オフショアマガジン
2013.6.15号

春盛丸・神奈川県長井漆山港
早くも盛期、相模湾・長井沖のスルメイカ

03_main.jpg
風薫る季節は一時。鬱陶しい時期の到来だ。そんな中でも、それなりの楽しみ方はあるもの。盛夏が旬とばかり思っていたスルメイカが早くも好調と聞いて、長井漆山港『春盛丸』に出掛けた。『春盛丸』には、レジェンド(伝説)のイカ専門釣り師が何人かいる、と聞いたことがある。もしかしたら会えるかも。そんな期待を胸に6月1日出掛けた。

港で受付け 希望する座席札を裏返す

出船時刻の1時間前の午前5時に到着。船着き場の手前で女将さんの沼田典子さんが受け付けしている。座席位置を示す「船形」は既に12枚裏返しになっていた。私も左舷胴の間(中間)の札を裏返す。ここで今年の正月、ヤリイカ釣りで一緒だった前田涼君と再会。今は中学2年生、すっかり青年の顔つきに変わっていた。嬉しい再会に気を良くしていると、船が桟橋に横付けされて準備開始。船は沼田孝章船長の操船で定刻通りに出船した。

看板の後ろ側を右折すると船着き場
赤い札を裏返して座席確保
船が桟橋に着いて準備開始

長井沖、水深110mで開始

船は、前日好釣果(51~64尾)だった長井沖を目指す。船上でも、正月に一緒した釣り人に出合う。左舷ミヨシ(船首)に着座した大塚さんだ。サングラス姿のため気付かなかったが、声を掛けてくれた。これまた嬉しい再会だ。そうこうしている間に釣り場に到着。「やって下さい。水深110m、タナは80mから底まで」とのアナウンス。全員、期待を込めて仕掛けを投入する。

船宿仕掛けはシンプルな18cm×5本ヅノ(右)
仕掛け図
右ミヨシ2番、椎貝さんの18cm直結仕掛け

大ドモ(船尾)の2人が絶好調!

早速、左舷大ドモ(船尾)の鈴木さんから「乗ったよ」の声。直結仕掛けで3尾が取り込まれた。2投目は反対側大ドモの坂田さんの竿が大きく撓った。潮を噴き上げて9尾のイカが取り込まれた。1投9尾は今までの私の記憶にはない。しかし、これはまだ序章に過ぎなかった。次の流しで“伝説”が起こるのだ。

驚きの“水鉄砲11連射”

電動リールのスイッチを入れた坂田さんが、私の方を振り向いて「沢山付いてるよ」と教えてくれた。「近日上映!」の予告みたいだ。上がってくるイカが次々と水鉄砲を噴き上げる。実にその数11連射。バケツの中はイカ墨で何も見えない。船が移動する間に手早く捌いて「船上干し」にしていく。沖漬けにもするが、用意して来た容器は直ぐに一杯になってしまった。

1投目から鈴木さん3尾掛け
“干し場”が次々と埋まって行く
[動画]ノリノリの!スルメイカ釣り

ビギナー全員もイカと“ご対面”

「今日は我が家で反省会だ」と市川さん
右舷胴の間に座った4人、全員がイカ釣り初挑戦だ。「3年前に職場で計画が持ち上がり、やっと実現にたどり着いた」と市川さん。電動リールの操作、仕掛けの回収、取り込みなどを船長付きっきりで教わる。そのお陰で全員がイカとの“ご対面”を果たせた。4人で計22尾を釣り上げ帰港後、全員ワンボックスカーに乗り込み市川さん宅に直行して行った。

記念すべき初イカ 増井さん
初めてで7尾は立派 小田島(こだしま)さん
ワカサギは経験あるけど… 山本さん

前、後ろ、“二階”にまで咲き乱れる “船上干し”

左舷胴の間に座った前田涼君は、最近では珍しい手釣りでのスタート。しかし、道糸が太い分オマツリし易く「迷惑掛けるといけないから」とすぐに竿釣りに変えてしまった。手釣りの技は次の機会に拝見させて頂こう。気付くと、前も後ろも“二階”も“船上干し”が咲き乱れる。最終結果はムギイカ交じりで2~64尾。釣果も“レジェンド”との出会いも当初の期待通りだった。長井沖のスルメイカは早くも最盛期突入の様相だ。

途中でブランコ仕掛けに 社本(しゃもと)さん
釣ったそばから『船上干し』 前田君
船首側もイカ・イカ・イカ…

船尾側もイカの行列 後ろが坂田さん
“二階”にまで進出(北川さん)
活きたままを“沖漬け”に (大塚さん)

相模湾はすっかり夏模様
梅雨の晴れ間に咲く
初心者にも優しい沼田孝章船長

(釣りビジョンAPC・谷口 晴治)

今回利用した釣り船
神奈川県長井漆山港『春盛丸』
〒238‐0316
神奈川県横須賀市長井6-9-36
※カーナビ入力は横須賀市長井6-3-13
TEL:046-856-1548
詳細情報(釣りビジョン)
春盛丸ホームページ
出船データ
スルメイカ予約乗合
料金8500円(※女性は1,000円引き。子供割引あり)
受付:午前5時30分までに
出船:午前6時
沖上がり:午後1時
電源・投入器完備、氷無料
プレミアムメンバー