釣りビジョン マガジン

2021年10月15日号

千葉県・富浦沖の秋マダイ、良型多く、数にも期待!!

02_main

取材に出掛けた10月初旬、海水温は未だ20℃前後あったが、千葉県・内房地区の秋マダイの釣果は、いい日にはトップ5~8匹、2、3kgの良型や5kg級の大ダイも交じっていた。富浦港『共栄丸』から出船した。

午前5時集合、検温して乗船名簿に体温も記入

「共栄丸」は、富浦港の海に向かって右側の防波堤に係留されている。集合場所は船の前で、駐車場も船の前。午前4時30分頃、まだ真っ暗な防波堤に着いた。既に車が何台か停まっていて、その内の1台はキャンピングカー。「羨ましい…」。5時頃、笹子宏宣船長と女将が軽トラで到着、釣り人が集まって来て受け付け開始。乗船名簿には、軽トラに用意されている非接触の体温計でセルフ検温&体温も記入。2Lのペットボトル氷が1つ配給される。釣り座は乗船前に予約順に選ぶ。前回来た時も感じたが、船は掃除が行き届いてとてもきれいだ。女将に見送られながら5時30分頃出船した。

大型船の「共栄丸」
大型船の「共栄丸」
乗船名簿、手指消毒、検温
乗船名簿、手指消毒、検温
予約順に席を決めて乗船
予約順に席を決めて乗船
釣り座の下の電源設備
釣り座の下の電源設備
オキアミはまず1.5kg支給
オキアミはまず1.5kg支給
オキアミは1回おかわり可
オキアミは1回おかわり可

片テンのコマセ釣り、仕掛けは大ダイやワラサも意識?

下記仕掛け図を少し補足しよう。リールは小型の手巻きだと大ダイやワラサには太刀打ち出来ない場合があるが、電動なら最近のは性能が良いし小さめでも何とか巻ける。また、常連さんのビシは “ステンカン率”が高い。ハリスやハリは大ダイが多いと評判の富浦ならではの大きめの仕様になっている。また、朝の内はワラサを意識してハリスの全長を10mにしている人が多く、中には6号と5号のテーパー仕掛けの人もいた。ハリはマダイ10号のほか、チヌ5号なども良いようだ。

竿、リール、ビシなど
竿、リール、ビシなど
竿掛けは板を挟んで固定
竿掛けは板を挟んで固定
仕掛け図
仕掛け図
クッションゴム
クッションゴム
仕掛けは全長10~12m
仕掛けは全長10~12m
オキアミ1匹掛けの例
オキアミ1匹掛けの例
オキアミ抱き合わせの例
オキアミ抱き合わせの例
バッテリー持参の人も
バッテリー持参の人も
糸巻きがあると便利
糸巻きがあると便利

1kg前後の良型マダイが幸先よく釣りあげられる

最初の釣り場には20分程で到着。「タナは上から30m」という船長の合図でスタート。「指示ダナの5m位下からコマセを撒いて。コマセはビシに半分も入れればOKです。思ったより潮は速くありません。反応はあるけど浮かないなぁ。時たま誘い上げたり、多少落とし込んだり、色々やってみてください」と、船長。最初のアタリは左舷大ドモ(船尾)に来た。ゆっくり巻き上げて1kg前後のマダイをゲット!まずは好調な滑り出しだ。次は右舷ミヨシ(船首)と思ったらサバ。そして、右舷大ドモ、左舷ミヨシ、同大ドモのトリプルヒット!サバ、マダイ、サバ、“本命”1匹ゲット。更に右舷ミヨシにマダイ。マダイは釣れれば1kg前後中心、型揃いで数も順調だ。

船中1匹目のマダイ!
船中1匹目のマダイ!
「あれ?サバだった」
「あれ?サバだった」
「共栄丸」は探見丸搭載
「共栄丸」は探見丸搭載
「来た!来た!」
「来た!来た!」
本命マダイだった!
本命マダイだった!
ちょっとサイズアップ!
ちょっとサイズアップ!

来た!2.7kgの大きなマダイ!

