釣りビジョン
ON AIR
2012.1.15号

興英丸・静岡県用宗港
駿河湾・石花海のヤリイカ、大型中心に本格化!

今シーズンのヤリイカは、全般にムラが激しく苦戦が続いていた。駿河湾の名場所・石花海(せのうみ)でも12月半ば過ぎになってやっと“パラソル”級中心に数が伸び始め、特に年末年始にかけては、船さえ出られれば30~50尾という好釣果が続いた。7日、静岡県・用宗港『興英丸』の興津勝義船長に電話を入れると、「今日は乗りが良かったよ!良型を中心にスソでも32尾、竿頭は53尾!」と上機嫌。早速、翌8日に出掛けた。

12人の満員御礼!盛り上がる釣り座ジャンケン

駿河湾・久能海岸と並行して走る国道150号線走行中、右手に見える日本平の上には大きな満月、今日は大潮である。午前4時半、港に到着。3連休の中日、用宗港は多くの釣り人で賑わっていた。午前5時前、船長が到着。前日に好釣果が出た事もあり、ご機嫌だ。「おーい、集まってくれー」。恒例の釣り座決めである。左舷に座りたい人、右舷に座りたい人6人ずつに分かれてジャンケン。「勝っちゃったよ、どうする?トモ(船尾)にしようか」等々、2人組や3人組で来た人達は仲間内で相談の輪が出来る。

[動画]石花海でジャンボヤリイカを狙う!
12人の釣り人で賑わう『興英丸』
釣り場まではぐっすり夢の中

釣り場は石花海の南側、水深220m

午前5時30分に河岸払い。石花海は北側と南側に分かれ、中間の窪んだ場所の形が烏帽子に似ている事から“エボシ”とも呼ばれる。この日は前日釣れた南側へ向かった。航程約1時間、無風・ベタナギと絶好の釣り日和に恵まれた。午前6時40分に釣り場に到着。石花海の竿入れは午前7時と申し合わせで決められている。まずは第1投の準備をする。“投入器”は船の胴の間(中央)、大ドモ(船尾)に貸出し用が置いてあり、それを自分の釣り座に設置する。

石花海には大船団が出来ていた
このセットが『興英丸』流だ
いつでも投入できる準備をしよう

2流し目から全員にヒット!

最初からパラソル級
午前7時、船長から投入合図。「はい、いいよ~やってみて。水深は220m」。前日の好釣果の情報を聞きつけたのか、既に大船団が出来ていた。その数20隻以上。「いや~参ったよ。昨日は朝から反応も出ていたし、5隻しかいなかったからやりやすかったけど、昨日の反応がどっか行っちゃったよ」と船長。ヤリイカは必ずしも魚探反応が出るとは限らない。反応が出ない時には“ヤマ”を頼りに船長の経験値で流すしか方法がない。しかし、1流し目こそ空振りに終わったものの2流し目には左舷ミヨシ(船首)、右舷胴の間(中央)、左舷胴の間で同時ヒット。着底してすぐのヒットだった。船中第1号はいきなり50cmのパラソル級。そして、左舷胴の間ではダブル、その隣ではトリプルと快調に釣れ、気が付けば全員が2流し目にしてオデコ脱出の好スタートを切っていた。

こちらもジャンボ!
ダブルもあった
こちらも良型

プラヅノは11cm、浮きスッテも効果的

『興英丸』では、初心者にはプラヅノ11cm5本ヅノのブランコ仕掛けを勧めている。少し慣れて来るとツノ数を7本くらいに増やしたくなるのだが、実はそこに落とし穴がある。この日のように満船の日や、波・風があり釣り辛い日には我慢をして5本ヅノを使った方が良い。実は、前日の竿頭53尾を釣り上げた人は5本ヅノ。風や波はあるが、活性の高い日はバラシが少なく手返しの良い5本ヅノが数を伸ばす事も少なくないのだ。また、乗り渋りの時に仕掛けを底に這わすために使用する中オモリは、釣り人が多い時にはオマツリの原因になるため外しておいた方が良い。また、この日は乗りが渋く、流し換え1投目のみ一番下のツノだけにヒットする状況が続いた。そんな中でも仕掛けの中間につけた8、9cmの浮きスッテにだけヤリイカが乗る状況も多く見受けられた。状況次第ではプラヅノ仕掛けの間に1、2本浮きスッテを入れてみるのも効果的だ。

浮きスッテにきたヤリイカ
プラヅノの合間に浮きスッテ
仕掛け図

最後の望みをかけて“エボシ”へ移動!

それから2時間は流し換える度に2、3人が1、2尾ヒットさせるといった状況が続いた。船長は、「昨日と比べると雲泥の差、参ったよ」とお手上げ状態。無線で話をしている各船の声を聞いても「何だ、何だ?今反応が出ていないのに乗り始めたよ」と、逆に反応を抜けてからヒットし始めたりと、まさに狐につままれたような状況が繰り返された。しかし、午前9時を回るとピタッと乗りが止まり、変わりにそれまで居なかったサバが掛かり出した。仕掛けを絡ませるため嫌われ者のサバだが、この時期に石花海で釣れるゴマサバは〆鯖にすると絶品。それを知る釣り人は、頭と内臓をすぐに出して、ビニール袋に入れて大切に持ち帰っていた。ここで船長は大移動を決断した。「ここに居ても仕方ないので、一か八か“エボシ”に行きましょう」。

スルメは全て良型!
腹にはたっぷり脂肪が乗ったサバ
[動画]ヤリイカの船上干し

ヤリイカ釣りは3月まで

その“エボシ”でもパラソル級がポツリポツリと顔を見せるものの、終始拾い釣りと言った状況が続き、沖上がりの13時を迎えた。竿頭は35~50cmのヤリイカ14尾+スルメ1尾の合計15尾釣り上げた海野吉隆さん。前日と比べると厳しい状況ではあったが、パラソル級を中心に12人中6人がツ抜け(10尾以上)、スソでも4尾と全員お土産は確保出来た。石花海のヤリイカ釣りの魅力はやはり50cm級のパラソル級が多い事。このサイズ1尾で2000円と言う“高級品”だ。『興英丸』では3月一杯は状況を見ながらヤリイカ狙いで出船する予定との事。大型ならば5、6尾も釣れれば大家族でも十分に刺し身を堪能出来る。出掛けてみては如何だろう。

[動画]船長!今日はどうでした?
イケスの底が前日は見えなかったと言う
鮮度の良いヤリイカは透明度が違う

■おつまみに最高!ホルモン風ヤリイカの皮焼き■

[動画]ホルモン風ヤリイカの皮焼き
コリコリした食感はまさにホルモンそのもの。 お酒のおつまみに最高に合う珍味、『ホルモン風ヤリイカの皮焼き』是非お試しあれ。
<材料>
・ヤリイカの皮(数尾分)
・麺つゆ(キャップ一杯)
・一味

(吉田 洋一郎)

今回利用した釣り船
静岡県用宗港『興英丸』
〒422-8046 静岡県静岡市駿河区中島606
TEL:054-286-1784
詳細情報(釣りビジョン)
興英丸ホームページ
出船データ
(料金)ヤリイカ船=(駿河湾内)1万2000円(氷付)
(駿河湾外)1万3000円(氷付)
(午前5時までに集合揃い次第出船、13時00分沖上がり)
ページトップ