釣りビジョン
ON AIR
2011.9.15号

儀兵衛丸・神奈川県長井港
新プラン!神奈川県・長井港で“ショートカワハギ”

「イカの長井」と言われイカ釣り専門の船がズラリと軒を連ねる神奈川県・長井港。しかし、港の目の前には知る人ぞ知るカワハギの一級ポイントが広がっている。そのため、『儀兵衛丸』では、例年9月になるとカワハギも出船させる。更に今シーズンからは、誰にでも手軽に楽しんで貰えるようにと午前・午後船で出船する事になった。「9月6日からスタート!」と梶ヶ谷孝宏船長から連絡を受け、今年初めてのカワハギ釣りに出掛けた。

仕掛けを1枚(2組)と氷サービス

午前6時半船宿へ到着。午前船の釣り人は5人。「今日はショート初日なので餌のアサリ1パックが半日持つか確認したいので12時頃までやってみましょう」と船長。本来は11時までの釣りだが、この日はアサリ1パックがどれくらい持つか、ショートでどれくらい釣れるかを確認するため1時間延長とのこと。受け付けを済ませサービスの仕掛けを1枚(2組)と氷を貰い、アサリ1パック(1000円)を買って船に乗り込んだ。

[動画]ショートカワハギいよいよ出船!
今回のメインターゲット
嬉しい船宿仕掛け2組付き

釣り場までは港から3分!

天気予報はあまりよくなかったが、幸いにも予報は外れ、スカッとした青空が広がった。午前7時の定刻に河岸払い。港を出て3分後にはスピードダウン。「はい、いいですよ。9.5m」。えっ!?もう釣り場に着いたの?聞いてはいたが、あまりの近さにビックリ。ショートで出港から帰港まで4時間の釣りだが、これだけ釣り場が近ければタップリ釣りが楽しめる。更にこのエリアは城ケ島の風裏になるため波が立ちにくいポイント、船に弱い人でも安心だ。

港が見える場所が絶好の釣り場だ
水深も浅い10~25mがメイン
仕掛け図

1投目から良型カワハギ登場!

「来たよー!」。右舷胴の間(中央)に座ったプロドライバー・高木真一さんがなんと1投目からヒット。水深が浅いので引き込みも強烈だ。先調子の和竿が激しく突っ込まれる。すると、すぐに右舷ミヨシ(船首)の吉川ひとみさんも叫んだ。「私にも来たわよ~」。どちらも23cm級の良型だった。「よかった、台風前は、時期が少し早かったみたいで全然アタリが無かったんだけどね。シケ後に好転したみたいですね」。孝宏船長、満面の笑み。

和竿で釣ると格別だね♪
朝日をバックに良型ゲット
肝パンです

右舷側で全員同時ヒット!

その後、喰いが止まり、小移動。「水深15m。ここは根が少しきついから注意してね」(船長)。すると、左舷胴の間とミヨシ(船首)で連続ヒット。20cm超えのカワハギが上がり、“ワッペン級”の小型が全く交じらない。船長も「ポツリポツリだが、これだけ型が揃えばいいお土産になる」と恵比寿顔。続いて右舷胴の間、大ドモ(船尾)でもヒット。「普段イカばっかり釣っているんだけどね、たまにはこういう釣りもいいね」と、大ドモの常連さん。手元まで伝わるカワハギのダイレクトな引きを堪能していた。そしてミヨシでもヒットし右舷全員同時ヒットとなった。開始後1時間で全員がオデコを脱出。「まだ今年見ていないポイントを見ていきますからね、ちょっと移動します」(船長)。

来た来たー!
これも良型だね♪
真っ白なカワハギ♪やりました!

