釣りビジョン マガジン

2022年06月23日公開

秋田県・男鹿半島で“チヌ釣り選手権”の予選が開催!

432_main

6月4日、秋田県・男鹿半島で釣り具メーカー主催の“チヌ(クロダイ)釣り選手権”の予選が開催された。今回の予選は、東北各地から多くの選手が集まり、9月に広島県で行われる全国大会行きの切符をかけて戦う。コロナ禍のため2年ぶりの開催。それだけに参加選手は気合い十分、熱戦が予想される大会に私もエントリーした。

参加人数70数人!久し振りの大会、大いに賑わう!

例年なら東北地方でも“乗っ込み期”には、多くの釣り具メーカー主催の“チヌ釣り選手権”の予選会が行われるが、依然としてコロナ禍の影響で、今年の全国大会を掛けての予選会はこの『第41回 G杯チヌ男鹿大会』のみとなった。私は、2018年に同大会に初めてエントリーして運良く優勝。広島行きを決めて以来、毎年この時期を楽しみにしていた。2年ぶり3回目のエントリーに準備万端で乗り込んだ男鹿半島『桜島パーキング』。少し早めの午前2時30分に到着したが、既に多くの選手たちの車が停まっていた。

「何人位になるのかなぁ~」。午前4時前、コロナ感染防止対策として受付番号順に10人ずつに分かれての受け付け開始。運命の番号抽選が始まった。この番号で渡船と釣り場エリアが決定される。準備された封筒の束から1枚を引き抜いた。「さて、何番だ」、「54番!」スタッフの声。この時点では渡船と抽選番号の関連はまだ判らない。審査規定、競技規定等の説明があり30cm以上のチヌ(クロダイ)の5匹の総重量で競う旨と、54番の私は、加茂港の「政運丸」で出港することが判った。各選手は指定された港に移動。準備をしながら聞いたところによると、今大会は72人のエントリーとか。スタッフによるタックルチェックを終えて乗船、期待高まる出港時間を迎えた。

今回出港した加茂港
今回出港した加茂港

シーズン盛期は終了?小ミサゴ島の沈黙を破れるか?

「政運丸」が舳先を着けて渡った磯は「小ミサゴ島」。ここには54番の私と55番選手の2人が渡礁。生憎の北西風が吹き、先端部ではまともな釣りは出来そうにない。場所決め優先権のある私は、風を背にしたミサゴ岩との水道向きに釣り座を構えた。55番選手も同方向を向いた船着きにポイントを設定、試合開始の6時まで暫し談笑。この選手の話によると、このエリアは最近不調で、出ても1、2匹、型も37、38cm前後と乗っ込み盛期は一旦終了した感ありとのこと。厳しい戦いが予想される中、6時に試合開始の第1投。足下の落ち込み際を二段ウキ仕掛けで様子見。上ウキはB、下ウキは4Bに設定した。任意のタナまで仕掛けが馴染んだ後、ハリスのガン玉と付け餌の比重がかかると次第に下ウキは沈み始め、ヒット層を縦に探ることが出来る。全般に水深がある男鹿半島周りでは意外と効果的だと思う。餌は生オキアミでスタートしたが、下ウキが沈んで行かないところから、既に餌盗りにやられている。続いて加工オキアミにチェンジしたが、ほんの10秒程餌持ちが良い程度でクロダイのヒット層を探るだけの時間が稼げない。5投目からは練り餌にチェンジ。すると下ウキは若干速いがイメージ通りのスピードで沈み始めた。どうやら餌盗りを突破してゆっくりと底に向けて沈下している。およそ10mで着底、そのまま様子を見ても変化無しのため回収。次の1投ではガン玉を僅かに軽く調整し、理想通りの沈下スピードになった。開始30分程でヒットしたのはカサゴ、さらに10分後には小型のカンダイ。暫く沈黙していた魚たちが動き出した。

当日の配合餌と付け餌
当日の配合餌と付け餌
 

練り餌ローテーションで“本命”ヒット!!

どうやら潮が手前に押し出したと感じ、やや遠投気味で沖から手前にゆっくりと探る。途中、オキアミに戻したが全く持たない。やはり練り餌勝負になりそうだ。あと10分で開始1時間という時、ホワイトベースにブラウンマーブルで少し大きく練り餌を付けてみた。沈下途中、フグにより多少小さくはなったものの着底したことを確認。少しずつ誘いを入れながら手前に引き寄せると、上ウキが僅かにシモった。軽く穂先でテンションをかけると、2番筋まで一気に絞り込まれるアタリ。“本命”確実と合わせを入れると確かにクロダイの引き。結構、型も良さそうだ。足下のハエ根に注意しながら海面に浮いたクロダイを一発でネットイン。確実に40cmはある。「とりあえず検量対象Get!」。この調子でさらなる釣果を狙う。暫くまた沈黙が続いたが、程なくしてアタリ。上ウキが良いスピードで消し込んだり、ラインを持って行ったりとフッキング間違え無しというアタリにも関わらず乗らない。ハリや餌も小さく変更してみたが追加釣果のないまま前半が終了し、午前9時の釣り座の交代となった。

朝の地合いで何とか“本命”クロダイ1匹Get!
朝の地合いで何とか“本命”クロダイ1匹Get!

あと1匹が遠い!

後半戦は両者“本命”からのアタリは無く、正午に競技が終了。帰港後直ぐに検量を開始したが「政運丸」船中での釣果は、3選手で3匹のクロダイ。私のクロダイは1.745kg、44.1cmで船中2位。予想以上の厳しい釣果は他船も同様とのことだったが、総合結果は5位入賞。上位3人が広島行きを手にした。「もう1匹追加できれば、準優勝か?」と、要らぬ妄想をしてしまう結果だったが、「今日から1年また頑張ろう」と、気持ちを切り替えて帰路についた。

終わってみれば船中2位、総合5位
終わってみれば船中2位、総合5位
順位表のボード
順位表のボード
※料金等は取材当時のものとなります。料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては各施設等にお問い合わせください。​

この記事を書いたライター

長谷川 一也
メインフィールドは青森県。クロダイ(チヌ)や真鯛等との出会いを求めて、東北エリアを主な活動範囲にしている。フカセ釣りをメインに、さまざまなジャンルの釣りを楽しむ。射手座、O型 ウキ工房、マルキユーフィールドテスター。
このライターの他の記事も読む

その他オススメ記事