釣りビジョン マガジン

2022年01月24日公開

長崎県・上五島、白瀬灯台で“オナガ”にチャレンジ

345_main

当初は、長崎県・平戸、宮ノ浦の釣行を考えていたが、釣行2日前に天気予報が変わった。そこで、例年ならこの時期はシケで滅多に行けない60cmオーバーの“オナガ”が狙える白瀬灯台に急遽行くことにした。

【この記事を書いたライター】宮原 浩

何とか磯上がり完了!

午前4時、宮ノ浦港から上五島に向けて出船。しかし、北東からの風、ウネリで白瀬灯台に行けるかどうかも不安となってきた。まずは他の釣り人を倉島、美郎島、平島に降ろした後、北西約10㎞先に位置する白瀬灯台へ向かうことになった。到着してみると白瀬本島が北東の風、ウネリを遮ってはいるが、両サイドから回り込んだウネリが入ってきている感じだ。その上、既に他船が2ヶ所のポイントに上げていることもあり、空いている場所は“四畳半”と“階段”のみだった。悩んだ挙句に選んだのは“四畳半”。磯の下には海苔が生えており、高さもあるため時間を掛けて荷物を無事に上げることが出来て、瀬上り完了となった。

かなりのシケ模様
かなりのシケ模様
「丸銀釣センター」のマリンアスリート
「丸銀釣センター」のマリンアスリート

いきなりの激震

同じクラブに所属する中尾君と2人で夜明けを待ち、夜が明けてから直ぐに撒き餌、仕掛けを作り、期待に胸を膨らませてスタートした。中尾君が外向きに入るとのことで私は内向きに釣り座を取り、魚の様子を見るべく足元にパラパラと撒き餌を入れていったが、“餌盗り”すら見えない状況。潮はいい感じで磯から離れる流れなのだが、ウネリが高く、“洗濯機”状態で、ウネリが止んだ瞬間を見計らって狙う釣りの展開となった。撒き餌は少しずつ切らさないように撒きながら、ウネリが収まるタイミングを待ち15分位経過したところで第1投。“竿1本”先程度の沈みの際を狙うべく、先に撒き餌を入れてその潮下に投入。仕掛けが馴染んだところでハリを入れ、戻した瞬間にウキを抑え込むアタリが来た。合わせを入れると、重量感たっぷりで凄い突っ込み!大型の“本命”と確信。竿の弾力を活かしながらいい感じで浮かせてきたが、痛恨のハリ外れとなってしまった。

久々に感じる“オナガ”の引き
久々に感じる“オナガ”の引き
仕掛け図
仕掛け図
 

当たれば“オナガグレ”

外向きを狙った中尾君は、20~30m付近の左右からのサラシの合流点を狙い、40cm級の“オナガグレ”を数匹キープしていた。潮具合がいいのか、海水温の影響なのか判然としないが、当たってくるのは全て“オナガ”で、活性も高く、浅タナで釣れてくる状況が続いた。しかし、狙いは50cmに迫る良型だ。中尾君も試行錯誤しながら“本命”を狙っている感じ。こぼれ餌が効いているであろうポイントにダイレクトに仕掛けを入れてアタリを待っていると、今までにない“オナガ”独特の引きが伝わってきた。数回の締め込みをかわし、綺麗な海面に浮いてきたのは45cmジャストの“オナガグレ”だった。

45cmの“オナガグレ”
45cmの“オナガグレ”

60cmオーバーも狙える白瀬灯台!

私は反対の発想で撒き餌を先に入れ、その餌の潮上を意識しているであろう“オナガ”に的を絞り、撒き餌より潮上10m位に仕掛けを投入した。これが正解!間もなく道糸を弾くような“激震”。かなり強い締め込みをかわして浮いてきたのは“本命”の“オナガグレ”。中尾君にタモのヘルプを頼んで、無事に捕獲成功!!この季節に行けるチャンスがあれば、尾長グレの60cmオーバーが狙える白瀬灯台。機会があれば、夢を求めて出掛けてみてはいかがだろう。

最大の50cmの“オナガグレ”
最大の50cmの“オナガグレ”

施設等情報

丸銀釣センター
〒859-5535 長崎県平戸市野子町宮之浦1243-3
TEL: 0950-29-1006 丸銀釣センターホームページ

施設等関連情報

車 駐車料金300円
料金 上五島13,000~15,000円
     
※料金等は取材当時のものとなります。料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては各施設等にお問い合わせください。​

この記事を書いたライター

宮原 浩
クロのシーズンには長崎県平戸宮ノ浦、五島列島、チヌのシーズンには九十九島、鷹島に釣行。トーナメントにも参加しているが、近年は大型の尾長釣りにはまっている。がまかつ、サンライン、釣研フィールドテスター、マルキユーフィールドスタッフ。主な入賞歴は「第1回 マルキユーM-1カップ全国チヌ釣り選手権大会」準優勝、「第3回 マルキユーM-1カップ全国グレ釣り選手権大会」優勝、「第25回WFGグレ世界大会」3位。
このライターの他の記事も読む

その他オススメ記事