『長崎屋・神奈川県横浜本牧港』記事一覧

『長崎屋・神奈川県横浜本牧港』記事一覧

長崎屋・神奈川県横浜本牧港

2021年2月15日

03_main.jpg

東京湾のメバル開幕!今年は数も型も期待出来る!!

いよいよ東京湾に春を告げる“春告魚(メバル)”釣りが開幕した。今回は餌に活エビを使う「エビメバル」。目が良く警戒心の強いクロメバルを細く長めの仕掛けと軟調子のメバル竿を組み合わせて狙う。横浜本牧『長崎屋』ではスタートから良型交じりで好釣果が出ている。

長崎屋・神奈川県横浜本牧港

2020年8月15日

03_main.jpg

横浜・本牧発、東京湾のシロギス、数・型共に連日“絶好釣”!!

東京湾のシロギスが釣れ過ぎている。釣り物としてはビギナーにも釣り易く、夏の入門魚として人気のシロギス。今期は連日当たり前のように“束釣り(100匹以上)”を叩き出す“爆釣”振り。神奈川県・本牧『長崎屋』へ出掛けた!

長崎屋・神奈川県横浜本牧港

2020年1月1日

05_main.jpg

神奈川県・横浜本牧発、東京湾のシロギス、良型・束釣り・“絶好釣”!

「初釣り」の釣果で新年の釣り運を占うなら、釣れないよりは釣れた方が良い。そんな折り「ウチ一番のお勧め!」と、俳句では、夏の季語であるシロギスを推薦するのは神奈川県・横浜本牧港の『長崎屋』。夏の風物詩を冬に求めるとはこれ如何に?真相を突き止めるべく、真冬の東京湾へと乗り出した。

長崎屋・神奈川県横浜本牧港

2019年2月1日

03_main.jpg

東京湾のシーバスジギングがハイシーズンに突入!

東京湾のシーバスジギングは冬が本番だ。海外のルアーファンも海を越えてやって来る程魅力的な釣りなのだが、今シーズンは例年より少し遅れて1月中旬、それまで澄んでいた潮に濁りが入り一気に本番に突入した。ジギング初心者の私もビッグファイトを夢見て横浜・本牧港『長崎屋』のルアーシーバス船に乗り込んだ。

長崎屋・神奈川県横浜本牧港

2018年7月15日

02_main.jpg

竿頭106匹!横浜・本牧港発のショート シロギス!

俳句では“夏”の季語である「キス(鱚)」。産卵期の夏に接岸することから“キスゴ(岸子)”と呼ばれ、かつて東京湾に生息していた青みの強い“アオギス”と区別するために“シロギス”という呼び名が一般化した。いよいよ本格シーズンを迎えるシロギス。「連日好調、イチ押し」との情報で横浜・本牧港『長崎屋』に出掛けた。

長崎屋・神奈川県横浜本牧港

2017年9月22日

1_01.jpg
CAPTAINS REPORT

東京湾・浅場の大物マゴチはハゼ餌シーズン真っ盛り!

暑い時期の東京湾といえば浅場のマゴチ釣りは外せない。生き餌を使ったスリリングな釣りとして人気が高いが、最近では早くも春先からオープンして秋までとロングランになるから、ファンにとってはうれしい限り。初期の餌はサイマキ(クルマエビ)だが、8月を過ぎるとメイン餌になってくるのが江戸前の象徴とも言えるハゼ。しかも9月頃からは大物が釣れると評判だ。マゴチ船担当の長崎功船長に秋のハゼ餌釣法を解説してもらった。

長崎屋・神奈川県横浜本牧港

2017年5月22日

1_01.jpg
CAPTAINS REPORT

東京湾の夏はやっぱりシロギスでしょ!

昨年から少し様子がおかしいぞ?…などと言われていた東京湾の超優良株シロギスだが、やっぱり本番の夏を迎えて釣果はググッと上がってきた。そこで先日、ショート船ながらトップ99匹を叩き出した横浜本牧港『長崎屋』の長崎功船長にインタビューすると、例年とはちょっと違う、面白い様相が浮かび上がってきた。夏の対策法と併せて紹介しておこう。

長崎屋・神奈川県横浜本牧港

2017年2月1日

03_main.jpg

冬こそ熱い!東京湾・ルアーシーバス!!

「日本で多い姓」では惜しくも2位の“鈴木さん”だが、出世魚の代表“スズキ”は、その呼び名(目、科)の多さではトップクラスの魚類。そのスズキを「シーバス」と呼ぶ人は、恐らくルアーアングラーだろう。東京湾のシーバスが驚きの釣果を打ち出していると聞き、ジグバッグを手に横浜・本牧の『長崎屋』に出掛けた。

長崎屋・神奈川県 横浜本牧港

2016年11月22日

2_01.jpg
CAPTAINS REPORT

横浜沖のマダコ快調、正月おせち用をゲットしよう!

もうすぐ師走の12月。年末はあっという間だから、早めにおせち料理の段取りをしておかなくては……そんなことを考えている釣りファンに持ってこいのターゲットが、東京湾のマダコだ。釣魚にはおせち料理の適材になるものが多いが、その代表がタコ。縁起の言葉“多幸”からきているが、もっか横浜沖一帯でツ抜けをするなど快調だ。そこでマダコの老舗、横浜本牧港『長崎屋』の長崎恵夫・大船長に必釣法のアドバイスをもらった。

長崎屋・神奈川県横浜本牧港

2016年7月22日

タイトル写真
CAPTAINS REPORT

真夏の東京湾はマダコ釣りが良く似合う!

