釣りビジョン マガジン

2022年01月14日公開

高知県・四万十市、これから本番!名鹿(なしし)のグレ釣り

339_main

高知県・四万十川河口近くに位置する名鹿(なしし)の磯に出掛けた。この日、北西の強い風が吹く予報だったが、このエリアは風裏にあたる。北西風が吹けば吹くほどベタナギになるのだ。水温も下がり始め、グレもポツポツ釣れ始めたようだ。

早々に“本命”グレをキャッチしたのだが…

四万十川河口から海岸線を南下した下田漁港にある『丸西渡船』から午前6時30分に出船。父と2人で上がったのは名鹿エリアのA級磯「ゴデン」だ。前に上がった時も、大きくはないが数が釣れて楽しませてくれた場所だ。早速釣り座へ入り、コマセを撒いてみると海面の色が変わるほどの“餌盗り”が現れた。
水温が下がって来たとはいえ、魚たちの活性は高く、海の中は“夏”のようだ。足元に多めにコマセを入れて、少し沖にあるシモリ付近へ仕掛けを投入した。
朝イチは完全に口太仕掛け。竿は「スーパープレシード1.5-50」。道糸PE0.6号にリーダー1.75号、ハリスは1.5号をセットした。ハリは「掛すぎ口太」の5.5号。ウキは0を使用したので、1投目はガン玉を打たず投入した。しかし、今いち仕掛けの入りが思ったようにいかなかったので、ハリスの真ん中にG6のガン玉を打った。するとウキが入り、ラインが走った。合わせを入れるとあまり大きくはないが“本命”グレがヒット!取り込んだのは25cm級。いきなりの登場で嬉しいのだが、もう少しサイズがほしい。父も同サイズをキャッチした。気を取り直して再度狙ったのだが後が続かない。

名鹿の磯を案内する『丸西渡船』
名鹿の磯を案内する『丸西渡船』
サイズは今イチだったが引きはさすがのオナガグレ
サイズは今イチだったが引きはさすがのオナガグレ
グレ仕掛け図
グレ仕掛け図

大型イスズミの強烈な引きを堪能

そうこうしている内に水面に群れていた餌盗りが消えて、巨大なイスズミの群れが現れるようになった。ウキが突如消えるようなスピードで入り、1.5号のハリスが瞬殺される状況に…。そこで、グレのアタリも減ったため、ロッドを「デニオス2-50」に替えてイスズミを狙ってみることにした。道糸、ハリスともに3号。ウキはG2でハリは「掛すぎ尾長」10号。ガン玉G5を段打ちして仕掛けを磯際へ。するといきなりバチバチバチッとアタリ。合わせと同時に魚は凄まじい引きで抵抗するが、こちらも1mmもラインを出さずスプールを押さえて一気に締め上げる。竿のパワーでグイグイ上げ、強烈なファイトの末、浮いてきたのは53cmのイスズミ。“本命”ではないが、ファイトの練習になって楽しませてくれた。父もモンスタータックル(「アテンダーⅡ2.25-53」)でヒット。ラインを出さざるを得ないパワーで抵抗して浮き上がってきたのは、60cmオーバーの巨大なイスズミ。さすがにこのサイズは簡単に浮いてこなかった。

コマセをするとすぐに魚が寄ってくる
コマセをするとすぐに魚が寄ってくる
イスズミ仕掛け図
イスズミ仕掛け図
 

午後になって好転し、“まずまずサイズ”のグレが…

午後1時過ぎ、足元にグレの姿が見えるようになって来た。海の色も朝イチと比べると少し良くなったように見える。さっそく朝イチのタックルに戻して、チラチラ見えているグレを狙う。すると、ウキがスーッと消し込まれヒット! 元気にギューっとロッドを締め込む引き。キャッチしたのは32cmのオナガグレ。
磯際に群れていたイスズミたちも邪魔をしなくなったため、ハリスにガン玉G6をひとつだけ付けただけだったが、もうひとつ追加して徹底的に磯際を攻めていく。刺し餌を生オキアミ、ムキ身、ボイルオキアミとローテーションしながら誘うと、再びウキが気持ち良く入った!これも同じようなサイズのオナガグレ。30〜35cmが群れているようだ。残り時間も少ないため集中力を高める。餌をムキ身にした1投目。ゆっくりジワジワとウキが抑え込まれていき、合わせを入れるとそこそこの重量感が伝わってきた。竿を叩かない上品な引きで浮いてきたのは、“今日イチ”のクチブトグレ!サイズは35cm。結局、クチブト、オナガ交じりで父と2人で10匹程キャッチすることが出来、15時に納竿した。

父とともにオナガグレとクチブトグレのダブルヒット
父とともにオナガグレとクチブトグレのダブルヒット
全体にオナガグレが多く、このサイズ(30cmクラス)がほとんど
全体にオナガグレが多く、このサイズ(30cmクラス)がほとんど

過去には、80cmクラスの巨大マダイも

今回アタックした名鹿はまだまだ水温が高かったが、今後、水温が安定するともっと釣れるようになるエリアだ。40cmオーバーの実績も多数あり、さらには昨年80cmクラスの巨大マダイも釣れている。今後に期待したい!

施設等情報

丸西渡船
TEL:090-2899-0371
※下田漁港より出船

施設等関連情報

料金 渡船代3,000円、弁当代500円
車 四万十川河口から県道20号線沿いを南下し、下田漁港へ(下田漁港より出船)
     
※料金等は取材当時のものとなります。料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては各施設等にお問い合わせください。​

この記事を書いたライター

大野廉也
大野廉也
高知県在住。グレ・チヌフカセ釣り、石鯛底物釣り、するするスルルーといった磯釣りがメイン。最近は、高知県西南部の巨大尾長グレ狙いにも力を入れている。その他、鮎の友釣り、オフショアキャスティング、タイラバ、SLJ、イカメタルや筏チヌ釣りなど幅広いジャンルの釣りを一年中楽しんでいる。シーマスター、GFG四国・高知支部所属。フィッシングハヤシスタッフ。
このライターの他の記事も読む

その他オススメ記事