釣りビジョン

宮崎県 延岡市 島野浦 沖磯 3年振りの『第8回ノベスタ・グレ釣り選手権』に初参戦!

2022年11月04日公開

563_main

グレ(メジナ)釣りシーズン開幕。そして早速行なわれた「第8回ノベスタ・グレ釣り選手権」。今回は、日本一グレ釣りが難しいと言われている宮崎県延岡市・島野浦で、3年振りの開催となった。大会のレギュレーションは25cm以上のグレ(メジナ)を5匹までの総重量。1匹大物賞。私はリミット5匹を揃えて3000g以上を釣ることを目標に、いざ“釣戦”!

期待膨らむ初の参戦!

今年、「ノベスタ・グレ釣り選手権」に初参戦した。会場に着くとスタッフが、この後の流れなどを説明してくれた。早速、受け付けを済ませ、瀬に乗る順番を決めるクジ引き。私は22番目の渡礁順位となった。「いい場所に当たりますように」と神頼みをしながら、釣り道具を船に積み込んで渡礁開始。
場所は島野浦港近くのワンドになっているような所。「ビミョーだな…」と思いながらも、どこであれ決められた場所で最高のパフォーマンスをする。これも大会の難しさ、そして楽しさの一つだろう。3人で渡礁して、渡礁後にはジャンケンで場所決めて、いよいよ釣り開始。

船に乗り込む
船に乗り込む
いよいよ釣り開始
いよいよ釣り開始

サイズはいまいち

期待を込めて第1投。約1分経過して回収、餌丸残り。撒き餌をしていないから仕方ないと思いながら、オキアミを1握り素撒きすると2投目はベラだった。3投目は撒き餌をしっかり撒き、結果は“マイクロ木っ端グレ”。「やばい」。これは自分の苦手な展開になるのではないかと心配になって来た。4投目の撒き餌からは、仕掛けを5m程撒き餌からずらしても“マイクロ木っ端グレ”。
そこで、竿2、3本の手前の釣りやい場所は諦めて、沖に大遠投し、遠投の釣りに切り替えた。すると、早速1投目にキーパーサイズギリギリのグレをようやくGET。取り敢えずリミットの5匹を揃えるために、同じ釣り方で再トライしようとしたが、先程の潮とは変わっている。取り敢えず釣れた方法でやってみたが、上潮に流されて仕掛けが馴染まずやっぱり釣れない。
「潮がコロコロ変わる」。これが島野浦の難しさなのかと思いながら、仕掛けの調整。オモリのG6をウキ下20cmに打って再開する。すると仕掛けがうまく馴染み、27cmを追加した。その後も、コロコロ変わる潮にどうにか対応し、“餌盗り”なども釣りながら、25~28cmのグレを追加して5匹揃えることが出来た。

“マイクロ木っ端グレ”
“マイクロ木っ端グレ”
25~28cmリミットは達成
25~28cmリミットは達成
 

サイズアップを狙ったが…

サイズアップを図るため、ウキをどんぐりウキ01から2Bに変更する。深い所、底のストラクチャーにいる魚を釣るイメージで、竿1本半からゆっくりウキごと入っていくような仕掛けにすると、1投目からバチバチとアタリがあったが、対応できずラインブレイク。再び同じ釣り方にすると、今度はラインがモゾモゾと変な動き、ラインを張ってみると、これもバチバチと強烈なアタリ。しかし、これまた対応出来ずラインブレイク。
「次こそ取ってやる」と意気込み、ハリスを2号に換えて、ハリも6号に変更。3投目もバチバチとひったくるアタリが来た。今度は強気なやり取りで上がってきたのは、残念ながらイスズミだった。この後も攻めてみたが、完全に潮が変わって釣れなくなり、タイムアップの時間になった。目標の3000gにも届かず、結果も20位前後だった。

今回の“餌盗り”フエフキ
今回の“餌盗り”フエフキ
良い型のグレだと思ったらイスズミだった
良い型のグレだと思ったらイスズミだった
ただいま検量中
ただいま検量中
いっしょに渡礁した飯沼選手
いっしょに渡礁した飯沼選手

ノベスタ・グレ釣り選手権は凄い!

今回の初の「ノベスタ・グレ釣り選手権」に出場させて貰った。とても、アットホームな大会で、初心者からトーナメンター、老若男女を問わずに楽しむことが出来る。「このような大会が多くあったらいいのに…」と思った。
また、参加賞も豪華で、参加者全員に何かしらの景品があり、釣りしている時は真剣だが、陸に上がると和気あいあいと楽しく、素晴らしい大会。来年も出場したい大会の一つになった。皆さん、来年は一緒に出場しましょう!

優勝した寺原選手
優勝した寺原選手
表彰式
表彰式
大会の様子
大会の様子
景品GET
景品GET

施設等情報

■大黒丸(ダイコクマル)
〒882-0095 宮崎県延岡市浦城町24-22
TEL:0982-43-0446

■琴姫丸(コトヒメマル)
〒882-0095 宮崎県延岡市浦城町24番地
TEL:090-2514-1404

施設等関連情報

無料休憩所完備 無料駐車場あり
昼釣り4,500円 半夜釣り5,000円 夜釣り5,500円
     
※料金等は取材当時のものとなります。料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては各施設等にお問い合わせください。

この記事を書いたライター

仲宗根 脩真
沖縄県出身で父が漁師をしているため小さい時から海に親しみがあり、時間があれば釣りをしていた。鹿児島の大学に進学し、そこで本格的にフカセ釣りを始め、九州でフカセ釣りがしたいがために鹿児島県に就職して8年。「釣研アンバサダー」として活動中。釣研FG支部大会「優勝」、クラブの大会で上位入賞を果たす。メーカー主催のビックトーナメント優勝を目指して日々「釣戦中」。
このライターの他の記事も読む

その他オススメ記事