『博栄丸・静岡県御前崎港』記事一覧

『博栄丸・静岡県御前崎港』記事一覧

博栄丸・静岡県御前崎港

2020年8月15日

04_main.jpg

駿河湾・金洲のコマセ“五目”、待望の本ガツオシーズン突入!

夏の楽しみと言えば、黒潮に乗ってやってくる本ガツオ。今年は何故かスロースタートな雰囲気だったが、駿河湾の大場所、金洲エリアで沸騰しているとのウワサを聴き付け、静岡県・御前崎港『博栄丸』へ出掛けた。

博栄丸・静岡県御前崎港

2019年7月1日

05_main.jpg

駿河湾・金洲のキハダ&本ガツオが大型クーラー溢れる大爆釣!!

その昔、漁師が「行くと金になる」と話した事からその名がついたと言われる「金洲」。高級魚の宝庫だが、年によって釣れ盛る“主役”が変わる。それはこのエリアの魚影がそれだけ濃い事の証。今年は、キハダマグロ&本ガツオの爆釣に沸いている。しかもキハダマグロは20kg級が毎日コンスタントに上がっていると聞き、御前崎港『博栄丸』に出掛けた。

博栄丸・静岡県御前崎港

2018年7月15日

04_main.jpg

“青物”の夏到来!駿河湾・金洲の“高級五目釣り”半端ない!!

駿河湾の名釣り場として知られる金洲エリア。今年も良型のマダイやカンパチ、本ガツオが釣れている中、「今期はシマアジが半端ないって!」との噂を聞き付けた。静岡県・御前崎港『博栄丸』に出掛けた。

博栄丸・静岡県御前崎港

2017年6月15日

04_main.jpg

駿河湾・金洲の“コマセ五目”、開幕!今年は魚影が濃い!!

太平洋において有数の好釣り場との呼び声も高い金洲エリア。様々な高級魚の着く根を廻る金洲の“コマセ五目釣り”が開始、早々ヒートアップしているとの情報。金洲を拓いた第一人者、静岡県・御前崎港『博栄丸』を訪ねた。

博栄丸・静岡県御前崎港

2016年11月15日

05_main.jpg

駿河湾・石花海のヤリイカ、今年は数型ともに期待大!

イカ釣りは“面白い”と同時に“難しい”。水深200m前後の深い海の底から、ツノに触ったイカのアタリを取り、身切れをさせずに巻き上げて、長く絡みやすい仕掛けに付いたイカを手際よく取り込むには、それなりの経験と技術が求められる。実のところイカ釣りは劣等生の当方。「石花海(せのうみ)で調子よく釣れている」との情報を得て、静岡県・御前崎港の『博栄丸』へと武者修行に出掛けた。

博栄丸・静岡県御前崎港

2016年6月8日

表紙
CAPTAINS REPORT

駿河湾・金洲の6月は青物フィーバー!?

言わずと知れた好釣り場「金洲(きんす)」。毎年4月1日に解禁となり、6月頃本格シーズンを迎える。昨シーズンは6月に6~10kgのブリや6~8kgのヒラマサ・カンパチが回遊し大賑わいを見せたのだが、今シーズンはどうか!?「金洲」をこの時期主戦場としている御前崎港『博栄丸』大澤洋輔船長に、金洲のコマセ五目釣りの極意を聞いた。

博栄丸・静岡県御前崎港

2016年1月15日

04_main.jpg

駿河湾・石花海にパラソル級のヤリイカを追う!

最盛期を迎えた駿河湾の石花海(せのうみ)のヤリイカを狙って御前崎『博栄丸』に向かった。釣行は暮れも押し詰まった大晦日。船着場には一年の釣りを締めくくり、正月の祝い膳に自前の刺し身で花を添えようともくろむ14人が集合した。

博栄丸・静岡県御前崎港

2014年12月15日

04_main.jpg

駿河湾・石花海のヤリイカ。“大型パラソル”爆乗り!

各地でヤリイカが好調だ。師走に入り、駿河湾では大型のパラソル級も交じりだし、シーズンも佳境に入って来た。日によりトップ80~90杯と“爆乗り”も記録されている。関東周辺では1週間も風で足止めされ、ヤキモキしていた。やっとナギになった8日(月)、静岡県・御前崎港『博栄丸』に勇んで出掛けた。

博栄丸・静岡県御前崎港

2014年4月1日

04_main.jpg

球春とともに御前崎沖の“乗っ込みマダイ”開幕!

静岡県・御前崎沖でマダイの“乗っ込み”が始まったらしい──情報が入ったのは、選抜高校野球を観戦中の事。御前崎港『博栄丸』に連絡すると「昨日(22日)はトップで7匹、今日はトップ4匹だけど6.3kgが上がった」との事。早速取材を申し込むも「満員」とのこと。ここはレポートだけでも、と許可を得て、急遽御前崎に向かった。

博栄丸・静岡県御前崎港

2013年7月15日

03_main.jpg

チョ~豪華!駿河湾・金洲の高級魚“五目釣り”!

関東地方に続き、東海地区でも梅雨が明けた。真っ青な空に蒼い海!これで“高級魚”が釣れれば言う事なし!駿河湾有数の好釣り場として知られる金洲では、40cm級の肉厚ジャンボイサキを中心にチョ~豪華な魚達(オナガ、カンパチ、シマアジ、ウメイロ、ヒメダイ)が好調との事。梅雨明け初日の8日、御前崎港『博栄丸』の乗合船で金洲へ向かった。

博栄丸・静岡県御前崎港

2012年10月15日

02_main.jpg

静岡県・御前崎沖の秋マダイ“本格始動”!

今月始め、大型台風通過直後の日本列島は一旦真夏日へと逆戻り。潮温が下がり始め、喰いが上向いていた静岡県・御前崎沖の“秋ダイ”の様子が気掛かりで台風明けの2日、御前崎港『博栄丸』大澤洋輔船長へ電話すると、「たった今6kgと4kgが上がった」と海上からの熱い情報。小型が多い“秋ダイ”らしからぬ“大ダイ”の情報に心躍らせ、早速御前崎に向かった。