釣りビジョン マガジン

2022年01月18日公開

千葉県・南房総のキンメダイ半夜釣り、ほぼ入れ食いの絶好調!!

341_main

千葉県・南房総、相浜港『安田丸』では半夜釣りのキンメダイを予約乗合で出船中。水深100〜150mをオモリ200号で狙う手軽さが人気の深場釣り。しかも、現在絶好調!最盛期は概ね1月一杯で、まさに今が旬のイチ押しターゲットだ。

船宿前の席札を取って15時30分迄に港に集合!

相浜港へは富津館山道路の終点・富浦ICから道が空いていれば30、40分で着く。集合は15時30分迄に相浜港の船着場だが、その前に『安田丸』船宿に寄って船型ボードから席札を取って港に向かう(アクセスは船宿HPやナビ参照)。船の前に車を停めて、荷物を下ろし、女将さんに料金を支払い、船の準備が整ったら乗り込んで、氷を貰い、釣り仕度という流れ。取材日は南西の強風が北寄りの微風に変わった1月9日。「キンメダイが歓迎してくれている?」としか思えない良いナギに恵まれた。

船宿前の船型ボード
船宿前の船型ボード
席札を取って港へ
席札を取って港へ
相浜港入口の看板
相浜港入口の看板
駐車スペース
駐車スペース
女将に料金を支払う
女将に料金を支払う

オモリ200号のフラッシャーバリの胴突き仕掛け!

基本、置き竿の釣りなので、竿はキーパーに掛けておく。「第八安田丸」の船縁には幅広のマグネット・テープが貼ってある。道糸と仕掛けを繋いだら、ハリに餌(イカの食紅染めなど)を刺して順番にマグネット・テープ上に並べる(磁力でハリが付く)。仕掛け(詳細は仕掛け図参照)の下端にオモリをセットして船縁下の棚に置いて釣りの準備完了。整ったところで出港し、釣り場に到着すると「やってみましょう。水深125m。底から5、6m持ち上げてください」という安田智浩船長の合図でスタート。リールはフリーに、正面にオモリをちょい投げ、仕掛けが海中に落ちていく。この時、絶対に仕掛けに手を出さないこと。バックラッシュ防止のためリールのスプールに軽く指を添えておこう。

「第八安田丸」に乗船
「第八安田丸」に乗船
船宿で販売している仕掛けとオモリ200号
船宿で販売している仕掛けとオモリ200号
ハサミ・プライヤー・ハリ外し
ハサミ・プライヤー・ハリ外し
奥から竿・仕掛け・オモリ
奥から竿・仕掛け・オモリ
船で用意されているイカ餌(食紅染め)
船で用意されているイカ餌(食紅染め)
サバ餌などを持参する人も
サバ餌などを持参する人も
仕掛け図
仕掛け図
 

日没前はクロムツ順調!日没後はキンメダイ入れ食い!

時刻は17時、まだ日没前だ。キンメは暗くならないと食わないとのことで、この時間帯はクロムツ(ムツ)狙いだ。タナ取りが上手くいくとすぐにアタリが出た。少し追い食いさせて巻き上げ開始。30cm前後のクロムツがダブル、トリプル。更にアジも交じった。18時頃、「魚探の反応は110mから底まで出ています。水深は130m」と船長アナウンス。底から20mも立ち上がる大きな群れ!?キンメダイか。すると、上乗りの飯津さんのアドバイスが聞こえてきた。「道糸が110m出たらスプールを指で押さえて止めちゃってください。その後はサミングで少しずつ下ろし、アタリがあったらクラッチを入れてスプールを固定、しばらく追い食いを待って中速で巻き上げてください」。

クロムツ2匹とアジ!
クロムツ2匹とアジ!
クロムツのダブル!
クロムツのダブル!
良型のクロムツだ!
良型のクロムツだ!
良型クロムツ順調!
良型クロムツ順調!
日没と同時にキンメダイが来た!
日没と同時にキンメダイが来た!
強い引きのメダイも
強い引きのメダイも

釣れ始めたら止まらない!終了まで大忙し!

飯津さんにキンメの「“数釣り”のコツ」を聞いた。「取り込みから再投入までどれだけ早く手返しできるかに掛かっています。仕掛けが絡まないように取り込んで、外したハリをすぐさまマグネットに並べ、間髪入れず再投入。活性が高い時に餌は不要、フラッシャーにバリバリ食ってきます」とのこと。“食い始めたら止まらない”状況がほぼラストまで続いた。“入れて、食って、巻いて、外して、再投入”で大忙しの無限ループ。ダブルやトリプルは当たり前、時には7本バリにパーフェクトで釣れた。「何匹ぐらい釣れていますか?」と聞くと、決まって「わかりません」という返答。いい日に恵まれた。

7本バリにキンメ7匹パーフェクト!
7本バリにキンメ7匹パーフェクト!
両手にキンメダイ!
両手にキンメダイ!
良型キンメダイ!
良型キンメダイ!
良型キンメダイのダブル!
良型キンメダイのダブル!
キンメダイのダブルは多発!
キンメダイのダブルは多発!
「いやぁ、楽しいっすね!」
「いやぁ、楽しいっすね!」

今がチャンス!早めの釣行が絶対オススメ!

沖上がりは20時30分。キンメダイのサイズは25〜35cmで、ほぼ全員クーラー満杯、竿頭は江戸川区の恩田さん。平均は恐らく35〜50匹。スソでも30匹以上と驚きの釣果。船長は、「今年初出船の1月8日、そして、今日と2日連続で絶好調でした。今が旬です!キンメダイの半夜釣りは暫く好調持続しそうですが、案外シーズンが短めのこともありますので、お早めの釣行がお勧めです」と言う。これから深海釣りを始めたいと思っている人の入門編としても最適だ。今回私は竿を出せなかったが、クーラーに入り切らなかった皆さんのキンメダイを頂いて、炙り刺し身や煮物、焼き物などで頂いた。脂乗りが良くとても美味しい。新春にお勧め!是非、挑戦して頂きたい。

釣れたらバケツに溜めておく
釣れたらバケツに溜めておく
バケツからクーラーに移す
バケツからクーラーに移す
色鮮やかな新春に相応しい釣果!
色鮮やかな新春に相応しい釣果!
超大漁!新春から縁起が良い!
超大漁!新春から縁起が良い!
優しく真面目な安田智浩船長
優しく真面目な安田智浩船長
頼りになる上乗りの飯津さん
頼りになる上乗りの飯津さん

今回利用した釣り船

千葉県相浜港『安田丸』
〒294-0235 千葉県館山市相浜280-2
TEL:0470-28-0153
定休日:第2・4水曜日
釣果・施設情報 安田丸 ホームページ

出船データ

半夜キンメ予約乗合(10名限定)
料金=13,500円(付け餌、氷付、子供・高校生・女性割引あり)
集合=15時30分(船宿前で席札を取って港へ)
出船=16時頃
沖上がり=20時30分頃
仕掛け=1組800円(胴突き7本(フラッシャー)バリ仕掛け)
レンタル=貸し竿・オモリ200号(無料、破損・紛失は実費)
※詳細は問い合わせ
     
※料金等は取材当時のものとなります。料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては各施設等にお問い合わせください。​

この記事を書いたライター

岩見 忠弘
釣りビジョンAPC
0mの海面から水深1,000mの超深海までのレンジで、数cmのハゼやキスから、イカ・タコの軟体動物、数十kgのキハダやベニアコウまでの様々な魚を狙うフィッシング・ライター。
このライターの他の記事も読む

その他オススメ記事