釣りビジョン マガジン

2022年08月16日公開

真夏の“夜釣り”で狙う40cmオーバーのジャンボイサキ!

487_main

静岡県・伊豆半島の渡船による“夜釣り”は5月中旬から9月中旬まで。日中の猛暑を避け、この時期はもっぱらイサキを狙っての“夜釣り”である。我々“釣れないカルテット”(磯釣りクラブ仲間の杉崎さん、竹中さん、高橋名人、私)、今シーズンは未だジャンボイサキ(40cmオーバー)の顔を見ていない。静岡県・西伊豆田子に出掛けた。

【この記事を書いたライター】磯部 哲

ジャンボイサキがターゲット、田子の名礁「三本」に渡礁

“日本の夕日100選”に選ばれた西伊豆田子。西伊豆限定の“富士山を眺めながら釣りが出来る”風光明媚な絶景スポットである。そして、田子は「大物釣り場」としても有名だ。イサキに関しても、伊豆半島では30cm弱がアベレージ、35cm以上を狙う事ができる。昨シーズンは「三本」という沖磯で竹中さんが45cm、私が42cmのジャンボイサキをゲットしている。
今回は4人一緒に乗れる磯ということで、「カツオ」、「青根」、「雌島」、「三本」が候補磯だった。その中で、足場がよく、ジャンボイサキの実績がある「三本」に乗れる日を選んで出掛けた。港に着くと、既に1組の若い釣り人4人組が準備していた。2組の夢と希望を乗せた船は「沖堤防」、「三本」の順に無事渡礁を完了した。

港側からの眺めがまさに「三本」の名称を象徴している
港側からの眺めがまさに「三本」の名称を象徴している

暗くなるまでは一発大物を狙って!

ここの夜釣りは17時出船なので、夜釣り開始までは2時間弱ある。早速“夕方の部”。杉崎さん、高橋名人、私の3人はキビナゴのスルルー、竹中さんはヌカキリ仕掛けで開始した。夕マヅメは特に大物が出る確率が高いので、各々磯ザオの2.5~3号をチョイス、ハリスは4~8号の太仕掛けで挑む。この日は海水温が高く、餌とりの活性が高い。餌とりがキビナゴにツンツンといたずらするのが伝わってくるが、我慢をしながら流していく。反応がなくなったので仕掛けを回収すると、骨だけが返って来た。
竹中さんはフエフキダイ、フエダイを狙っている。暫くすると「竹中さん、来たぞーっ!!」と、隣で釣っていた高橋名人の声が上がった。竿が満月を描き、道糸がジージーと止まらない。魚の引きに耐えながら反撃開始。ここはシャッターチャンスとばかりに、私がポケットからスマホを取り出した瞬間、無念のバラシ。5号のハリスがせり出した磯際で擦れて切れてしまった。
18時30分になると杉崎さん、高橋名人はスルルー釣りを諦め、夜釣りの準備を始めた。しかし、諦めの悪い私は根魚のみに狙いを絞り、5Bのオモリをハリ上20cmのところに打って、餌とり層を強行突破する仕掛けに変更。すると1投目から竿をギューンと絞る気持ちのよいアタリ。ゆっくり巻いてくると20cm強のカサゴ。気をよくして2投目を投入すると同サイズのカサゴ。更に3投目には27cmのアカハタと作戦大成功!「粘り勝ちだねっ!」と、高橋名人に声をかけられた頃には、時計の針は18時50分を指していた。夕方の部はこれで終了だ。

期待を胸に準備を進める杉崎さん
期待を胸に準備を進める杉崎さん
餌とりの活性が高く、キビナゴが骨だけにされて戻って来た
餌とりの活性が高く、キビナゴが骨だけにされて戻って来た
得意のヌカキリ釣法でイスズミと楽しむ竹中さん
得意のヌカキリ釣法でイスズミと楽しむ竹中さん
可愛いカサゴがヒットしてくれた。小型は資源保護のためリリース!
可愛いカサゴがヒットしてくれた。小型は資源保護のためリリース!
夕方の部の最後に姿を見せてくれた27cmのアカハタ
夕方の部の最後に姿を見せてくれた27cmのアカハタ
 

