オフショアマガジン

2021年9月1日号

千葉県・外川沖のヒラメ、大・中・小交じりで好調!!

02_main

6月1日から解禁になった千葉県・銚子外川沖のヒラメ。この時期のヒラメは活発に餌を追い、数が釣れるのは勿論、時には“座布団級”の大型も釣れて来る。「今シーズンも好調!」との情報に外川港『福田丸』に出掛けた。

早朝4時に港集合(油タンクが目印)

『福田丸』HP(記事末のリンク参照)を開き「料金&乗船の流れ」を見ると、「前日から席を取る方は船宿の前にある磁石をお取りください」とある(乗船時に磁石に書かれた番号順に釣り座を選ぶ)。次に「アクセス」を開く。「アクセスマップ」で船宿や駐車場、船の位置を確認。マップを拡大して航空写真表示に切り替えれば“目印の油タンク”も写真で確認出来る。午前4時に港集合、荷物は船の前に置き、車は駐車場に。船の前で受け付け、仕掛け等を購入、餌の活イワシの積み込みなどの出船準備が完了したら5時頃出船となる。

係船場手前の駐車場に車を停める
係船場手前の駐車場に車を停める
停泊中の「第二十一福田丸」前に荷物を運ぶ
停泊中の「第二十一福田丸」前に荷物を運ぶ
活魚トラックで餌の活イワシが到着
活魚トラックで餌の活イワシが到着
餌は船の前後の生け簀に移す
餌は船の前後の生け簀に移す
軽ワゴンで女将が受け付け
軽ワゴンで女将が受け付け
釣り座に手桶と手網が配られた
釣り座に手桶と手網が配られた

オモリは60号と80号を多めに持参

この時期のヒラメは、小型主体ながら活性が高く数が狙えるので、細身の竿で引きを楽しむイメージがあるが、『福田丸』の常連さんたちは胴がしっかりした7対3調子のヒラメ竿の人が多い。それは、時に“座布団級”の大型が掛かる事に対応出来る備えである。釣り場の水深は15~20m程度。オモリは60号と80号を多めに用意。根の厳しいポイントも狙うのでオモリをロストしやすい。LT(ライトタックル)の場合はオモリの号数などを事前に相談しておこう。

仕掛け図
仕掛け図
船でも購入できる『福田丸』特製仕掛け
船でも購入できる『福田丸』特製仕掛け
オモリ60号と80号(5、6個ずつ)
オモリ60号と80号(5、6個ずつ)
船べりのマグネットが便利
船べりのマグネットが便利
足元の桶に配られた活イワシ
足元の桶に配られた活イワシ
こんな感じにハリを刺す
こんな感じにハリを刺す

港から7、8分の近場、第1投からヒラメが上がった!

港を出るとすぐに「7、8分で釣り場に着きます。餌をハリに刺して準備しておいてください」と福田稔船長からのアナウンス。めちゃめちゃ釣り場が近い。餌の活イワシは、出港前に女将のるみ子さんが足元の桶に4匹ずつ配ってくれた。これを1匹手網で掬い、出来るだけ手早くハリを刺してまた桶に戻して泳がせておく。釣り場が近づくと船はスローダウン。「はい、それではやってください」という船長の合図で仕掛けを投入。開始早々、右舷ミヨシ(船首)とトモ(船尾)2番の釣り人が小型ながら幸先よくヒラメを釣り上げ、まずは好調なスタートを切った。

船中1匹目のヒラメ!
船中1匹目のヒラメ!
船中2匹目、サイズアップ!
船中2匹目、サイズアップ!
「今日は調子いいかも!」
「今日は調子いいかも!」
良型のヒラメも釣れた!
良型のヒラメも釣れた!
可愛いサイズだが食いは上々!
可愛いサイズだが食いは上々!
右舷ミヨシ、早くも2匹目!
右舷ミヨシ、早くも2匹目!

ポツリポツリと順調に“お土産”確保!

