オフショアマガジン
2012.4.1号

松大丸・千葉県千倉白間津
千葉県・南房、白間津沖のヤリイカ、本格シーズン到来!

02_main.jpg

千葉県・南房のヤリイカ釣果が安定している。日によっては70、80尾は当たり前という好成績が続いているのだが、ここに来て大型のオスイカの割合が増えて来た。現在は大・中・小様々なサイズで釣れているが、この時期、ある日突然50cmオーバーの“パラソル級”ばかりに変わる。そうなると、いよいよ春本番だ。3月20日、あわよくば“Xデー”遭遇を期待して千葉県・南房、白間津港『松大丸』(しょうだいまる)に乗り込んだ。

晴天、穏やかな白間津沖

午前5時半に集合場所の駐車場に着くと、既に複数台の車が停まっていた。私を含めて総勢10人。中には今日がヤリイカ釣り初体験という女性もいて和やかな雰囲気が漂っていた。私は左舷ミヨシ(船首)に仲間入り。船宿常備のプラヅノ11cm7本仕掛けをセットし終えた所で6時の出船時間を迎えた。「15分くらい走りますからね」と山口一夫船長からアナウンスがあり、船は朝ナギの海をほぼ真沖に向かってゆっくり走り出した。

仕掛け図
型のいいヤリが上がった

白間津沖、水深150mでスタート

「いいですよ、水深150m」。驚くほど港から近いポイントで投入合図が出た。 120号のオモリを投げ入れると投入器から勢いよくプラヅノが飛び出して行く。「ちょっと潮が速いな」。北風に立てられた船が真南に流されて行く潮向き。船長のつぶやきを裏付ける様に道糸はトモ(船尾側)方向に傾く。2ノット強の潮流は、ヤリイカ釣りとしては限界ギリギリ。1投目という事もあり、私は130mで仕掛けを止め、5m刻みで中層から落とし込んで行く。すると140mでイカの“触り”があり、仕掛けを止めて誘い上げてみるとイカの乗りが伝わって来た。追い乗りを狙ってから巻き上げに掛かるとクイッ、クイッ!と竿を絞り込む。上がって来たのは30cm前後のヤリイカが4尾。朝日に照らされて美味しそうに透き通っている。船内でもスルメイカとヤリイカが半々の割合で上がっている。私は次の投入で同じサイズのヤリイカ1尾を追加して移動の合図が出た。

初心者の女性も仲乗りさんの親切指導でヤリイカをキャッチ
ナギの海にヤリイカがあがる

1流しの距離は3km!?

この日は本当に潮が速かった。何しろ1流しで3kmもの大流しである。千倉沖から流し始めたかと思えば、移動の合図は乙浜港が見える距離である。「潮が速すぎて魚探(反応)に当てるも何もないよ」と船長は嘆いていたが、ポツポツながらイカは釣れてくる。私も最初の1流し目以降、空振りはなくスルメイカ、ヤリイカと交互に数を伸ばしていった。しかし、中層からの落とし込みには全く反応が無くなり、オモリ着底の瞬間にアタリが出る事が多くなった。その為、着底してすぐにアタリが無ければ10mほどタナを探り上げ、それでダメなら20m一気に電動リールで巻き上げて落とす、巻き落としで狙うと結構な確率でイカが乗った。あまりにも潮流が速すぎてイカも中層には浮いていられないのだろう。中盤までは下の方のツノに乗る事が多かった。潮上に船を回す時間はスルメイカの船上干し作りに費やす。快晴と北寄りの微風にも助けられ極上の船上干しが完成した。

透き通る美味しそうなヤリイカ

終盤にもうひと盛り上がり!

午前11時を過ぎた頃から僅かに潮流が緩んだ。と言っても、2ノットから1.6ノットになった程度で仕掛け投入時は相変わらず道糸が傾く。しかし、それまでと違っていたのは7本ヅノの一番上にまでイカが乗り出した事だ。イカが浮いてきている証拠でもある。すると、それまで単発だった乗りが多点掛けする様にもなって来た。私もここぞとばかりに追い乗りを狙い、5点掛けを達成。船縁で1尾を落としてしまってキャッチしたのは4尾のみだったが、その次の投入でも2尾、3尾、また4尾とヤリイカの数が増えて行く。沖上がり間際の盛り上がりとしては十分に楽しい時間を堪能する事が出来た。

“スルメとヤリ”

37尾で竿頭に!

あわよくばの“Xデー”とはならなかったが、この日のトップはスルメイカ10尾を含む37尾を釣った私で、船中の平均は20~30尾と速潮で釣りにくかった状況を考えれば“お土産”には十分な結果となった。

ヤリイカ頂きました!
“スルメ”の船上干しも頂きました!

食事処『松大丸』

白間津港から海岸通りを車で走る事5分。2年前に新装オープンした食事処『松大丸』がある。この日は「刺し身定食」、「煮付け定食」の2種類のメニューだが、内容の濃さに訪れる客の反応はすこぶるいい。実際にこの日釣ったヤリイカとスルメイカを料理してもらったのだが、どれも絶品!思わずご飯をお替りして食べてしまった。一度立ち寄ってみては如何だろう。釣り人なら嵌る事間違いなし!

お食事処『松大丸』 写真館

ヤリイカのソウメン

スルメイカのナメロウ(肝風味)

ヤリイカの姿煮

ヤリイカのゲソと肝の天プラ
おいしい菜を添えて

スルメイカのホイル焼き
味噌と肝仕立て

スルメイカの船上干し

絶賛営業中!

(津端 雄大)

今回利用した釣り船
千葉県千倉白間津『松大丸』
〒295-0027 千葉県南房総市千倉町白間津211
TEL:0470-43-8044(釣りの予約)
TEL:0470-43-1011(お食事処『松大丸』)
詳細情報(釣りビジョン)
松大丸ホームページ
出船データ
ヤリイカ予約乗合 ※集合時間は予約時に確認
料金:9,000円(氷付き)
時間:午前5時30分出船、正午沖上がり
1度の乗船で割引券を配布します(女性割引あり)
投入器無料貸し出し、貸し道具無料(電動リールのセットは2,000円)
※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。
プレミアムメンバー