オフショアマガジン
2013.12.1号

新明丸・神奈川県鶴見
東京湾のスミイカ、700g超級交じり出し“本番”突入!

03_main.jpg
“立冬(11/7)”を契機に日本列島は一気に寒くなった。釣りの世界もいよいよ“冬物”の登場である。数ある“冬物”の一角を占めるのがスミイカ釣り。東京湾のスミイカ釣りは、例年10月から3月までのロングランとなる。今回訪れた横浜・鶴見『新明丸』は、東京湾内の四季折々の釣り物を提供してくれる老舗の船宿だ。今シーズンのスミイカ釣りや如何にと、11月19日(火)に出掛けた。

「潮温低下の真最中だから難しいかも…」

『新明丸』は、横浜市鶴見区を流れる鶴見川に架かる潮見橋の袂にある。京浜急行・鶴見駅から徒歩で僅か5分。首都圏から至極便利な船宿のひとつだ。スミイカ船の出船は午前7時30分。7時前に到着すると、「スミイカ釣りは潮温の安定が重要。現在は潮温低下の真最中。下がり切ってしまえば釣果も安定するけど、今の時期、チョット難しいかも知れないよ」と言いながら新明利勝船長が迎えてくれた。

潮見橋(背中側に店舗がある)
左奥が潮見橋 右側が東京湾
潮見橋は河口から1㎞地点

東京湾に出ると一気に広がる視界

当日は、ウィークデーとあって釣り人は5人。私は空いている右舷ミヨシ(船首)に座った。船は新明利勝船長の操船で定刻どおり出船した。河口までは約1km。臨港鶴見川橋を過ぎると船は速度を上げる。鶴見つばさ橋を潜れば東京湾、一気に視界が広がった。
眩しい日光を受けて、左奥に“海ほたる”、正面に製鉄所の煙突、右手前にベイブリッジから赤白模様のクレーン群。その奥に丹沢山塊と富士山も。冬ならではの景色を楽しみながら15分程走って、釣り場の“中ノ瀬”に到着した。エンジンがスローダウンして期待の第1投だ。水深は20m。

私が付けたスッテ
船宿仕様のテンヤ(ハリ先の防護チューブは外す)
シャコの尾羽を三角に切り竹ヒゴを差して固定

15年ぶりの懐かしい感触 2尾目はスッテに

今回は、釣友の榎本裕一さん(川崎市)が、取材の手伝いに駆け付けてくれた。撮影は彼にお願いして早速、餌の活シャコをテンヤに付けた。船長からは「スッテは付けても付けなくても…」と聞いたが、欲張りだから付けた。スミイカ釣りは実に15年振り。仕掛けが着底後8~10秒毎に鋭くシャクる。その昔、先輩から、シャクった後は、「ゆっくり仕掛けを下ろす」、「着底中は仕掛けを動かさない」と教わったのを思い出す。すると5分程して、シャクった竿が“ガシッ”と止められた。懐かしい感触が蘇る。釣れて来たのは小型ながらも嬉しい初スミイカ。2尾目はスッテに掛かって来た。

5尾までは順調!「この調子なら竿頭も…」

始めて1時間程で3尾をゲット。榎本さんに聞くと、左舷側では2尾上げた釣り人が居るとのこと。船長は30分程でポイント移動を繰り返す。「ハイ、上げて下さい」。船長の声を聞いて巻き上げるとイカが乗っていた。超ラッキーな4尾目を確保。5尾目も直ぐに来た。この調子なら“ツ抜け”(2桁釣果)は勿論、年に1回有るか無いかの竿頭も…と思った、この時は。

この日竿頭になった左舷の釣り人
スミを吐かれて及び腰の大崎さん
500g級の1尾 根本さん
スッテにも乗った
小さなマルイカでもアタリは判る
仕掛け図
[動画]ガツンとのせる!スミイカ釣り
[動画]釣れたスミイカを捌こう!

逃げたイカが「回覧板」?? 長いトンネルに突入

しかし、問題は6尾目だった。海面まで5mのところバラしてしまった。逃げたイカが、仲間に注意喚起の「回覧板」を回したのか??ここから長いトンネルに突入。この日は11時40分が干潮のピーク。潮止まりと同時にアタリが遠のいてしまった。

安全第一、強風で無念の早上がり

正午を回って南西風が一段と強くなって来た。“ウサギ”が“ヒツジ”に変身。舳先に当たった波飛沫に虹が出るようになった。船長から「第2海堡で風速18m。あと30分程で上がりましょう」とアナウンス。全員が風を背に足を前後に開いて踏ん張る。私も何とか2尾を追加した。最後の最後に右舷大トモ(船尾)の大崎優さん(川崎市)も1尾追加した。上げ潮が動き始めたらしい。しかし、安全には代えられない。13時30分無念の早上がりとなった。最終結果は3~10尾。私は7尾でやはり竿頭は持ち越しとなった。

強風で竿を真横に出せなくなる
富士山も午前中被っていた傘雲が吹き飛ばされる

潮温が安定するこれからがベストシーズン

新明利勝船長
スミイカ釣りの醍醐味は、シャクった竿が“ガシッ”と止められる感触にある。1度味わうと病みつきになる。左舷トモの根本輝さん(横浜市緑区)も、それに魅せられ毎週通って来るとか。スミイカは、ひと潮毎に大きくなる。例年、師走の声が聞かれるようになると、700g超級が交じるようになる。“型狙い”の御仁にはこれからが本番だ。竿が止められても決して“根がかり”と間違えないように。潮温が安定すればいよいよベストシーズ突入だ。

(釣りビジョンAPC・谷口 晴治)
(カメラ・榎本 裕一)

今回利用した釣り船
神奈川県鶴見『新明丸』
〒230-0051
神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央5-13-24
TEL:045-501-2081(定休日:毎週木曜日)
詳細情報(釣りビジョン)
新明丸ホームページ
出船データ
料金:9,000円(女性・中学生以下半額) 
出船時間:7時30分 沖上がり:15時00分
※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。
プレミアムメンバー