オフショアマガジン
2012.6.15号

弥生丸・千葉県保田港
のんびりと船釣りを満喫!千葉県・内房保田沖のアジ

03_main.jpg
釣りに行く理由は人それぞれだが、「日頃の喧騒を忘れ、のんびりと竿を出したい」という向きにお勧めなのが、誰にでも手軽に釣れ、食べても美味いアジ釣り。沖釣り初心者入門の定番でもある。そのアジが内房保田沖で安定した釣果が上がっている。久し振りにのんびりとアジ釣りが楽みたくなり、6月5日、保田港『弥生丸』に出掛けた。

朝から40cm級の大アジが連発!

「どうぞ、水深60mです。下から6、7m巻いてください。」網代竜弥船長の投入合図でスタート。アミコマセを詰めた80号のプラビシを沈めると、着底は67m。2回程底ダチを取り直しタナ下3mからコマセを振って指示ダナで止めアタリを待つ。1回目は空振りだったが、2回目のタナ取りの直後にアタリが来た。ククッ!竿先にアジ特有の生命感が伝わる。しばし追い喰いを待ったが辛抱堪らずに電動リールのスイッチON。中速で巻き上げてくると目測40cm級の大アジが3本バリの先に1尾付いていた。「デカイ!それに美味そうだ!」。ほぼ同じタイミングで同行のスタッフにもアタリ。上がって来たのはやはり40cm級の大アジ。「うわぁ!美味そう!」と思わず頬が緩む。アジが喰い出せば意外と忙しい。1尾ずつではあるが40cm級のアジが入れ喰い状態。さらに“ぶっとい”大サバも交じってのんびり、まったりするつもりで船に乗ったはずが、休む暇のない釣れっぷりである。

大船長特製の手作り仕掛け
仕掛け図1
ラッキーな大サバ!

船上まかない飯はアジのタタキ丼

即席アジのタタキ
「深場に行きますよ」と網代船長からアナウンスがあり、やや南下した富浦沖の漁礁ポイントで再開となった。ここでのタナ取りは海面から。「水深80mです。上(海面)から73mでやって下さい」と指示が出された。私はタナ下2mまでコマセカゴを沈め、コマセを振り終えるとすぐにアタリが出た。この頃にはすでに10尾以上の大アジが足元の桶に泳いでいたのだが、釣れている時にはどうしても休めないのが釣り人の性。ここでも手返しを重ねて1尾、また1尾と数を伸ばして行く。だが、それでも腹の虫が騒ぎ出した頃に我に返った。「そうだ、タタキを作ろう!」。予め持参した包丁で釣ったばかりの大アジを捌き、小口切りにしたネギとチューブ生姜を混ぜ合わせる。それをザックリと叩いてごはんに乗せれば出来上がり。これに醤油を回しかけて一気に頬張る。この時ばかりはアジ釣りは中断。新緑が鮮やかな房総半島の景色を眺めながら至福のひと時である。普段はコンビニ弁当が船上食となるのだが、やはり一味も二味も違う贅沢な“まかない飯”だった。

“ハモノ”狙いに大きなアタリ!

実はタタキを作る前に、“ハモノ”狙い用の竿を出していた。『弥生丸』では釣り人の少ない日に限りハモノ狙いがOKになる。この日も船長に断りを入れると快く許可してくれた。そこで10号2尋(約3m)のハリスにヒラマサバリの12号を結び、餌に丁度いいサイズのアジを背掛けにして投入。タナはアジと同じく75m。海底から5mの所を泳がせていた。アジのタタキ丼で満腹になった頃、置き竿のまま放置していた“ハモノ竿”がギュンと入った。慌てて竿を手に持ち喰い込みを待つ。10秒、15秒…“青物”ならもう掛かっていてもおかしくない。だが次の強烈な引きがなかなか伝わって来ない。この“間”が活き餌の泳がせ釣りならではの独特の緊張感である。次第に大きくなる竿先の動きに意を決し、大合わせをくれると気持ちの良い重量感が伝わって来た。ポンピングを交じえて手巻きで魚の引きを堪能すると、時折大きく竿を曲げて抵抗してくる。「魚の正体は何だろう?」。引き方から想像するとサメではなさそうだ。「ここはマダイがいるんですよ」。そう言って網代船長もヤリトリを見守っている。マダイ特有の“三段引き”は無かったので「タイではないかも…」。そんな会話をしながら道糸は残り5mまで来た。その時だった。フッと竿の曲がりが戻り生命感が消えた。「うわぁ~!バレた!」。思わず天を仰いでしまった。回収したハリスの先はザラザラになっていた。おそらく歯のある魚だろう。大して期待していたわけではなかったのだが、姿だけでも見たかった。結局、この後もう1度アタリが来て今度はサメ。明らかに1度目と引きが違っていた。

“本命”のアジは16~19尾。

この日は40cm級の大アジが多数で16~19尾の釣果。絶品のアジ・タタキ丼も堪能出来て、結果的にのんびりとアジ釣りを楽しむ事が出来た。やはり船上で食べるアジは最高に美味かった。
『弥生丸』のアジ釣りは年間を通しての釣り物で、いつでもあの美味しいアジを釣る事が出来る。また、釣り人が多い時や、釣り物が異なる場合は“歌う船長”としてもお馴染みの網代やすお大船長が舵を握り、2隻体制で出船する。これから夏休みにかけて午後に出船するファミリーフィッシングも大人気。たまにはのんびり過ごしたい。そんな時は迷わず内房のアジ釣りに行こう!

(津端 雄大)
(カメラ・兵頭 誠司)

今回利用した釣り船
千葉県保田港『弥生丸』
〒299-1909 千葉県安房郡鋸南町大六79
TEL:0470-55-0747
詳細情報(釣りビジョン)
弥生丸ホームページ
出船データ
アジ予約乗合 コマセ・餌・氷付き8,500円
集合 午前5時30分 出船 午前6時 沖上がり 午後1時

〔告知〕
今年もやります!夏休みファミリー乗合船
~明るい子供達の歓声と笑顔に出会いたくて~
(期間)7月21日(土)~8月31日(金)まで
(釣り物)アジ・イサキ・サバ・クロムツ・オキメバル・カサゴ他
(料金)大人5,000円 コマセ・餌・氷付き5,000円 ※高校生以上、女性も含む
子供3,000円 コマセ・餌・氷付き3,000円 ※小・中学生まで、小学生未満は無料
(出船時間)午前船 8時~12時、午後船 13時半~17時半
※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。
プレミアムメンバー