前半は大苦戦。今日のイサキは活性が低い

夜釣り仕掛けは、磯竿2.2号、リール4000番、道糸PE1.5号、リーダー5号、ハリス8号、ハリは夜光真鯛10号の2本バリ仕掛け。ウキは自作の管付き「ウキくん 00 TYPE-NIGHT」に、タナ2ひろ半(約3.75m)の半誘導で、完全フカセでスタートする。
イサキだけを狙う場合、ハリスは3号もあれば充分だが、今回はあくまでもジャンボイサキを含めた大物狙いなので、ハリスは8号をチョイス。コマセはオキアミ6kg、アミエビ4kg、パン粉2kg、ヌカ3kg。付け餌は生オキアミ、加工オキアミ、ムキエビ、丸エビの4種類を準備。その日の餌とりの状況や魚の活性によって、“当たり餌”が異なるので、数種類の付け餌の準備をお勧めする。
仕掛けの準備をしながら、先に始めていた杉崎さんの電気ウキを眺めていると、勢いよく海中に消し込んでいった。すかさず合わせを入れると、“本命”のイサキと分かる竿の曲がりで、慎重に抜き上げると30cmを超える良型だった。まだ明るい内に釣れた1匹に期待感が高まる。
まずは、15m位先に仕掛けを入れてコマセを被せるが、上り潮が思いのほか速く、アッという間に50mほど道糸が出ていく。3投したところで、完全フカセではイサキのタナに届かないと判断、早々に1.5号のウキに変更。なるべく浮力をなくすために、オモリは1.5号+2Bに、タナも3ひろに変更した。付け餌とコマセの同調を意識しながら、ウキの潮上にコマセを入れ、50mくらい流すとウキが留まるところを発見。そこにイサキがいると判断、道糸に強い張りを持たせてアタリを待つ。暫くしてウキがゆっくりと20cm位沈んだ。その後すぐにコンコン!とアタリ。ここで合わせを入れると、ハリ外れの可能性が高いので、道糸が走るまで待っていると、10秒くらい待った後にススーッと道糸が走った。合わせを入れると、魚の重みがガツンと手元に伝わって来る。ハリ外れを起こさないように、ゆっくりとリールを巻いて慎重に抜き上げ、伊豆半島のアベレージサイズの“本命”をゲットすることが出来た。
イサキのアタリはウキがゆっくりと沈み、その後数秒待って“本アタリ”が出る事が多い。その2弾モーションに移る秒数で、その日のイサキの活性が凡そ判断出来る。活性が高い時は5秒以内、まずまずの時は5~10秒、10秒以上は活性が低い時だ。この日はイサキの活性が低いうえに、餌とりは元気一杯という嬉しくない状況だった。生オキアミ、加工オキアミを使うと餌とりが釣れてしまう。そこで、大きめのムキエビ、丸エビで対応すると、ポツリポツリとイサキを拾い釣りすることが出来るようになった。

40cm近い尾長グレ、グッドサイズのサバが…

釣り座の関係で速い上り潮に苦戦を強いられていた竹中さん。釣り座を素直に仕掛けが流せる場所に変更すると、アッという間に37cmの尾長メジナを釣り上げた。“昼釣り”のイメージがあるメジナだが、夜釣りでも狙う事が出来、特に口太は、掛かれば高確率で45cmクラスが釣れる。この時期の尾長メジナは脂が乗っていて美味しいと、嬉しそうにポーズを取ってくれた。
これまた、釣り座の関係で苦戦を強いられていたのが高橋名人。投入点を色々と変えながら“本命”ポイントを探っていると、ウキが横に引っ張られるアタリ。
“本命”とは違うアタリだが、強い引きを楽しんだ後に上がってきたのは、お土産には充分サイズのサバ。サバも秋に向かって少しずつ脂が乗ってきており、「これは味噌煮用」とキープした。“夜の部”前半戦は、トップの杉崎さんがイサキ12尾で最大37cmだったが、他の3人は潮と餌とりに苦戦を強いられた。
時刻が満潮の23時を迎えたところで、私は後半戦のコマセ作りと仮眠のために、1時間半の休憩をとることにした。

付け餌は左上から時計回りに、ムキエビ、加工オキアミ、生オキアミ、丸エビ。“当たり餌”を見つけるのも楽しみの一つ
付け餌は左上から時計回りに、ムキエビ、加工オキアミ、生オキアミ、丸エビ。“当たり餌”を見つけるのも楽しみの一つ
この日の初イサキは杉崎さんが釣り上げた30cm超えの良型。順調な出足に期待したのだが…
この日の初イサキは杉崎さんが釣り上げた30cm超えの良型。順調な出足に期待したのだが…
色々な状況に対応できるように、ウキは00から2号程度までを準備するとよい
色々な状況に対応できるように、ウキは00から2号程度までを準備するとよい
最初の1匹はまだ“ウリ坊柄”が残る28cmの黄金イサキ
最初の1匹はまだ“ウリ坊柄”が残る28cmの黄金イサキ
竹中さんが釣り上げた綺麗な尾長メジナ
竹中さんが釣り上げた綺麗な尾長メジナ
難しい釣り座で粘ってサバを釣り上げた高橋名人
難しい釣り座で粘ってサバを釣り上げた高橋名人