温暖期はいろいろな魚が浅場に乗っ込んでくる時期。浅瀬が多い東京湾一帯も、夏には多くのターゲットで賑わう。中でも羽子板テンヤを使う手釣りのマダコは風物詩。麦わら帽子に軽装で、カンカン照りの中をやるのが昔からのスタイルだ。今期は一昨年の大爆釣に迫る好調ぶりを示しており、横浜周辺一帯を狙う横浜本牧港の『長崎屋』では、タコ釣りでは特筆のツ抜け(10匹以上)を連日記録中。早速、マダコ担当の長崎昭船長にインタビュー。

長崎屋・横浜本牧港

2016年4月22日

表紙
CAPTAINS REPORT

横浜本牧港・長崎屋「一年中入れ食い! 東京湾・中ノ瀬のシロギス」

「こんなに釣れていいのか!」と思わずうなる近年の東京湾シロギス。横浜・本牧港『長崎屋』では、暖冬の影響なのか今期はさらに凄い。ショート乗合船なのに一番食い渋る1~2月でさえ、軽く2束(200匹)を超えた。現在、多少食いが落ちたとはいえ、連日の束オーバー。そこで長崎恵夫・大船長から入れ食い術をレポート。

長崎屋・神奈川県横浜本牧港

2015年12月15日

03_main.jpg

東京湾・中ノ瀬のシロギス、怒涛の入れ食い!何と304匹!!

暖冬とは言え既に12月半ば、暖海性の魚であるシロギスは、深場に移動し“落ちギス”の時期。通常なら活性が下がり、テクニックを要するベテラン好みの釣りになる。ところが、ここ数年は冬季でも食いは驚くほど活発で、以前の常識では考えられない好釣果が続いている。7日に横浜・本牧港『長崎屋』に出掛けた。

長崎屋・神奈川県横浜本牧港

2015年2月15日

04_main.jpg

東京湾のシーバス!!70cmオーバー連発!

春の訪れと言うには少々寒いが、東京湾・横浜沖のシーバスが“立春”過ぎから絶好調になって来た。ライトタックルのジギングで釣り人を熱くさせている。2月10日、神奈川県・横浜本牧『長崎屋』の乗合船に乗った。

長崎屋・神奈川県横浜本牧港

2014年5月1日

04_main.jpg

東京湾・中ノ瀬で絶好調のシロギスを狙う!

桜前線は北上してしまったが、東京湾・中ノ瀬のシロギスは“満開”だ。連日トップが束(100匹)を超える釣果が続いているとの情報を確認に4月23日、本牧『長崎屋』に出掛けたところ、情報通りの釣果に舌を巻く一日となった。

長崎屋・神奈川県横浜本牧港

2013年10月1日

04_main.jpg

“モンスター”級も狙える東京湾のマゴチ!ラストスパート

マゴチ釣りと言えば“照りゴチ”の呼び名もあり、夏が最盛期だが、実は釣期は意外と永い。神奈川県・横浜本牧『長崎屋』では11月一杯まで(餌のハゼが確保出来る間)乗合船を出している。昨年秋もバリバリ釣れていた。今年も数・型共に好調だ。船宿ホームページを開き、“船宿レコード”を見ると、秋から晩秋にかけて“モンスター”が釣れている。少し古い記録だが、平成19年10月、75cm=2.7kg、18年11月、75cm=2.4kg、14年9月、74.5cm=2.6kg等々。“モンスター”を狙うなら秋だ。9月24日(火)に出掛けたが66cmの“モンスター”が飛び出した。

長崎屋・神奈川県横浜本牧港

2013年2月1日

01_main.jpg

大型連発!ジギングで狙う東京湾のシーバス絶好調!!

[動画]ジギングで狙う東京湾シーバス神奈川県・横浜本牧の老舗船宿『長崎屋』が出しているルアーシーバス船が絶好調だ。連日のように70cmオーバー、時には80cmオーバーのランカーサイズが釣り上がりアングラーを熱狂させている。また、1月11日にはトップ148尾、船中728尾(!)というビッグゲームも記録され、その後も安定。数もサイズも狙える絶好の時期となった。

長崎屋・神奈川県横浜本牧港

2012年5月1日

02_main.jpg

東京湾・本牧沖のメバル、魚影の濃さ抜群!

東京湾各地でメバルが好調に釣れている。元来は夜釣りの対象魚だが、活エビ餌なら日中でも十分楽しめる。“春告魚”の当て字があるように今がシーズン最盛期。横浜本牧『長崎屋』では、束釣り(100尾以上)も記録されている。最高気温25度の予報が出ていた24日、乗合船に乗った。

長崎屋・神奈川県横浜本牧港

2011年10月1日

01_main.jpg

荒食い続く東京湾・第1、2海堡周りのマゴチ!

9月に入っても東京湾のマゴチの“爆釣”が止まらない。神奈川県・本牧港の『長崎屋』では今シーズン、トップで35本という驚異的な数字も記録されている。更に60cm前後の大型も交じり、数・型共に狙える。東京湾で最も身近な“泳がせ釣り”は奥が深く、その分ファンを惹きつける。19日に出掛けると、マゴチ船は私を含めて19人の釣り人で大盛況。実はこの取材で、今期の船宿記録を更新する67cm、2kgのマゴチが上がり、アタリからタモ取りまでその一部始終を取材カメラが捉えた。

長崎屋・神奈川県横浜

2011年2月15日

02_main.jpg

冬季のベストシーズン到来!東京湾シーバス爆釣!!

東京湾内側の水温が低いながらも安定して来た。シーバス(フッコ、スズキ)の群れも固まり、数・型共に好釣果が望める冬季のベストシーズン到来だ。活きエビ餌の伝統釣法「エビスズキ」で有名な横浜・本牧の老舗船宿『長崎屋』だが、現在はメタルジグを使ったルアーフィッシングで連日好釣果を記録している。エキサイティングな釣りを満喫して来た。