釣りビジョン

青森県・八戸港の“ナイト・ボートロック”!!

2022年03月18日公開

370_main

青森県八戸市・八戸港は大きな防波堤に囲まれており、外洋の波の影響を受けにくい。そのため、“ボートロック”は風さえ無ければ気軽に出船出来る。
青森県八戸市築港街(ちっこうがい)にある遊漁船『正栄丸』に出掛けた。

天然記念物に指定されている『蕪島』を見ながらポイントに向かう

天然記念物に指定されている『蕪島』を見ながらポイントに向かう。消波ブロックや防波堤の基礎、ケーソンと人工物とはいえ、ストラクチャーだらけの八戸港に期待は高ぶる。なぜなら広大なストラクチャーから沖はほぼ砂地であるため、“根魚”が付くのは沖防波堤なのだから。
少しでも海水温の高い沖に着くと安定して7℃ほどあった海水温が雪代の影響なのか一気に下がり4.5℃まで下がっていた。ストラクチャーでじっとしているであろうアイナメを狙うべく、テキサスリグにホッグ系ワームの3インチ。シンカーは1オンス(1オンスは約28g)でケーソンの隙間を小さなリフト、またはズル引きで少しでもアイナメの目の前に落とすように探ったが、バイトの無い時間が2時間続いた。

蕪島を見ながらポイントに向かう
蕪島を見ながらポイントに向かう

不発の夕マヅメ!ショートバイトをヒットに持ち込む

陽もだいぶ落ち、普段ならばゴールデンタイムに突入する時間帯。日中に太陽を浴び、温められた防波堤の際からスタートして探ったが、全く応えが帰ってこない。
防波堤の基礎は手前と奥で段差があり、少しでも水深の深い場所を丁重に探るとホッグ系ワーム3インチに(1インチは約2.5cm)に待望の初バイト。しかし、ヒットには至らず。喰い渋った時の“最終兵器”のカーリーテールワーム赤系カラーにェンジ。バイトがあったのはベタ底に並んでいる敷石の隙間。ベイトリールのクラッチを切り、敷石の隙間に落とせるところは落とそうとブラインドで探る。シンカーがストンと落ちたところで小型ながらも待望のアイナメをキャッチ出来た。

小さいが嬉しい1匹
小さいが嬉しい1匹
アタリを待つ
アタリを待つ
 

ビッグワームで攻める“ナイトロック”

陽もすっかり落ち、この日のメインターゲットのクロソイを狙う。
クロソイ狙いには拘りがあり、強く攻めるリグで釣りたい。クロソイは夜、活発に行動するので波動も強めのシャッドテールをインチをチョイス。市販のジグヘッドではフックのサイズが合わないのでフックが着脱可能なジグヘッドに6/0のストレートフックを18gをセット。
キャスト後、着底を待ち巻きの釣りを試すが一向にバイトが無い。ならばキャストせずそのままボトムに落とす。そのままステイさせておくと待望のビッグバイト!しかし、喰いが浅かったのかフックアウト。その後もベタ底付近でステイを試したところバイトも増え、コンスタントとは言えないまでも“楽しめる程度”には釣れた。

ヒットワーム
ヒットワーム
ドンコも6インチをパクり
ドンコも6インチをパクり

八戸港のポテンシャルを信じて

陽気も春めき出し、気温も上がり海水温も安定していると思っていたが、雪解けが進んで海水温は低下。渋い日に当たってしまったが、八戸港のポテンシャルはこんなものではない。また日を改めてリベンジしたい!

ゲストで嬉しいマゾイ
ゲストで嬉しいマゾイ
八戸港のポテンシャルを信じて
八戸港のポテンシャルを信じて

施設等情報

正栄丸
〒031-0831青森県八戸市築港街1-1
TEL:090-2982-6600 正栄丸ホームページ

施設等関連情報

車:三陸自動車道・八戸南ICから四本松交差点を右折。5分ほど道なりに走り、歩道橋のある交差点を左折し約3分。駐車場あり
・ボートロック料金 4人から出船(乗合可)
1人…6,000円
5人…5,000円
チャーター2万4,000円(6人まで)
※正栄丸Instagramで予約状況確認可能。詳しくはHP参照。
     
※料金等は取材当時のものとなります。料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては各施設等にお問い合わせください。​

この記事を書いたライター

つっき〜
主な行動範囲は青森県と岩手県。ショア、オフショア問わず、海のルアーフィッシングが大好物。年間釣行は200日以上で、魚種に拘らず今釣れる魚たちを追い求めるアングラー。釣り好きの父親と学校に行く前の釣行が日課で、これが普通だと思いながら大人になった。
instagram:
@tsukey.87
このライターの他の記事も読む

その他オススメ記事