『ベニアコウ』記事一覧

『ベニアコウ』記事一覧

緑龍丸・神奈川県真鶴岩港

2018年5月1日

04_main.jpg

“ディープマスター”と幻の魚ベニアコウを狙う!

生息海域は水深1,000m前後。海面下1km先、約1,000t(101気圧)もの水圧に耐え、岩礁域の暗闇に潜む幻の魚、それがベニアコウ(標準和名・オオサガ)だ。そんな超深海に住む魚を狙うべく、深場釣りの頂点とも言えるベニアコウ釣りを知り尽くした“ディープマスター”・テル岡本さんの実釣イベントが開催された神奈川県・真鶴岩港『緑龍丸』へ向かった。

緑龍丸・神奈川県真鶴岩港

2017年5月8日

1_01.jpg
CAPTAINS REPORT

相模湾・真鶴岩沖のベニアコウの釣法を!

神奈川県真鶴岩港『緑龍丸』では2~6月超高級魚のベニアコウ狙いで出船する。丁度この時期は群れごとに固まり移動するベニアコウは産卵シーズンという事もあり、本来生息しているエリアの1500mから1000m前後まで上がってくる。深場釣りの中でもベニアコウ狙いはほぼ頂点に君臨すると言っても過言ではないターゲット。ベニアコウは築地市場に並べば1kg1万円以上の値がつくとも言われる超高級魚。その道具立てと釣り方を向笠仁志船長に聞いた。

緑龍丸・神奈川県真鶴岩港

2010年7月15日

02_main.jpg

“ディープマスター”と狙う超深場の高級魚!

超深場の超高級魚・ベニアコウ(和名・オオサガ)。浜値(卸値)は1kg4,000、5,000円は下らず、水揚げ魚の大半は高級料亭へと直行してしまう。今回、そのベニアコウを対象に神奈川県・真鶴岩港『緑龍丸』と“ディープマスター”ことテル岡本さん(岡本光央)がコラボ、4人の釣り人と共に超1,000mの深海釣りに挑戦した。