釣りビジョン

大分県・米水津、人気フィールドでシーズン前の“秋磯”調査!

2022年09月26日公開

526_main

残暑の9月上旬、まだ本格的な“秋磯”シーズンにはほど遠い九州。グレ(メジナ)釣りシーズンまで我慢出来ずに出掛けたのは大分県佐伯市・米水津(よのうづ)。大会なども頻繁に行われるフィールドで魚影が濃く、魚種も豊富だ。だが、人気が故に簡単には餌を喰ってくれない。そんなグレの40cmアップを目標に頑張ってみた。

情報収集、事前準備が大切!

渡船を使っての沖磯釣りでは、気象情報(天気、風速、風向、海水温等)に最大限の注意を払わなければならない。1度磯に渡ってしまえば、船が来ない限りは、雨が降ろうが、風が吹こうが帰れないからだ。そのため、事前準備も大事になる。雨、風が強い予報なら撒き餌の硬さや、飛ばしやすい配合餌のセレクト等も必要になり、海水温が高く“餌盗り”が多い時には、撒き餌の量も多めに用意しなければならない。楽しく釣りをするためには、情報収集、事前準備はとても大事になる。

餌の準備
餌の準備

美味しい魚が次々と!

今回上がった磯は、鶴見半島の「カツアジロのハナ」。撒き餌を入れると、海水温はまだまだ高いのに“餌盗り”が全く見えない。若干不安になったが、1投目から刺し餌がなくなって一安心。撒き餌と刺し餌とのタイムラグを取っての2投目。すると、浅いタナでウキがスーと吸い込まれるアタリ。釣れて来たのは、未だ旬の40cm近いイサキ。美味しい“ゲスト”1魚種目だ。同じことを続けてみると、再び浅いタナでサイズダウンしたもののイサキ。しかし、その後もイサキ、カワハギは釣れるのだが“本命”のグレが全く見えない。やっぱり米水津のグレは簡単には喰ってくれない。
そこで“頭の休憩”を兼ねてルアー竿に持ち替えて“根魚”を狙ってみた。すると、1投目にアカハタ、2投目にはオオモンハタと高級魚が連発。美味しい“ゲスト”の連発に「色々な道具を準備しておいてよかったー」と思いながらも、やっぱりグレが釣りたい。
徐々に風が強くなり、遠投すると馴染ませにくくなったので、どんぐり型ウキの浮力を01から03に変更、馴染んだら撒き餌よりもちょっと早めに沈む設定に変更した。入りすぎないように道糸を張ったり緩めたりしながら、ウキが海面20cm下をキープしていると、1投目からバチバチと走るアタリでようやく33cmの“本命”グレが釣れて来た。しかし、後が続かず、再びイサキが入れ喰いになった。

期待の第1投目
期待の第1投目
「カツアジロのハナ」
「カツアジロのハナ」
イサキ連発
イサキ連発
今回の釣果
今回の釣果
頭がパンクしそう
頭がパンクしそう
 

価値ある1匹!!

午後から潮が変わった。この場所だと釣りにくかったので、ワンドのサラシの少々強めに出ている所へ移動。ここには“餌盗り”がウジャウジャ。しかし、その下にグレらしき魚体が見え出して来た。撒き餌をサラシの出ない所に“餌盗り”用として撒き、“本命”用はサラシに撒いた。仕掛けはサラシの先端に入れて馴染ませると、ウキがモゾモゾするアタリ。合わせた途端に重量感ある引き込みで上がって来たのは41cmのグレだった。悩み抜いて出会えた1匹、サイズ以上に嬉しい1匹となった。

価値ある1匹
価値ある1匹
午後から移動したポイント
午後から移動したポイント
重量感ある引きを耐えてる様子
重量感ある引きを耐えてる様子
休憩所
休憩所
かっこいい船
かっこいい船

施設等情報

■功明丸(コウメイマル)
〒876-1404 大分県佐伯市米水津大字小浦462-9
TEL:090-7169-5277 功明丸ホームページ

施設等関連情報

無料休憩所完備 無料駐車場あり
1名乗船6,000円、2名以上乗船5,000円
車:東九州自動車道佐伯ICから25分
※時間釣り料金などの詳細は公式ホームページを参照
     
※料金等は取材当時のものとなります。料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては各施設等にお問い合わせください。​

この記事を書いたライター

仲宗根 脩真
沖縄県出身で父が漁師をしているため小さい時から海に親しみがあり、時間があれば釣りをしていた。鹿児島の大学に進学し、そこで本格的にフカセ釣りを始め、九州でフカセ釣りがしたいがために鹿児島県に就職して8年。「釣研アンバサダー」として活動中。釣研FG支部大会「優勝」、クラブの大会で上位入賞を果たす。メーカー主催のビックトーナメント優勝を目指して日々「釣戦中」。
このライターの他の記事も読む

その他オススメ記事