!
船中2匹目はご主人に!
船中2匹目はご主人に!
2kg級のマダイ!
2kg級のマダイ!
右舷大ドモでも竿が曲がった!
右舷大ドモでも竿が曲がった!
2kg前後のマダイだった!
2kg前後のマダイだった!
左舷ミヨシのマダイ!3.2kg!
左舷ミヨシのマダイ!3.2kg!

2kg前後のマダイが3連続!!

釣れるマダイはほぼ2kg前後の良型!それに、時たま3kg級が交じった。日によっては4kg、5kgの大ダイも上がっている。だが、ただ1人、右舷ミヨシの友田さんだけがアタリがあってもバラしてしまい、この時点でノーフィッシュ。聞いてみると、「ヒラマサ用の太いハリスでやっていたんですよ。私もマダイ用の5号の長ハリスの仕掛けに今、交換しました」と言う。すると、友田さんの竿にズドンッ!、2投目もすぐにズドンッ!、3投目も即ズドンッ!と3連続で2kg前後のマダイがきた。更にもう1匹追加して、友田さんは4匹ゲットでマダイの竿頭に。伝統釣法“カモシ釣り”、恐るべし!

右舷ミヨシでもマダイが上がった!
右舷ミヨシでもマダイが上がった!
釣れるマダイはほぼ2kg前後!
釣れるマダイはほぼ2kg前後!
右舷ミヨシが絶好調に!
右舷ミヨシが絶好調に!
また来た!
また来た!
マダイは高活性で次々に掛かった!
マダイは高活性で次々に掛かった!

マダイのお次は待望のヒラマサがクリーンヒット!

中盤、船長の言う通り「マダイがパタッと釣れなくなった」と思っていたら、左舷ミヨシの吉田さんにヒラマサがヒット!カツオやマグロも獲れそうなパワーのある竿でグイグイ浮かせる。力強いファイトに周りも興奮した。「見えた!」思わず声が出る。ギラギラ輝きながら海中を旋回するヒラマサを船長がタモ入れ。吉田さんは少々息を切らしながら、「やりました!」と、笑顔を見せた。その場で計量、6.7kg!立派なヒラマサだった。その後もヒラマサのアタリは船中2発あったが、1発は左舷胴の間の女性アングラー、もう1発は何と私。どちらもハリス切れでバレてしまった。私のヒラマサはドラグが滑った瞬間、船長が「糸出しちゃダメ!」と叫んだが既に遅しで根ズレでブツッと切れた。

中盤、左舷ミヨシにヒラマサのアタリが!
中盤、左舷ミヨシにヒラマサのアタリが!
豪快なファイトでヒラマサが上がった!
豪快なファイトでヒラマサが上がった!
計量したら6.7kgだった!
計量したら6.7kgだった!
サンマとイカの抱き合わせで釣れたとのこと
サンマとイカの抱き合わせで釣れたとのこと
ヒラマサは50Lのクーラーに丁度の大きさ!
ヒラマサは50Lのクーラーに丁度の大きさ!
2kg前後のマダイ!素晴らしい釣果だ!
2kg前後のマダイ!素晴らしい釣果だ!

【動画】狙うは大型!伝統釣法カモシ釣り

ヒラマサ・マダイ、機は熟した!今がチャンス!

結果、ヒラマサは船中1匹、6.7kg。マダイは全員が顔を見て1.2~3.2kgを1~4匹(船中15匹)。 特筆すべきは、釣れるマダイはほぼ2kg前後と良型で、“乗っ込み”の脂乗り抜群のマダイだと言うこと。帰宅後、鯛飯や刺し身で食べたらとても美味しかった。後藤明広船長は、「この“乗っ込み”のマダイは正に今がチャンスです。また、ヒラマサもだいたい毎日釣れていて、10kgオーバーも夢ではなく、機は熟しています。お早めに遊びに来てください」と笑った。伝統釣法“カモシ釣り”で狙う御宿・岩和田沖のヒラマサ、マダイ。是非チャレンジして頂きたい。

ヒラマサとマダイが交じりで!
ヒラマサとマダイが交じりで!
カモシ釣りは面白いよ!
カモシ釣りは面白いよ!
良型の乗っ込みのマダイだ!
良型の乗っ込みのマダイだ!
お世話になった後藤明広船長
お世話になった後藤明広船長
鯛飯、美味しかった!
鯛飯、美味しかった!

釣りビジョンAPC・岩見忠弘

今回利用した釣り船

千葉県御宿岩和田港 『明広丸』
〒299-5105 千葉県夷隅郡御宿町岩和田851
TEL:0470-68-3654
定休日:第1・3土曜日
釣果・施設情報 明広丸 ホームページ

出船データ

ヒラマサ・マダイ、カモシ釣り予約乗合
集合=午前4時(電話確認)
出船=4時30分頃(電話確認)
料金=電話確認
レンタル=貸し竿 あり
※詳細は問い合わせ

その他の記事

※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。