『ヒラマサ』記事一覧

『ヒラマサ』記事一覧

宏昌丸・千葉県勝浦川津港

2020年4月1日

02_main.jpg

千葉県・勝浦沖の“ルアー・ヒラマサ”、モンスターも夢じゃない!!

千葉県・勝浦沖は大型のヒラマサが釣れる海域として知られた所。そして、春は特にその期待が高まる季節で、今シーズンも夢の大型を狙って多くのアングラーが集まっている。私も大型ヒラマサとのコンタクトを夢見て、勝浦川津港『宏昌丸』へ出掛けた。

大原港 山正丸・千葉県大原港

2019年11月15日

03_main.jpg

千葉県・外房、大原沖のヒラマサが秋のハイシーズンに突入!

10月末には「ヒラマサ全員キャッチ!」で盛り上がり、11月上旬にも「ヒラマサ“17打数14安打”」という爆釣モード!千葉県・外房、大原港『山正丸』のルアー・ヒラマサが秋のハイシーズンに突入した。「今がチャンス!」とばかりに10日に出掛けた。

広布号・千葉県大原港

2019年8月15日

03_main.jpg

千葉県・大原沖の“ルアー青物”、夏は浅場狙いが面白い!

今年は中々出船出来る日がなかった“青物”狙いのルアー船。それでも春には型の良いヒラマサやワラサが釣れていた千葉県・大原沖。夏は釣り場の水深が浅くなり、強烈でダイレクトな引きが魅力だ。大原港『広布号』から、ジギングやキャスティングで“青物”を狙う“ルアー青物”船に乗った。

太平丸・千葉県御宿岩和田港

2019年7月1日

01_main.jpg

千葉県・御宿沖のカモシ釣り絶好調!! ヒラマサ、マダイが乱舞!

千葉県・御宿岩和田港『太平丸』では、伝統釣法の一つ“カモシ釣り”でヒラマサ狙い中心の乗合船を出している。今シーズンはマダイの乗っ込みが遅れて始まり、未だに活発に釣れており、カモシ釣り入門には絶好だ。是非一度はやってみたかった釣り、初体験に出掛けた。

不動丸・千葉県勝浦川津港

2018年6月1日

01_main.jpg

千葉県・勝浦川津沖のルアー“青物”、釣況好転!

伊豆七島では磯釣りの大物として、千葉県・外房では伝統釣法“カモシ釣り”の対象魚として人気のヒラマサ。上級者向けのターゲットと思われがちだが、ルアー釣りならシンプルな道具で気軽に楽しめることをご存じだろうか。「魚影が濃くなって来た」との情報を聞き、勝浦川津港『不動丸』に出掛けた。

広布号・千葉県大原港

2018年6月1日

03_main.jpg

千葉県・大原沖、ルアー“青物”、まだまだ大物回遊中!

現在登録されているヒラマサの世界記録は170cm・49.5kg。この魚、実は千葉県・大原沖で上がっている。今期はスロースタートの模様を見せた千葉県・外房のルアー“青物”。それがようやく数・型ともに嬉しい知らせが届き始めた。そんな大原沖に「大物の気配アリ」との情報を聞き付け、大原港『広布号』から出船した。

宏昌丸・千葉県勝浦川津港

2018年4月15日

01_main.jpg

千葉県・勝浦沖でヒラマサ入門の好機到来!

春に楽しみな釣り物と言えば、マダイ、メバルは勿論、アオリイカやシーバスも見逃せない。これに加え、近年注目度急上昇なのが千葉県・外房のヒラマサだ。連日大型が上っているとの噂を聞き付け、勝浦川津港『宏昌丸』を訪ねた。

山正丸・千葉県大原港

2017年5月1日

04_main.jpg

千葉・大原沖、“春マサ(ヒラマサ)”シーズン到来!!

関東地方では、サクラの季節が終わり、木々が芽吹き鮮やかな緑色に染まる新緑の頃、千葉県・外房では“春マサ”と呼ばれるヒラマサの群れが回遊し始める。間もなくシーズン本番だ。大原港『山正丸』からルアー釣りのヒラマサ船に乗った。

宏昌丸・千葉県勝浦川津港

2017年1月1日

02_main.jpg

千葉県・外房、勝浦沖のルアー・ヒラマサ好調!!

