オフショアマガジン
2013.6.15号

三好丸・静岡県伊東
静岡県・伊東沖で旬の“梅雨イサキ”を狙う!

04_main.jpg
6月上旬、静岡県・伊東沖のイサキが“抱卵シーズン”に入ったとの情報をキャッチ。伊東港『三好丸』三好研吾船長に状況を聞くと、「確かに抱卵している魚が増えて来ていますね。40cm近い黄色い三本線が消えた良型も出ていますし、雄は白子もタップリですよ」と脂の乗った旬の“梅雨イサキ”を連想させる言葉に舌なめずり。10日、今年初のイサキ釣りに『三好丸』へ出掛けた。

なぜ伊東沖でイサキを釣るのか?

伊豆半島の東側中間に位置する伊東港。同港から行けるイサキの釣り場は、港の前に見える“初島”から“富戸沖”と好釣り場として知られた場所ばかり。しかし、伊東港の船長達は皆口を揃えて「伊東沖周辺を中心に攻める」と言う。その理由は、「伊東沖のイサキは良型が多く、脂が乗って旨いから」とのこと。前日入りしていたので帰港時、釣ったイサキを見せて貰った。確かにデカイ!厚さ、体高ともに申し分ない。

「三好丸」
三好研吾船長
レンタルタックル一式

午前4時15分集合、7人が乗船

午前4時、「三好丸」船着き場前に到着すると、続々と釣り人の車が横に並んだ。そして、船長の軽自動車が到着。乗船名簿を書いて氷を受け取り、呼ばれた順番に乗り込んでいく。前回イサキ狙いで出船した8日(前々日)の釣果は竿頭34尾、取材当日も期待は高まる。しかし、空からは午後から降る予報だった嫌~な雨がポツポツと顔に当たり始めた。午前4時40分河岸払い。港を出た船は、初島を左手に見ながら伊豆半島沿いを南下して行く。滑走していく船が作る波の中からトビウオが飛び出し、20m以上の飛行をして釣り人達の目を楽しませてくれる。降っていた雨は少しずつ弱まり、釣り場に着いた頃には止んでいた。

出船前の風景
手石島周辺も好釣り場だ!

仕掛けは全長6m、3本バリが基準

仕掛け図
『三好丸』のお勧め仕掛けはフロロ3号6m、3本バリ。ハリは丸セイゴ12号かチヌ4号。枝スも3号なので、自作する人は3号のハリスとハリ&スナップだけ購入すれば何組か作れる。イサキ釣りで3号と聞くと、少し太い印象を受けるのだが、6月現在、1kg級のソウダガツオや良型のメジナ、ニザダイ、ウマヅラも交じるのでハリス切れ防止でその太さが必要との事。仕掛けを持っていない人や、作るのが面倒な人は、船上でも船長手造り仕掛け※全長4.5m2本バリ(1組300円=ビギナー向き)を購入出来る。ハリスが短いため、船長の指示ダナより1.5m下が狙いダナとなるが、手前マツリが少なくなり、初心者にとっては手返しも良くなるのでお勧めだ。

付け餌&コマセ付
餌取りが多いので付け餌はまめにチェックしよう
このサイズのソウダが交じる

1投目から3人が同時ヒット!置き竿で連発!

午前5時過ぎ、魚群探知機を覗くと、漁礁の上に真っ赤な反応が出ている。「一昨日よりも良い反応ですね。はい、やっていいですよ~。21m」と、船長からすぐに合図が出た。水深は31mなので底からタナまで距離がある。『三好丸』では、コマセを撒いてきて最後にコマセカゴを止める水深=指示ダナをアナウンスする。そのためラインを見て確認し、指示ダナ+5mからコマセを1m刻みで撒き、指示ダナでアタリを待つ。これがオーソドックスな釣り方となる。コマセカゴはサニービシMかL。クッションゴムはφ2mm30~50cmを使用する。すると、右舷胴の間(中央)に座る宮崎昇さんの竿先にクンクンと明確なアタリ。少しずつ上げ、追い喰いを待つが乗ってこない。そのまま巻き上げ開始、海面下には茶色い体高のある30cm級の“本命”が浮上した。グッドサイズ!伊東沖の“梅雨イサキ”のお目見えである。その魚を皮切りに右舷胴の間、左舷大ドモ(船尾)でも同サイズが上がった。幸先の良いスタートだ。

コマセカゴはMかLを使用
ファーストヒットからグッドサイズ!
左舷でも同サイズ!