ブザー音(移動の合図)で仕掛けを上げる度に確認したが、餌のイワシに噛み跡が付くことは少なかった。それでも、ポツリ、ポツリとヒラメが順調に釣れ、気が付けば周囲にはヒラメ船が集まっていた。この場所を狙いたくなる時間帯なのか、又は全体に厳しい状況の中、小型に交じって1~1.5kgの良型が釣れたり、60cmオーバーと思われる大型のマゴチが釣れたりするこの船の様子を見ていて集まったのかはよく分からない。中盤に差し掛かろうというこの時点で好調な人は3、4匹のヒラメを釣り、ほとんどの人が顔を見ていた。

1.5kg前後の良型をゲット!
1.5kg前後の良型をゲット!
釣れた魚は一旦足元の桶に入れる
釣れた魚は一旦足元の桶に入れる
「可愛すぎるのでリリースします」
「可愛すぎるのでリリースします」
左舷胴の間(中央)、「釣れました!」
左舷胴の間(中央)、「釣れました!」
60cm級のマゴチ、嬉しいゲストだ!
60cm級のマゴチ、嬉しいゲストだ!
マゴチとヒラメ
マゴチとヒラメ

大物ポイントに移動、狙い通りこの日最大をゲット!

ある程度“お土産”が出来たとなると、今度は“大物狙い”をしたくなるのが釣り人心理。船長も心得ていて、潮があまり流れなくなった中盤を回った頃、「15分程走ります」と、大物ポイントへの移動を決めた。移動先では魚探に大量のベイト(小魚)の濃い反応が出ていた。左舷側に並んだ大学時代の同級生4人グループのヒラメ初挑戦の釣り人もしっかり初ヒラメをゲット。移動前よりアタリは減ったものの右舷ミヨシ2番では2kgオーバー、右舷胴の間ではこの日最大の2.7kgと、狙い通り大型ヒラメが上がり正午過ぎに沖上がりとなった。

大物ポイントで魚探に好反応!
大物ポイントで魚探に好反応!
「可愛いのが釣れました!」
「可愛いのが釣れました!」
サイズアップしたぞ!
サイズアップしたぞ!
いい竿の曲がり、良型の予感
いい竿の曲がり、良型の予感
良型のヒラメをゲット!
良型のヒラメをゲット!
この日最大2.7kgのヒラメも浮上!
この日最大2.7kgのヒラメも浮上!

【動画】福田丸・千葉県銚子外川港・ヒラメ

トップは6匹が2人!!

結果は、0.3~2.7kgのヒラメ0~6匹(大半の人が4、5匹ゲット)。竿頭2人で右舷ミヨシ2番の伊藤さん他1人。2.7kgは右舷胴の間の伊藤さん。オデコの人(1人)は、残念ながら朝から船酔いで船室から出られず、「次こそ頑張ります」とのこと。ゲストにはマゴチの他、イナダやカサゴ。
船長に今後の展望を聞くと、「昨日も同じ釣り場を狙いましたが、1~2kg中心に最大2.8kgが5~10匹と、数型ともに絶好調でした。今日はちょっと小型が多かったようですが、日並みと潮具合さえよければ今後も更に良い釣りが期待できます」とのこと。好調の外川沖の“夏ビラメ”、熱中症対策をしっかりして是非挑戦して頂きたい。

この日の竿頭は6匹ゲット!
この日の竿頭は6匹ゲット!
大中小交じりだった
大中小交じりだった
2.7kg頭に5匹ゲット!
2.7kg頭に5匹ゲット!
イナダも交じった
イナダも交じった
若者4人グループもゲット!
若者4人グループもゲット!
お世話になった福田稔船長
お世話になった福田稔船長

釣りビジョンAPC・岩見忠弘

今回利用した釣り船

千葉県外川港 『福田丸』
〒288-0014 千葉県銚子市外川町1-10829
TEL:0479-22-5741
定休日:毎月第4木曜日
釣果・施設情報 福田丸 ホームページ

出船データ

ヒラメ予約乗合
料金=1万3,000円(女性・小学生以下 8,500円)※付け餌・氷付き
集合=4時(港)
出船=5時頃
レンタル=貸し竿(手巻き 1,000円)
※詳細は問い合わせ

その他の記事

※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。