千葉県・外房の勝浦と言えば伝統釣法「カモシ釣り」の聖地だが、近年はジギングやキャスティングで狙うルアー・ヒラマサが盛り上がりを見せている。そのオフショアルアーゲームに周年、午前&午後の2便で出船している勝浦川津港『宏昌丸』に出掛けた。

博栄丸・静岡県御前崎港

2016年6月8日

表紙
CAPTAINS REPORT

駿河湾・金洲の6月は青物フィーバー!?

言わずと知れた好釣り場「金洲(きんす)」。毎年4月1日に解禁となり、6月頃本格シーズンを迎える。昨シーズンは6月に6~10kgのブリや6~8kgのヒラマサ・カンパチが回遊し大賑わいを見せたのだが、今シーズンはどうか!?「金洲」をこの時期主戦場としている御前崎港『博栄丸』大澤洋輔船長に、金洲のコマセ五目釣りの極意を聞いた。

太平丸・千葉県御宿岩和田港

2016年6月1日

03_main.jpg

千葉県・御宿沖のカモシ釣り!ヒラマサいきなり9.3kg!!

千葉県・御宿沖、三本松で“カモシ釣り”のヒラマサが釣れ出したとの情報。ワラサやマダイも交じって好調だとか。御宿から勝浦・川津地方に伝わる伝統釣法“カモシ釣り”は、伊豆の漁師の漁法が遊漁船に伝わったと聞いた。特殊な遊動テンビンとカモシ袋(布製のコマセ袋)で大物の突っ込みをかわす合理的な釣法だ。“大マサ”、“小マサ”の顔を見られたらと19日、御宿岩和田港『太平丸』に出掛けた。

宏昌丸・千葉県勝浦川津港

2016年5月15日

01_main.jpg

千葉県・外房、勝浦川津沖“春マサ”シーズン突入!

千葉県・外房は既に夏間近か! この時期に回遊してくるヒラマサを“春マサ”と呼び、人気も高い。今シーズンは中々“入荷”情報が来なかったが、5月に入り、やっと姿が見え出したとの情報。GW終盤の5月6日、千葉県・勝浦川津港『宏昌丸』のルアー船に乗った。

太平丸・千葉県御宿岩和田港

2015年6月15日

02_main.jpg

千葉県・御宿沖のカモシ釣り!納竿間際にヒラマサ乱舞!

千葉県・御宿沖で、カモシ釣りのヒラマサが好調との情報。“カモシ釣り”は、御宿から勝浦、行川周辺の伝統的釣法の一つ。御宿岩和田『太平丸』大野利広船長に状況を聞くと、「5月30日(土)は、朝一番から入れ食いになり、開始1時間半で船中18匹。最終釣果は0~6匹で、船中26匹の爆釣だった」との事。“海のスプリンター”の異名を持つヒラマサ。善は急げと、1日(月)出掛けた。

宏昌丸・千葉県勝浦川津港

2015年5月15日

01_main.jpg

千葉県・外房、勝浦川津沖のヒラマサ、ルアーで連発!!

春を通り過ぎて夏を感じた今年のGW。ルアーフィッシングの好敵手ヒラマサが、千葉県・外房で釣れ出したとの情報に5月1日、千葉県・勝浦川津港『宏昌丸』のルアー船に乗り込み、痛快な体験をした。

太平丸・千葉県御宿岩和田港

2014年8月1日

02_main.jpg

千葉県・外房、御宿沖は「カモシ釣りで大物狙い」の季節

「カモシ釣り」-TVで見たことはあるが…。初挑戦の機会がやって来た。千葉県・御宿岩和田港『太平丸』は大物マダイやヒラマサをターゲットとする「カモシ釣り」の乗合船を出している船宿。船宿HPによると7月に入って最大6kg級のヒラマサが連日、船中2桁釣果との情報。台風8号の高波が収まるのを待って17日(木)に出掛けた。