『あままさ丸・千葉県大原港』記事一覧

『あままさ丸・千葉県大原港』記事一覧

あままさ丸・千葉県大原港

2021年4月1日

02_main.jpg

千葉県・大原発、LTヒラメ、大物狙いで連日好釣!!

関東地方の桜も咲いて陽気はすっかり春。ここに来て連日のように良型のヒラメが上がっているとの噂を聴き付け、菜の花の咲く千葉県は外房・大原港『あままさ丸』へと駆けつけた!

あままさ丸・千葉県大原港

2020年2月15日

03_main.jpg

千葉県・大原沖の肉厚“寒ビラメ”をライトタックルで狙う!

冬の高級魚の代名詞“寒ビラメ”。この時期のヒラメは、回遊してくるイワシを食べてどんどん肉厚になり旨味を増す。春のような陽気が続いていたが、2月に入りやっと冬らしい寒さに。4kgオーバーの大型もコンスタンスに上がっている情報。千葉県・大原港『あままさ丸』に出掛けた。

あままさ丸・千葉県大原港

2019年1月1日

03_main.jpg

千葉県・大原沖のLTヒラメ、浅場でバクバク!竿頭12匹!!

すっかり冬らしくなってきた今日この頃、気温が下がると共に期待が高まる釣り物と言えば、千葉県・外房の“寒ビラメ”。そろそろ大判サイズが動き始める頃かと、大原港『あままさ丸』に出掛けた。

あままさ丸・千葉県外房大原港

2017年10月15日

02_main.jpg

千葉県・外房、大原沖のヒラメ解禁!好スタート!

10月1日、今年も千葉県・外房、大原沖のヒラメ釣りが“解禁”を迎えた。“解禁日”4日後の5日、大原港『あままさ丸』に出掛けた。この日は、前日までの強風とウネリが残り、いわゆる“悪い海”にも拘らずLT(ライト・タックル)専門でヒラメを狙う3人の“強者”が集まった。

あままさ丸・千葉県大原港

2016年9月15日

02_main.jpg

千葉県・大原沖の一つテンヤ・マダイ、秋の数釣り!

秋のマダイは、数釣りが楽しめる時期。千葉県・外房、大原沖でも一つテンヤ・マダイの釣果が急上昇している。好釣果を求めて12日、大原港『あままさ丸』に出掛けた。

あままさ丸・千葉県大原港

2016年7月22日

表紙
CAPTAINS REPORT

大原でまた新釣法か?その名もスーパーライトイサキ!

古くはビシマ・マダイの聖地、近年は一つテンヤマダイの発祥地……千葉県外房大原港は伝統と新進気鋭が入り混じる遊漁船の一大基地。訪れる釣りファンは無論、船長たちも日々切磋琢磨しているわけだが、今夏、またまた新釣法の噂が広まっている。その発信場所の一つが『あままさ丸』。なんと岡っぱりのアジングゲームなどを参考にした、LTイサキならぬスーパーライトイサキ。そこで早速、キャプテン(天野正毅船長)レポート!

あままさ丸・千葉県大原港

2016年1月15日

01_main.jpg

千葉県・外房、大原沖の一つテンヤ・マダイ好調!

一つテンヤの“聖地”とも言われる千葉県・外房、大原沖でマダイが昨秋から好調に釣れ続いている。大原港『あままさ丸』では、午前と午後に乗合船を出しており、午後船なら“電車組”でも気軽に出掛けられるのも魅力の一つだ。暖冬の影響もあるのか、未だに“秋ダイ”の状況が続いている大原に出掛けた。

あままさ丸・千葉県大原港

2014年11月1日

01_main.jpg

“数釣り”の秋、千葉県・大原沖の一つテンヤ・マダイ

季節は変わり早朝の釣りには、長袖が必要になってきた。海水温も下降して、秋の釣りシーズンの到来だ。例年秋に数釣りの実績がある千葉県・外房大原沖の“一つテンヤ”のマダイ釣り。10月21日、大原港『あままさ丸』の乗合船に乗った。

あままさ丸・千葉県大原港

2014年4月15日

02_main.jpg

千葉県・大原沖の一つテンヤ・マダイ“乗っ込み”カウントダウン!

新緑の季節を迎えると落ち着かない。マダイが産卵のため浅場にやってくる“乗っ込み”シーズンを迎えるからだ。千葉県・外房、大原港の『あままさ丸』に近況を聞くと「潮温も17℃台に上がって来たし、真子(卵)も膨らんできた。いつ始まってもおかしくないよ」との返事。あわよくば出会い頭の“Xデー”もあり得る。2日に出掛けた。

あままさ丸・千葉県大原港

2013年10月15日

03_main.jpg

今年も熱い!千葉県・外房、大原沖のLTヒラメ、解禁!

記録的な好成績が続いた昨シーズンのヒラメ。今年も千葉県・大原沖では10月1日の解禁日から好調な滑り出しを見せた。ワラサやヒラマサといった“高級ゲスト”も交じり、水深20mもない浅場で活発にアタリが続いている。辛抱たまらず、シケの合間の6日、大原港『あままさ丸』に出掛けた。

あままさ丸・千葉県大原港

2013年5月1日

02_main.jpg

千葉県・大原沖のマダイ、乗っ込み目前か!

毎年、ゴールデンウィークが近づいてくるとソワソワする。マダイの“乗っ込み”が気になって仕方がないのだ。毎年、超の付く大物が数上がる千葉県・大原港『あままさ丸』の天野正毅(まさき)船長に電話すると「いつ“爆発”してもおかしくないけど…」との事。まずは小手調べだ。あわよくば“X”デーにブチ当たるかもしれない。期待を胸に4月23日に出掛けた。

あままさ丸・千葉県大原港

2012年10月15日

04_main.jpg

千葉県・外房、大原沖でヒラメ解禁!横流しのLTに挑戦

10月1日、千葉県・大原沖のヒラメ釣りが解禁になった。今シーズンは各地で好成績が連発する“当たり年”、大原沖でも解禁と同時に“ツ抜け”(10尾以上)釣果が続出している。水深も15m前後と浅く“ゲスト”にはヒラマサやワラサ、時には大型のマダイなども交じる。11日、大原港『あままさ丸』に出掛けた。