カケ上がり付近に出た反応
取り込みは慎重に!
こちらもグッドサイズ

トゴットメバルが釣れたらタナが低い!?

その流しで、宮崎さんは3連チャン。同サイズを3尾ゲット。しかし、ミヨシ(船首)側の釣り人2人が沈黙…何回か流しを変えて、登場したのはトゴットメバルが3本バリにパーフェクト。今度は右舷でも同じくダブル。これはこれで釣り人的には嬉しいのだが、それを見た船長がアドバイス。「メバルが釣れるって事はタナが低いって事ですからね。ここに来てまだ釣れていない人は自分のやっているタナを疑って下さいね。カウンターとかは間違っていることがありますからね。ちゃんと道糸を見て下さいね」。今度は一気に100m以上のドン深へ落ちるカケ上がりのポイントへ移動。27mで反応が出る。すると、今度は左舷大ドモの竿がグッと入った。小型だが“本命”のトリプル!そして、宮崎さんの竿にもアタリ。今度は追い食いに成功したようだ。35、30cm級のダブルで船内が湧いた。

トゴットメバルのダブル!
ダブル!
35cm級!

1投目でフォール時にヒット!30cm超えゲット!

この日、潮は全く流れていなかった。そのため船を風に立て、船長は前へ前へと船を前進させ、置き竿にしている釣り人の仕掛けをコマセに乗せていくが、8時過ぎから餌取りも増え、“本命”のアタリは遠退いてしまった。残り約1時間から私も竿を出した。船上で購入した4.5m2本バリを使用、指示ダナは26mだが、仕掛けが1.5m短いため32.5mまで沈めて、約1m刻みに誘い上げ、27.5mでアタリを待った。しかし、アタリは無い。もう1度落とし直して誘い上げようとクラッチを切ったその時だった。竿先がクンとアタリを捉えた。そう、フォール中に乗ったのだ。落としている最中だから「ひょっとしたらソウダかな」と思ったが、一応クラッチを戻して合わせを入れる。すると、グン、グングン。と下へ軽い突っ込みを見せた。「“本命”だ!」と思いゆっくり慎重に上げて来る。海面にはなんと1投目から30cm級の茶色い体高・厚み申し分のないイサキが姿を見せた。思わず、ニンマリ記念撮影(笑)。

嬉しい“本命”をゲット!
活性が上がってきたね!
沖上がり間際のダブル!

伊東沖のイサキ釣りは7月末まで

その後、私の竿には良型ウマヅラ、小型の“本命”も掛かり、沖上がりの11時を迎えた。この日は終日潮が流れず、竿頭は宮崎昇さんでイサキ12尾、メバル2尾、ウマヅラ3尾と釣果的には厳しかったが、日並さえ良ければ30、40尾超えもまだまだ十分期待出来る。「間違いなく今の時期は旨い」と船長が太鼓判を押す“梅雨イサキ”。帰って刺し身にしたイサキは脂の乗りも良く、醤油にはホワッと脂が浮いた。『三好丸』はイサキ釣りなら1人からでも出船可能。伊東沖の“梅雨イサキ”は7月末まで楽しめる。

嬉しいウメイロ♪
良型のウマヅラも定番のゲスト
身の表面には白く脂が光る☆

(吉田 洋一郎)

今回利用した釣り船
静岡県伊東『三好丸』
〒414-0043
静岡県伊東市新井1-16-48
TEL:0557-37-1152
詳細情報(釣りビジョン)
出船データ
(料金)
イサキ船=10,000円(コマセ・餌・氷付)
午前船:午前4時15分集合、午前11時帰港
午後船:午後0時半集合、午後5時半帰港
※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。
プレミアムメンバー