オフショアマガジン

2021年9月1日号

茨城県・日立久慈沖、“エギタコ”開幕から“絶好釣”!!

01_main

ここ数年の「マダコ大発生」で東京湾に留まらず関東圏でも一躍メジャーな釣法となった餌木(えぎ)によるマダコ釣り“エギタコ”。冬場に「渡りダコ」と呼ばれる大型の個体が釣れる常盤エリアでも、夏の浅場でエギによる数釣りが楽しめると聞き付け、新艇就航も話題の日立久慈港『日正丸』を訪ねた。

新艇就航の『日正丸』、エギタコ乗合船を始動!

日立久慈港は、常磐自動車道・日立南太田ICから5kmとアクセス良好。集合は船着場に午前4時50分。乗船場所は船宿HPに分かり易い案内があるので、初めて乗船の際は確認を。停泊する「日正丸」の左舷側の岸壁に車を停め、船尾側のスペースにあるカウンターで受け付け。乗船名簿に記入して、乗船料を支払い、無料レンタルの座布団と、サービスのタコエギとお茶、お手拭きを受け取り、受付脇の氷箱からクーラーへ氷を詰める。この日、新艇の「第二日正丸」はテンヤマダイに、「第八日正丸」がエギタコに配船されたが、受け付けから乗船までが非常にスムーズですこぶる快適。滞りなく出船準備は整い、午前5時7分「第八日正丸」は出船した。

漁港内は案内看板が要所要所にあって安心
漁港内は案内看板が要所要所にあって安心
船の左舷側、水銀灯付近から詰めて駐車する
船の左舷側、水銀灯付近から詰めて駐車する
船尾側、緑のコンテナで受け付け
船尾側、緑のコンテナで受け付け
エギ1本プレゼントのキャンペーン中
エギ1本プレゼントのキャンペーン中
カウンター脇の氷箱から氷を詰める
カウンター脇の氷箱から氷を詰める
空が明るくなる頃、出船
空が明るくなる頃、出船

竿入れから“爆ノリ”、開始1時間で“ツ抜け”達成!

朝陽を浴びながらベタナギの海を走ること50分程で那珂湊沖の釣り場に到着。山縣章太船長から「準備出来た方から始めて貰って大丈夫です」のアナウンスでスタート。水深は22m、小石サイズの底質にツブ根が存在するポイント。1投目から竿を曲げたのは左舷胴の間(中央)の常連・橋本さん。頭部がリンゴ大の美味しいサイズで幸先の良いスタート。この後もコンスタントに竿が曲がり、“新子”サイズではあるものの夏らしい数釣りムードを楽しんだ。右舷ミヨシ(船首)の堀内さんは1kgサイズを頭に開始1時間で“ツ抜け”(10杯)達成。この海域のマダコの湧きの良さに驚かされた。

竿入れ間もなく船中1杯目!
竿入れ間もなく船中1杯目!
ペース良く、開始1時間で“ツ抜け”達成!
ペース良く、開始1時間で“ツ抜け”達成!
1kgアップも来るので気が抜けない!
1kgアップも来るので気が抜けない!
釣れたタコを入れる洗濯ネットは今や定番
釣れたタコを入れる洗濯ネットは今や定番
メッシュのランドリーバスケットも便利!
メッシュのランドリーバスケットも便利!
コツコツ粘りの釣りで手堅くゲット!
コツコツ粘りの釣りで手堅くゲット!

エギのロスト0、根掛かり少なく釣り易い!

常磐エリアにおけるエギタコ釣りの特色としては、夏場は水深20m前後、冬場は30m前後の砂利底の釣りで、船を横流し(ドテラ流し)にしながら60~80号と重めのオモリを用いる点。特筆なのは根掛かりの少なさで、仕掛けをロストする程深刻な根掛かりは殆ど無い。つまり、仕掛けが止まって「根掛かりかな?」と感じたらそれは初期アタリであることが多いので、ビギナーでもタコのノリが分かり易く、根掛かりへの恐怖から早合わせになることも無く釣り易い筈だ。東京湾の“ガラ場(タコが貝殻を抱いて上がってくる釣り場)”の釣りと似て無くもないのだが、波の大きさも流しの特性も随分と雰囲気が違うので、東京湾での経験者ほどこの海域の釣り方を船宿スタッフにレクチャーして貰うことをお薦めしたい。

