釣りビジョン
ON AIR
2012.1.15号

船宿 まる八・東京都平和島
東京湾・中ノ瀬のシロギス、連日大爆釣!

暖かい時期の釣り物のイメージが強いシロギスだが、実は最も面白いのは冬-と思っている。気温、潮温の下がるこの時期、アタリも渋くなり暖期に比べれば釣り難くなるのは確かだが、それだけにハリ掛かりさせた時の喜びも大きい。また、この時期の魅力は何と言ってもサイズがいいことだ。産卵期の永い魚だけに、いつでも小型はいるが、冬季に限ればピンギス(15、16cm以下)はほとんど交じらない。東京・大森の船宿『まる八』から船に乗った。

年明けから中ノ瀬で2束釣り連発!!

今シーズンの東京湾のシロギス、例年とはちょっと事情が違う。本来ならこの時期は、「数よりも型」を楽しむ時期だが、年明け早々から中ノ瀬を狙い出した船が束釣り(100尾以上)どころか2束釣りを連発、夏に負けない大爆釣が続いているのだ。
1月7日午前6時過ぎ、首都高・平和島インターチェンジから5分程の所にある『まる八』に到着。「年明けから中ノ瀬で凄い事になっているね」と言いながら主人の飯島正宏さんが迎えてくれた。確かにこの時期に2束釣り連発は尋常ではない。この時期のシロギスは、「30尾も釣れれば十分」と思っているだけに嬉しい誤算に期待で胸が膨らんだ。高橋広司船長が舵を握り、定刻の7時40分に出船した。

この日、舵を握った高橋広司船長
[動画]アタリも脂も上々!シロギス釣り

仕掛けは胴突き2本バリ、餌は青イソメ

天気は快晴だったが、東京湾に出た途端、西寄りの風が吹いており、雪を被った富士山が鮮明に見え、風の強さを物語っていた。航程50分程で釣り場に到着すると、中ノ瀬には既に10隻近い船が集まっていた。海上には“ウサギ”が跳んでおり、右舷ミヨシ(船首)の小生の釣り座は、上下左右に揺れてかなり釣り難そうだ。「お待たせしました。どうぞ!」。慎重にポイントを決めていた船長から投入合図があり、小生を含め5人の乗船者が一斉に仕掛けを投入した。水深は20mを少し超えるくらいだ。仕掛けは胴突き2本バリ、餌は青イソメである。オモリが着底、糸フケを取った瞬間にクンッと明確なアタリ。この時期のシロギスにしてはアタリが大きい。軽く竿を立てて合わせると、竿先を心地よく引き込んでハリ掛かり、釣れて来たのは20cm級のシロギス。夏の産卵から十分回復した魚体は、重量感があり握り心地がいい。この1尾を皮切りに次々にアタリがあり、暖期に勝る釣れっぷりでスタートした。

雪を被った富士山がクッキリ
仕掛け図

竿先をブルッと震わせる明確なアタリ

風が強かったので全員が1本竿で楽しんだ(釣り風景)
2本竿で交互に釣れば、確実に束釣り-といった釣れ方だったが、風が強いので1本竿に徹する事にした。時折、押さえ込むようなこの時期独特の微妙なアタリもあったが、大半が竿先をブルッと震わせる明確なアタリで活性の高さと魚影の濃さを実感させられた。それでも何処でも同じように喰うわけではなく、場所によっては、ピンギスが交じったり、アタリが遠かったりする所もあり、最初は固まっていた船団も徐々にバラけていった。それでもちょっといい所に入ると、立て続けにアタリがあり、とても真冬のシロギス釣りとは思えぬ状況が続いた。

ベストポイントでは2束釣り連発!

一荷釣り
中ノ瀬とは、東京湾のほぼ真ん中に位置する広大な“瀬”で、中ノ瀬航路(東側)と中ノ瀬西方海域航路(西側)に挟まれた一帯である。水深は16、17mから30mと結構凸凹している。高橋船長は、少し喰いが渋くなる度に小移動を繰り返していたが、午後になって風向きが北寄りに変わったところで東京湾口側の中ノ瀬外れまで船を移動させた。しかし、何故かここではアタリがなく、左舷側の人に1kgオーバーのアカメフグが1尾釣れただけだった。つまり、中ノ瀬の何処でも釣れるわけではなく、場所によって片寄りがあると言う事。年明けから2束釣りを連発していた本牧の船は、ベストポイントを探り当てたと言う事のようだ。この日もその船は、ほとんど動かず同じ場所を攻めていた。

一荷釣り

家族連れでも十分楽しめる!

結局、この日は終始風が止まず、決して釣りやすくはなかったが、ピンギスを放流しながら釣って60尾を軽く超える成績だった。船のトップは、右舷大ドモ(船尾)の76尾だったが、その人も終始1本竿で釣っていた。日並みのいい時に2本竿で狙えば、確実に束釣り、集中力を維持しながら釣り続けられる人ならば2束釣りもそれ程難しくはないだろうとの印象だった。
これだけ喰いがよければ、ビギナーや子供達にも十分に楽しめる。防寒着をしっかり着込んで家族連れで出掛けてみては如何だろう。天気さえ良ければ中ノ瀬からは、富士山もくっきり見え、東京湾を航行する大型船を眺めながらの釣りも楽しいものだ。

絶品!シロギスのシャブシャブ

シロギスのシャブシャブは絶品だ
この日は、15尾だけ持ち帰り、家族3人でシャブシャブ(鱗を引いて、三枚におろし、胸骨を削ぎ落とすだけでOK)を楽しんだが、脂が乗った半透明の身はプリップリで絶品だった。是非お試し頂きたい。

(野口 哲雄)

今回利用した釣り船
東京都平和島『船宿 まる八』
〒143-0011 東京都大田区大森本町2-15-10
TEL:03-3762-6631
詳細情報(釣りビジョン)
船宿 まる八ホームページ
出船データ
シロギス乗合=8500円
(エサ・氷付・女性は2割引き、中学生以下も割引あり)
ページトップ