『キンメダイ』記事一覧

『キンメダイ』記事一覧

太郎丸・神奈川県小坪港

2021年5月1日

04_main

東京湾口の深場釣りで“高級魚”がオンパレード!!

今回は、東京湾口で深場釣り。神奈川県・小坪港『太郎丸』から出船しているキンメダイ&ムツ釣りをレポート。高級魚・キンメダイの他にも、クロムツ、アカムツ等もヒットして楽しい“高級五目”釣り。一見深場でハリ数が多いと難しく考えがちだが、『太郎丸』では貸し道具、仕掛けも揃っており、高橋良至船長が親切にアドバイスしてくれるので初めての人でも安心してチャレンジ出来る。

番匠高宮丸・静岡県下田須崎港

2020年12月15日

03_main.jpg

伊豆・新島沖のキンメダイ絶好調!!

水深300~500mの深海を狙う伊豆・新島沖のキンメダイ釣り、1kgオーバーの良型も多く、時にはトップ20~30匹の大釣りも。丸々太った“新島キンメ”は脂乗り乗りの絶品だ。GoToトラベル・地域共通クーポンも利用可能な静岡県・下田須崎港『番匠高宮丸』から出船した。

番匠高宮丸・静岡県下田須崎港

2019年5月1日

03_main.jpg

大興奮!下田須崎港発のキンメダイ!只今絶好調で大型連発!!

キンメダイと言えば、真っ赤な魚体と大きな目が特徴の深海に住む高級魚の代名詞。魅力的な釣り物ではあるが、大掛かりな道具やハリ数の多い仕掛けなど敷居が高いイメージが有る。しかし、静岡県・下田須崎港『番匠高宮丸』では、道具から仕掛けまでがセットで用意されているプランも有り、誰にでも高級魚を狙う事が出来る。

南伊豆忠兵衛丸・静岡県南伊豆手石港

2019年1月15日

05_main.jpg

伊豆・新島沖の“激うまキンメダイ”ディープ・ジギングに挑戦!

伊豆・新島沖と言えば、何と言ってもキンメダイ釣りだ。起伏の激しい海底地形に速い潮がぶつかり複雑な潮流が生まれる。ここで釣れるキンメダイは超美味い!この“激うまキンメダイ”をルアーで狙う予約乗合遠征船が、静岡県・南伊豆手石港『南伊豆忠兵衛丸』から出るという。生まれて初めての“深海ジギング”に挑戦した。

番匠高宮丸・静岡県下田須崎港

2017年5月15日

05_main.jpg

伊豆大島沖でキンメダイ竿頭38匹!平均30匹の大爆釣!

静岡県・下田須崎港の『番匠高宮丸』では通常、新島沖の“ブランドキンメ”狙いで出船しているが、地元漁協が休み等の理由により協定で新島沖が“禁漁”となる日には、式根沖や伊豆大島沖狙いで出船する。前日、小澤長夫船長に出船確認の電話を入れると「式根海域は予報が悪いので、釣果のまとまる大島沖へ行ってみましょうヨ」と言われ、それが“吉”と出た!

番匠高宮丸・静岡県下田須崎港

2016年5月22日

表紙
CAPTAINS REPORT

新島沖で良型抱卵キンメダイ連日浮上!

新島沖のキンメダイが5月に入り2.5kg級が連日浮上し、数・型ともに期待できる季節がやってきた。18日の釣果では1~2kg級が中心で12~15匹、19日も同サイズが6~20匹と好釣果。その前後の釣果を見ても、数こそ竿頭一桁台が多いものの、連日2.5kg級の良型抱卵キンメダイが浮上している。静岡県下田須崎港『番匠高宮丸』の小澤長夫船長に現在の状況を聞いた。

番匠高宮丸・静岡県下田須崎港

2015年6月15日

04_main.jpg

「レンタルセット」で初挑戦!伊豆・利島沖のキンメ

一度はやってみたい釣り物があった。深場のキンメ釣りだ。しかし、重厚なタックル、ハリ数の多い仕掛けなど、初心者には少々ハードルが高い。そんな時、オールレンタルのセットがあると聞き、6月8日(月)、静岡県・伊豆、下田須崎港の『番匠高宮丸』を訪ねた。

番匠高宮丸・静岡県下田須崎港

2012年12月1日

03_main.jpg

食べたい!釣りたい!伊豆・新島沖の“旨キンメ”絶好調!

11月中旬からグッと冷え込み、冬型の気圧配置へとガラリと衣替えした日本列島。こんな時期だからこそ食べたくなる物、それは“旨キンメ”の煮付けだ。煮汁の表面までこってりと浮かぶ風味豊で上質な脂、プリッとした身離れの良さとは対照的なフワッとした食感の白身は絶品。21日、キンメダイの煮付けを求め、11月に入り連日竿頭20~30尾と絶好調の静岡県・下田須崎港『番匠高宮丸』へ出掛けた。

番匠高宮丸・静岡県下田須崎港

2012年3月1日

02_main.jpg

数・型共に絶好調!伊豆・新島沖の超高級魚“旨キンメ”

「ここのキンメはいつ来ても脂が乗っていて美味しいね」。静岡県・下田須崎港『番匠高宮丸』の常連達が口を揃えて絶賛する-通称“旨キンメ”。その“浜値”は1kg3000円は下らない。その超高級魚が年明けから絶好調だ。1、2kg級中心に連日トップで30尾前後の好成績が続いている。「昨年よりも間違いなく良いですよ!」と小澤長夫船長も太鼓判を押す。19日、下田須崎港へ出掛けた。

南伊豆忠兵衛丸・静岡県南伊豆手石港

2012年1月1日

02_main.jpg

新年の初釣りは伊豆・下田沖で“地キンメ”を狙おう!

年末年始、ご祝儀相場も相まって魚の値段は急騰する。中でも超ド級の浜値が付くのが伊豆・下田沖の“地キンメ”だ。一年中美味いと言われる“地キンメ”だが、冬は更に脂が乗り、ますます美味しくなる。今年は海が約1カ月遅れており(地元漁師の話)、まさに今が旬。今回は南伊豆手石港『南伊豆忠兵衛丸』浅沼幹雄船長の操船で伊豆・下田沖の“地キンメ”を狙った。

番匠高宮丸・静岡県下田須崎港

2011年6月15日

02_main.jpg

新島沖の“旨キンメ”、抱卵シーズンへ突入!

しゃぶしゃぶ、煮つけ、湯引き等々、様々な料理で美味さを堪能できる超高級魚“旨キンメ”。例年6月頃から産卵期に入り3~4kgの大型が顔を見せる。関東地方も梅雨入りした頃、下田須崎港『番匠高宮丸』の小澤長夫船長に電話を入れると、「ここ数日は竿頭で20~30尾と連日安定した好釣果が出ていますよ」との朗報。早速出掛けた。キンメダイのしゃぶしゃぶキンメダイの煮つけキンメダイの湯引き

番匠高宮丸・静岡県下田須崎港

2011年1月1日

03_main.jpg

貸し道具でらくらく釣行♪新島沖の超高級魚“旨キンメ”

静岡県・伊豆半島を代表する超高級魚・キンメ。最近では“旨キンメ”の愛称で広く知られるようになった。浜値でも1kg3000円は下らないという“旨キンメ”を一年通して狙っているのが、下田須崎港『番匠高宮丸』。貸し道具も完備しており、ビギナーにも安心して挑戦出来る。