その後、大きく移動して水深50~70mのポイントを流した。すると、ワラサが豪快に竿を曲げたり、1kg前後のマダイが竿を絞り込んだ。今では珍しい40cm前後の肝パンの大きなウマヅラも。「これは美味いよ」と船長。その後、魚探にマダイの反応は出るものの、コマセで浮いて来ないもどかしい状況になった。「反応はあるけど、浮かないなぁ」と船長も頭を抱え気味。魚はいるけれど、やる気が今イチ。私は餌がマダイの目の前を漂うように12mの仕掛けで、なおかつ、ハリが見えないようにオキアミを抱き合わせにして投入してみた。船長から「左のトモで掛けたよ」とアナウンス。竿を立てて誘ってから置き竿にして撮影に向かった。すると、「岩見さん当たってるよ!」と船長。慌てて戻ると竿先が海面に突き刺さっていた。合わせを入れ、巻き始めるとかなり重く引きも強い。2.7kg!なんとこの日最大のマダイが私に来た。船長のタモ入れで取り込み、船長とグーでハイタッチ。

ワラサ!良く引いた!
ワラサ!良く引いた!
1kg前後の良型マダイ!
1kg前後の良型マダイ!
大型のウマヅラハギだ
大型のウマヅラハギだ
マダイ、2匹目!
マダイ、2匹目!
この日最大2.7kgのマダイ!
この日最大2.7kgのマダイ!
サバのダブル、良く引いた
サバのダブル、良く引いた

6kgオーバーのブリも釣れてビックリ!

左舷ミヨシに大きなアタリ。ドラグが鳴り、一進一退の攻防を繰り返すこと約10分、何と6kgオーバーのブリが海面を割って浮上した。右舷ミヨシにもすぐにアタリがあり、こちらはマダイだった。再び、「左のトモで掛けたよ」という船長。私は誘ってから置き竿にして撮影に向かったが、「このシチュエーション、もしかして?」と振り返ると、「やっぱり!」。私の竿が大きく曲がっていた。どうも左のトモと私(右舷胴の間(中央))はアタリがリンクしているようだ。今度は0.5kg級の可愛いサイズだったが、2匹目のマダイをゲット。嬉しかった。

80m付近に良い反応
80m付近に良い反応
デカい!ブリ6.3kg!
デカい!ブリ6.3kg!
今度は何だ!?
今度は何だ!?
1kg前後のマダイ!
1kg前後のマダイ!
良型のハナダイ
良型のハナダイ
丸々太ったイナダ
丸々太ったイナダ

【動画】共栄丸・千葉県富浦港・コマセマダイ

マダイは1kg前後の良型揃い!今後はもっと数も期待!

12時30分頃、沖上がり。結果は、マダイ0.55~2.7kgが0~2匹(2匹が3人、船中6人で8匹)。ブリ・ワラサ船中5匹とイナダ、ハナダイ、ウマヅラなどが交じった。「秋のマダイ釣りシーズンは始まったばかり。今日の潮は流れている場所と淀んでいる場所がまだらで、また、反応があってもマダイが浮かず苦労しましたが、これからはもっと数も出るようになると思います。今後が楽しみです」と、船長。釣れたマダイは刺し身や握り、鯛飯などにして頂いた。脂乗りが良い美味しかった。釣り心と食欲を同時に満たしてくれる内房・富浦沖の秋マダイ釣り、是非チャレンジして頂きたい。

マダイ、ハナダイ、ワラサ
マダイ、ハナダイ、ワラサ
マダイ、ハナダイ、ワラサ
マダイ、ハナダイ、ワラサ
マダイ2匹とワラサ
マダイ2匹とワラサ
良型マダイ2匹
良型マダイ2匹
この日最大マダイ2.7kg!
この日最大マダイ2.7kg!
10/12、マダイ最大5.2kg!
10/12、マダイ最大5.2kg!
10/5、マダイ最大2.7kg!
10/5、マダイ最大2.7kg!
10/4、マダイ最大3.2kg!
10/4、マダイ最大3.2kg!
お世話になった笹子宏宣船長
お世話になった笹子宏宣船長

釣りビジョンAPC・岩見忠弘

今回利用した釣り船

千葉県富浦港 『共栄丸』
〒299-2404 千葉県南房総市富浦町多田良880
TEL:090-7244-0460
定休日:なし
釣果・施設情報 共栄丸 ホームページ

出船データ

コマセ・マダイ予約乗合(午前便)
料金=1万1,000円、女性 1万円、中学生まで 5,000円(コマセ、氷付き)
※午後船もあり(要確認)
集合=5時
出船=5時30分頃
沖上がり=12時30分頃
レンタル=貸し竿(手巻き 無料、電動 2,000円)
※予約は前日までに。詳細は問い合わせ

その他の記事

※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。