ジャンボイサキは?“夜の部”後半戦は“ウキくん”が活躍

後半戦は釣り座も気持ちも新たに1投目を投入。気持ちとは裏腹に潮は全く動いておらず、釣れてくるのはナミマツサカ。この餌とりはやや深い岩礁帯が住処なので、狙う場所としては悪くないと判断、タナを3ひろから2ひろ半に変更した。
イサキの活性が悪いので、ウキも00に変更して完全フカセ仕掛けにした。先に仕掛けを投入して、電気ウキを目掛けてコマセを被せていたが、活性の高い餌とりに付け餌を取られてしまう。そこでコマセを先打ちに変更、コマセの潮下に仕掛けを投入した後、コマセの帯に引き戻すようにして仕掛けを馴染ませてみる。昼のメジナ釣りでは普通にやる方法だが、夜釣りでは、後打ちの方がウキとコマセを同地点に投入しやすい。これまでに、通算“50万回”は打ってきたコマセの距離感を頼りに、狙いの場所にコマセを飛ばす。ウキをやや遠目に飛ばした後に引き戻して、暫く待っていると、海面下20cmくらいでホバリングをしていた“ウキくん”が50cm位まで沈み込む。コンコン、ツツーッ!と僅かなアタリが道糸に伝わってくる。この日の感覚ではおそらくイサキが居喰いをしているのだと思い、合わせを我慢していると、アタリが大きくなって道糸が走り出した。竿を立てると、この日一番の引きが伝わってくる。「これはもしかしてジャンボイサキ?」と慎重にやり取りをすると、海面に2匹の魚が見えた。上バリには35cm、下バリには28cmのイサキのダブルを達成。改めて「イサキは大型が上にいる」ということが確認出来た。しかし、念願のジャンボイサキは結局最後まで姿を見せることなく、4時30分に納竿した。
後半戦は“ウキくん”の活躍もあり、投入点を色々と変えながらイサキを拾い釣り、私がトップの24匹で、お土産としては充分な釣果となった。今回の釣行で気づいたことは…。
「夜釣りではハリスの太さはそれほど気にする必要はない」
「丸エビはイサキ釣りの特効餌の可能性がある」
「餌とりの情報から、”本命“の居場所を推測することが出来る」
「コマセと付け餌の同調はフカセ釣りの基本中の基本であり、昼釣りでコマセの距離感を覚えることで、夜釣りにも活かすことが出来る」

見た目は美しいナミマツサカだが、あまり出会いたくないゲストだ
見た目は美しいナミマツサカだが、あまり出会いたくないゲストだ
後半活躍を見せた自作の管付き「ウキくん 00  TYPE-NIGHT」
後半活躍を見せた自作の管付き「ウキくん 00 TYPE-NIGHT」
イサキのダブル達成‼︎ 上バリのイサキの方が大きいことが分かる
イサキのダブル達成‼︎ 上バリのイサキの方が大きいことが分かる
この日の私の釣果。念願のジャンボイサキは釣れず残念
この日の私の釣果。念願のジャンボイサキは釣れず残念
最大イサキは杉崎さんの37cm。サバも9匹釣って2匹キープ
最大イサキは杉崎さんの37cm。サバも9匹釣って2匹キープ
定番の刺身と寿司。炙りは粗塩でいただく。疲れた身体にイサキの甘みとビールが最高に染み渡った。これが釣り人の特権である。
定番の刺身と寿司。炙りは粗塩でいただく。疲れた身体にイサキの甘みとビールが最高に染み渡った。これが釣り人の特権である。
今回もイサキが大好きな家族のために、刺し身、寿司、昆布締め3種を作った。友達家族にも刺し身をお裾分け。特に昆布締めは是非皆さんにも味わってほしい
今回もイサキが大好きな家族のために、刺し身、寿司、昆布締め3種を作った。友達家族にも刺し身をお裾分け。特に昆布締めは是非皆さんにも味わってほしい

施設等情報

渡船:伊豆 万集丸
静岡県賀茂郡西伊豆町田子1145-5(田子漁港内船着き場前)
TEL:090-4201-0017
(田子漁港より出船) 

施設等関連情報

出船/磯上り時間 (夜釣り):17時00分 / 5時00分
出船/磯上り時間 (昼釣り):季節による_要確認 / 17時00分
料金:沖磯5,000円
車:新東名高速道路・長泉沼図ICから約1時間20分
     
※料金等は取材当時のものとなります。料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては各施設等にお問い合わせください。​

この記事を書いたライター

磯部 哲
伊豆半島・真鶴半島をメインに活動する磯釣りクラブ「湘南爆釣族 まるやま倶楽部」の斬り込み隊長 兼 小物釣り師 兼 週末アングラー。磯釣り歴は約15年で絶賛修行中。釣った魚を料理するのも大好き。クラブメンバーで釣行を共にする杉崎さん、竹中さん、高橋名人、磯部の「釣れないカルテット」が繰り出す珍釣行に、乞うご期待!!
このライターの他の記事も読む

その他オススメ記事