【動画】日正丸・茨城県日立久慈港・マダコ

船長に訊く、エギタコのコツ

8月から新設された『日正丸』のエギタコ乗合船。そのコツを山縣章太船長に訊いた。「オモリは60号と80号を用意して貰って、オモリの重さを船中で合わせて貰っています。底を取れないと釣りにならないので、しっかり底を取れるように。釣り方に関してはレクチャーするんで前もって声を掛けてください」とのこと。この日の上乗りは、女性スタッフの早霧(さぎり)さん。タコエギ釣りの腕も確かなので、分からないことや手詰まりになったら遠慮無く声を掛けるのが得策だ。タックルについては関西でポピュラーな“穂先が柔らかめ”で“竿元が強め”な道具立てが適合するように感じられる。貸し竿は1,000円で必要充分なクオリティがあるので、初めてのチャレンジならこちらもお薦めだ。まだまだ残暑の厳しいこの季節。釣り人としては多めに水分を持ち込むことと、マスクや手指消毒等の感染予防対策を引き続き心掛けたい。

穏やかでフレンドリーな山縣章太船長
穏やかでフレンドリーな山縣章太船長
オマツリ解きやタモ入れ等々サポート万全
オマツリ解きやタモ入れ等々サポート万全
タコエギやオモリは船でも購入出来る
タコエギやオモリは船でも購入出来る
充分なクオリティの貸し竿完備
充分なクオリティの貸し竿完備
ノリが良く、パワフルな道具が求められる
ノリが良く、パワフルな道具が求められる
仕掛け図
仕掛け図

船中半数が“ツ抜け”達成、開幕から好調キープ!

かくして、1kg級を頭に竿頭の堀内さんは16杯。ロケットスタートの後、まさかの潮弛みで思うように釣果は伸びず、忍耐の釣りを貫いた。とはいうものの、乗船の半数は“ツ抜け”達成と大健闘。皆さん笑顔の沖上がりとなった。エギタコの最盛期はまだまだこれから。タコ釣り入門には今が絶好のチャンス。“渡り”の大ダコシーズンを前に、ビギナーにもベテランにもお薦めしたい船宿だ。

16杯で竿頭、お見事!
16杯で竿頭、お見事!
沖上がり後は手を洗ってお弁当のサービス
沖上がり後は手を洗ってお弁当のサービス
再起動3年、若いスタッフが頑張る船宿
再起動3年、若いスタッフが頑張る船宿

新艇就航、3周年記念キャンペーン開催中!

これまでお馴染みの「第八日正丸」に加え、少人数でも仕立てられる「大産日正丸」を創業二年目に就航。そして創業三年半目の今年8月には全長20mの大型船「第二日正丸」を就航した『日正丸』。看板のテンヤ・マダイは勿論、SLJ(スーパーライトジギング)も数釣りが楽しめ、この時期は入門に最適とのこと。「3周年記念」として、3kg以上のマダイを釣ると3回分の乗船が無料になる太っ腹なキャンペーンも実施中。さらに抽選で3年間乗船無料となるパスポートが当たる衝撃のプレゼントも!詳しくは船宿HPをチェック!

今年8月、新艇「第二日正丸」就航
今年8月、新艇「第二日正丸」就航
「3年間パスポート」が当るキャンペーン!
「3年間パスポート」が当るキャンペーン!
大中小3隻の「日正丸」乞うご期待!
大中小3隻の「日正丸」乞うご期待!

釣りビジョンAPC・川添法臣

今回利用した釣り船

茨城県日立久慈港 『日正丸』
〒319-1222 茨城県日立市久慈町3-25-21B-1
TEL:080-4181-1091
定休日:第3月曜日
釣果・施設情報 日正丸 ホームページ

出船データ

エギタコ乗合(予約制)
集合時間:午前4時50分に船着場へ
出船時間:準備出来次第
乗合船料金:1万1,000円(氷・昼食付き)
(※女性・小学生以下 8,000円)
レンタルタックル:1,000円(予約時に確認を)
(タコエギ:1本500円/オモリ80号:200円)
(※自動膨張式ライフジャケット無料レンタル)

その他の記事

※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。