釣りビジョン

琵琶湖の宝石は、解禁直後ならボコボコなのか?【ビワマス】

2022年12月07日公開

613_main

「琵琶湖の宝石」とは、琵琶湖だけに生息するビワマスの異名。12月1日に解禁されたビワマス釣り。去年のこの時期にビワマス釣りに入門したこの哀れな語り部(←筆者のことです)。あの頃はまあまあ苦戦続きだったが、今年は違う!?(執筆:望月俊典)

ビワマスシーズンのスタートダッシュを決められるか!?

12月1日、沖島東側の航行規制エリアの解禁を狙った釣行記事を先日寄稿したこの哀れな語り部(小バスしか釣れなかった)。同じ日に解禁されていたビワマスを12月5日に狙うことにした。

以前の記事でもビワマス釣りのルールについて書いたが、その期間などにについてだけちょっと触れておこう。個人所有のボートやレンタルボートで釣りをする「プレジャーボート使用者」は琵琶湖海区漁業調整委員会の承認が必要になる。釣りができる期間は12月1日~6月30日だ。その他、タックルや仕掛けなどの詳しい話は前回のビワマス釣行記を参照してほしい。
『滋賀県・琵琶湖のど真ん中でビワマスを追え!』

今回もレンタルボートひさの屋のご主人、立田猛さんと一緒に湖西から琵琶湖の沖へと小船を出した。

真野浜を出発し、琵琶湖のど真ん中へとボートを走らせる我々
真野浜を出発し、琵琶湖のど真ん中へとボートを走らせる我々
今回は猛さんが新たに導入したGPS付きエレキでトローリングをすることにしたのだが、これが素晴らしかった。船外機と違って勝手に真っ直ぐ進んでくれるし、魚がかかっても操船しながらファイトをする必要がなくなった
今回は猛さんが新たに導入したGPS付きエレキでトローリングをすることにしたのだが、これが素晴らしかった。船外機と違って勝手に真っ直ぐ進んでくれるし、魚がかかっても操船しながらファイトをする必要がなくなった
流し始めてすぐに猛さんのトロールウェイトタックルにヒット!
流し始めてすぐに猛さんのトロールウェイトタックルにヒット!
序盤に猛さんが釣ったビワマス。キーパーサイズだが余裕のリリース
序盤に猛さんが釣ったビワマス。キーパーサイズだが余裕のリリース

猛さんが58cmの大物をキャッチ。結局、10対1の大差がついた

8時40分ごろにひさの屋をスタートし、9時半ごろにはすでに猛さんは3匹のビワマスをキャッチしていた。同じ時期にビワマス釣りを始めた猛さんだが、すでにポイントや流し方など方法論を確立しつつある。その間、語り部はウグイ1匹しか釣れていない。

猛「同じような仕掛けでやってるのに何が違うんかな…?」

猛さんはそういうが…その後、どんどんと差が広がっていく。そして…。

猛「これは…今までにない引きや!」

11時40分にはついに58cm、1920gの超大物までもキャッチ! 去年のシーズンは冬の時期に大物はなかなか釣れなかったが、今年は違う? その後、この哀れな語り部もなんとか1匹(しかしそれが50cmアップだった!)釣り上げることに成功。

結局、15時の納竿時までに猛さんは10匹のビワマスをキャッチ。対して語り部は1匹のみ(ウグイは3匹釣ったぞ)。もし、語り部ひとりの釣行だったら「やっぱり解禁直後といえどこの時期は厳しいですね」…などと書いていたに違いないのだ。猛さんと語り部の差はなんだったのか…というテーマでいずれ記事化できたらと勝手に思う。

ともあれ、解禁直後はやっぱり釣れる…のかもしれない。

哀れな語り部にはウグイが優しくしてくれた。しかし、なにか掛かる度に130mくらい仕掛けを巻き上げるのでガッカリ感も重い
哀れな語り部にはウグイが優しくしてくれた。しかし、なにか掛かる度に130mくらい仕掛けを巻き上げるのでガッカリ感も重い
快調に釣り続ける猛さん。秘密はなんだろうか?
快調に釣り続ける猛さん。秘密はなんだろうか?
そしてついに、特大のビワマス(58cm、1,920g)をキャッチ成功。合わせた直後からかつてない強い引きだったという
そしてついに、特大のビワマス(58cm、1,920g)をキャッチ成功。合わせた直後からかつてない強い引きだったという
語り部はアタリの少なさに苦しみながらも、最後は50cmアップの恩恵に預かった
語り部はアタリの少なさに苦しみながらも、最後は50cmアップの恩恵に預かった
昼メシはカップ麺。この時期はアウトドア湯沸器が最高の仕事をする
昼メシはカップ麺。この時期はアウトドア湯沸器が最高の仕事をする
大物だけ持ち帰り、あとは湖に帰ってもらった。大きくなってまた会おう
大物だけ持ち帰り、あとは湖に帰ってもらった。大きくなってまた会おう
主なヒットルアーは、MIU(フォレスト)の3.5g。アワビ張りが私も猛さんもお気に入り
主なヒットルアーは、MIU(フォレスト)の3.5g。アワビ張りが私も猛さんもお気に入り
 

施設等情報

レンタルボートひさの屋
〒520-0525 滋賀県大津市小野306-89 
TEL:077-594-3288 レンタルボートひさの屋ホームページ

施設等関連情報

営業時間 日の出~17:00(夏季)、日の出~16:00(冬季)
レンタルボート代金:1人乗り7000円(9.8馬力)、8500円(20馬力)。2人乗り8800円(9.8馬力)、11000円(20馬力)、3人乗り13200円(20馬力)
公共交通機関:JR湖西線 小野駅下車 徒歩約17分
車:湖西道路 真野IC下車 約6分
     
※料金等は取材当時のものとなります。料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては各施設等にお問い合わせください。

この記事を書いたライター

望月 俊典
千葉県九十九里町生まれ。雑誌『Rod and Reel』副編集長を経て、フリーランスの編集/ライターとなる。海外の秘境釣行も大好きで、『世界の怪魚釣りマガジン』の立ち上げ&制作を手掛けた。現在は、琵琶湖事務所で仕事や釣りにいそしむ。著作は『バスルアー図鑑』(つり人社)。ちなみに、学生時代に、ネッシー(といわれているであろう現象)を目撃&撮影したことがある。
このライターの他の記事も読む

その他オススメ記事