オフショアマガジン
2011.9.15号

伝五郎丸・神奈川県松輪江奈港
東京湾口・剣崎沖のワラサ、良型中心に絶好調!!

04_main.jpg

[動画]「伝五郎丸」剣崎沖のワラサ釣り2011
東京湾口・剣崎沖(松輪瀬)のワラサが好スタートを切った。今シーズンはとにかく型がいい。8月中旬の開幕直後から、小さくても3kg級、4kgクラス中心に5kgオーバーの“ブリ級”も姿を見せている。どうやら今シーズンは“好漁年”間違いなし!?神奈川県・松輪江奈港『伝五郎丸』の乗合船に乗った。

電動リール道具一式をレンタル

出掛けたのは9月6日、平日にも拘らず恒例“ワラサ祭り”が始まったとあって港は早朝から大賑わい。出船は朝6時。1時間前に港に着いたが、広い松輪江奈港の駐車場が既にほぼ満杯になっていて危うく車が停められない状況。何とかギリギリで駐車スペースを見付け急いで船に向かった。『伝五郎丸』の鈴木長喜船長から電動リール道具一式を借りた。因みにレンタルタックルは数に限りがあるので、希望者はあらかじめ伝えておこう。また、付け餌とコマセの沖アミ、氷は別売り。受け付け時に乗船代と合わせてこれらの料金を支払いカードを受取る。このカードを持って船着場前の漁協で“現物”と交換するシステムになっている。

ワラサファンで賑わう松輪江奈港!
「第八伝五郎丸」
いつもニコニコ!鈴木長喜船長

“松輪瀬”先端部の水深45mからスタート

定刻通りに出船。釣り場の剣崎沖・松輪瀬までは航程約10分。松輪瀬とは、海中に岬状の瀬が張り出した部分を指し、ここが絶好の釣り場となっている。松輪瀬の先端付近(東側)の水深45mからスタートした。ここで簡単に道具と仕掛けを説明(詳しくは仕掛け図を参照)しよう。今シーズンは、とにかくサイズが大きいので、船宿で推奨しているのはフロロカーボンの8号のハリス6mに1本バリという仕掛け。釣り方としては、船長の指示ダナに付け餌の位置を合わせることが肝心だ。付け餌は沖アミの1、2匹掛けか、沖アミとイカの短冊をダブルで掛けるのが船長のお奨め。因みにこの日のタナは底から3m前後だった。

仕掛け図
付け餌はこのように!
お借りしたレンタルタックル一式

これぞワラサ釣りの醍醐味!

本日船中1発目の獲物!
「今日は朝イチ勝負かもね!」と言う船長の言葉に期待した第1投。しかし、残念ながら不発に終わり、すかさず船を潮回して“松輪瀬銀座”と化した大船団のほぼ先頭に立った。すると船長の読みが大当たり。2流し目には3人に同時ヒット。その後一気に“連ちゃんモード”になった。しかも釣り上げられたワラサは全て3㎏オーバーの丸々と太ったナイスサイズばかり。「こりゃデカイ!」。思わず叫んでしまった。しかし、船長は、「昨日の方が全体的にもっとデカかったよ!」と言う。釣り人も“青物”との格闘にフウフウ言いながら竿を持つ腕に力を込め強烈な引きに堪えていた。ワラサが掛かったら手巻きで寄せるかドラグを調整しながら竿の角度とラインテンションを保ちながら電動リールでやり取りする。これぞワラサ釣りの醍醐味だ。

それにしてもデカイ!
竿が満月に!!
そして太い魚体!!

タナ取りは正確に!

これがアベレージ!
実はこの日、朝のうちは北風が強く、船はバタンバタンと上下に揺れて釣り難い状況だった。しかし、そんな状況の中でも右舷ミヨシ(船首)の釣り人は何度かバラシやラインブレイクを繰り返しながらも、朝イチから数本のワラサを掛けていた。「タナを正確に取っているからだと思うよ」と船長。どうやら思った以上に潮の流れが速いので底潮が速いと判断すればハリスが横になびく分(約1m位)仕掛けの位置を下げ、ジャストのタナに微調整しているのだと船長が説明してくれた。

釣り場は松輪瀬先端の東側
これも良い魚体!
強烈な引き!

船中ボウズ(ノーフィッシュ)なし!

この日最大5kgオーバー!
開始から約2時間が経過して時計は8時を回った。いつの間にか風も収まり海も凪いできた。その間、何度か小移動を繰り返したが、その度に誰かしらの竿が満月になっている状況が続いた。この時点で乗船した11人でゼロは1人。ここで私も竿を出した。昨シーズンは“イナワラ”サイズを数本釣ったが「これぞワラサ」と胸を張れるサイズは、とんとご無沙汰なのが正直な話。船長に教えて貰った通り、タナも海底からキッチリ取った。するとなんと2投目にヒット。グングングングン…ゴ~ン!という“青物”独特の強烈な引き込みに、必死で耐えながら電動リールのドラグを微調整し何とかタモ収まったのは、紛れも無く3kg級の立派なワラサ。
その後、ゼロだった人にも4kg級のワラサが釣れ、めでたく船中全員がワラサをゲットした。しかし、時間の経過と共にアタリはポツリポツリに…。そしてそのままクライマックスを迎えることなく終了となってしまった。ただ、船中では5kgオーバーの“ブリ目前”のサイズも釣れ、トップは6尾(バラシも結構あった)。平均サイズも3kg以上と上々の成績だった。その後も連日のように好釣果が記録されており、「間違いなく“好漁年”」を実感。
現在、『伝五郎丸』では2隻体制で出船中。とにかく今シーズンは大物を釣る大チャンス!是非チャレンジしてみてはいかがだろう。
※ワラサの簡単な捌き方を、鈴木長喜船長の親戚で漁師をしている鈴木茂幸さんに実演頂いたので、その動画は必見ですぞ。

これは釣果のほんの一部です!
[動画]ワラサの捌き方・お刺身編
[動画]ワラサのアラ料理法!

(鈴木 恭介)

今回利用した釣り船
神奈川県松輪江奈港『伝五郎丸』
〒238-0104 神奈川県三浦市南下浦町松輪307
TEL:046-886-1534 (第2・4・5月曜日)
詳細情報(釣りビジョン)
伝五郎丸ホームページ
出船データ
乗船料金:8500円(エサ・コマセ・氷別)
※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。
プレミアムメンバー