釣り開始2投目で“本命”ゲット

午前9時、ここから私も竿を出した。カワハギ釣りは大好きな部類の釣り。ヒットシーンを撮影しながら竿を出したくてウズウズしていた。そして、手早く準備を済ませ第1投。水深は20m。着底後、数秒叩いて30cm弛ませた。すると…ブルブルッ!1投目から何か掛かった。しかし、釣れて来たのはトラギス。「トラギスは、みんな馬鹿にするけど天ぷらにすると凄く美味しいよ。自分なんかはシロギスより旨いと思うけどね」と船長。次こそ、“本命”とアサリをつける。すると、糸がスッと海中へ入った。アタリだ!すかさず合わせを入れる。ギュギューン!カワハギ独特のあの大きさからは想像できない強い引きだ。ゆっくりと慎重に上げてくると23cm級の“本命”だった。

その後ダブルヒットも!
25cmの良型も数枚交じった
次々とカワハギが上がる

トラギスの猛攻をどう避ける?

しかし、ここから“ゲスト”のオンパレード。早速の“本命”に気分を良くしたが、そうは問屋が卸さない。ここからはトラギス30連発!どう誘ってもトラギスなのだ。潮の方向が影響しているようだが…。しかし、右舷胴の間では高木さんが好調に3連続ヒット。何かが違う。誘い方を聞いてみると、「底に這わせる釣り方をしてしまうと、トラギスの魚影が濃いので餌を喰われてしまう。底についたら叩いて1m浮かし、再び誘いをかける。それでもアタリがなければ上下に小さくふわふわ誘いをかけ、たまに底まで落として再び叩いてゆっくり1m上げる」。ヒットパターンを教えてくれた。

この魚が“本命”なら簡単なのだが・・・
根周りの定番ゲストのベラ
それを避ければこんなご褒美が♪

11時の時点でツ抜け3人

これだけ良型が揃えば言うこと無し!
朝の活発な喰いこそないものの、流しを変える度に数は少なかったがカワハギが釣り上げられた。しかし、こちらは相変わらず“本命”から遠ざかったまま。「朝の場所が良さそうなので移動しましょう」(船長)。水深15mラインに到着。着底するとすぐにカリカリッと竿先に出ないほどの微妙なアタリ。ちょっと間を空けて合わせを入れた。ググ~ン!乗った。“本命”間違いなし!1尾目よりも良型の様子。そして、海面を見るとなんとカワハギが2尾。「やったね、2点掛けおめでとう!」。船長からお祝いコメントを貰い記念写真をパシャリ。11時を回った時点で私を除いた5人中3人が“ツ抜け(2ケタ)”を達成。結局、沖上がりした時には、高木さんが16尾で竿頭、2番手は吉川さんと左舷胴の間の人で14尾(通常沖上がりの10時50分時点での3人の釣果は10~14尾)だった。
また、餌のアサリは、12時までやっても全員がいくらかずつ残っていた。したがって、アサリは1パックで十分という結論。船代を入れても6000円で楽しめると言う訳だ。

ショートカワハギはこれからが狙い目

今の時期は特に浅場の10~20mを中心に狙う。オモリは15~30号なので、シロギスやバスタックルでのライトな釣りも可能だ。カワハギ釣りが初めての人は無料のレンタルタックルがあるのでそれを借りるといいだろう。また、帰港後にカワハギを捌いて内臓をだしてくれる嬉しいサービス(事前予約)も無料でやってくれる。カワハギとの“神経戦”は病みつきになること間違いなし。是非出掛けて頂きたい。

[動画]カワハギの持ち帰り&捌き方
[動画]カワハギの肝乗せ
[動画]カワハギの煮付け

(吉田 洋一郎)

今回利用した釣り船
神奈川県長井港『儀兵衛丸』
〒238-0316 神奈川県横須賀市長井5-3-5
TEL:046-856-2758 (定休日:第1・3・5金曜日)
詳細情報(釣りビジョン)
儀兵衛丸ホームページ
出船データ
ショートカワハギ=5000円(餌1パック1000円)
※氷付き
午前便:午前6時半集合、7時出船、11時沖上がり
午後便:午前11時集合、11時半出船、15時半沖上がり
ページトップ