『力漁丸・千葉県大原港』記事一覧

『力漁丸・千葉県大原港』記事一覧

力漁丸・千葉県大原港

2020年2月15日

01_main.jpg

千葉県・大原沖、イワシ泳がせで狙う“寒ビラメ”&マハタ!

脂の乗った“寒ビラメ”と、言わずと知れた高級魚・マハタ。釣り味だけでなく食べても美味しい高級魚を泳がせ釣りで同時に狙えると聞き、千葉県・大原港『力漁丸』に出掛けた。

力漁丸・千葉県大原港

2019年1月15日

03_main.jpg

千葉県・大原沖の“寒ビラメ”、イワシ大群到来で只今爆釣中!!

千葉県・外房のヒラメ釣りが盛り上がる時期は、例年2回ある。一つは“解禁”。そしてもう一つは“イワシの大群到来”だ。昨年末辺りからポツポツと届く「イワシの反応アリ!」の情報に痺れを切らし、外房は大原港『力漁丸』へと乗り込んだ。

力漁丸・千葉県大原港

2018年2月1日

01_main.jpg

千葉県・外房、大原沖の“寒ビラメ”、浅場で良型“好釣”!

寒い季節になりました。こんな時期、折角の休日を北風の吹き付ける海上で過ごすなんて過酷なことをするのは、釣りの楽しみと釣果の喜びを識る釣り人だけだ。名物の“寒ビラメ”が浅場で釣れ始めたとの情報を聞き付け、千葉県・大原港『力漁丸』を訪ねた。

力漁丸・千葉県大原港

2017年4月1日

01_main.jpg

千葉県・大原沖のオニカサゴ、大型中心に依然好調!

「顔のヘンな魚ほどうまい」と言ったのは作家・開高健氏だが、オニカサゴはその良い例だ。その食味に加え、餌や誘い方の選択、ハリに掛かってからは200mに迫る海底から海面まで果敢にファイトする釣り味も素晴らしい。あの味が恋しくて、いつも大きなオニカサゴと出会わせてくれる千葉・大原港『力漁丸』に出掛けた。

力漁丸・千葉県大原港

2016年6月1日

02_main.jpg

千葉県・外房、大原沖のオニカサゴ、大型の桃源郷!

「好きな魚は何ですか?」。そう尋ねられて「オニカサゴ」と答える人が居たら、それは間違いなく釣り人か、かなりの食通だろう。“絶品”と讃えられるあの味が恋しくて、オニカサゴ釣りが一年中楽しめ、しかも2kg超えの良型をコンスタントに釣らせてくれている千葉県・大原港『力漁丸』に出掛けた。

力漁丸・千葉県大原港

2016年3月1日

02_main.jpg

千葉県・大原沖の“寒ビラメ”、絶好釣!

毎年、イワシの回遊時期に合わせて上がってくる大型ヒラメ。特にこの時期は“寒ビラメ”と呼ばれ、身が締まり特に美味しいと言われている。冬の極上味覚をゲットすべく2月20日(土)にヒラメ釣りならお任せの千葉県・大原港『力漁丸』に出掛けた。

力漁丸・千葉県大原港

2015年6月15日

01_main.jpg

千葉県・大原沖のオニカサゴ、好調!

「オニカサゴが釣れているよ」と、千葉県・大原港の船宿からの情報。市場では滅多にお目に掛かれないオニカサゴ。顔が怖いからではない、一本釣りでしか捕獲されないので市場に出回るほど漁獲がないのだ。それほど貴重なオニカサゴ、釣りの醍醐味と食味を求めて関東地方の梅雨入り宣言があった11日、大原港『力漁丸』に出掛けた。

力漁丸・千葉県大原港

2015年1月15日

01_main.jpg

千葉県・大原沖の“寒ビラメ”! 良型連発、味覚良し

今シーズンも好調な千葉県・外房地区のヒラメ釣り。海水温が下がり味覚倍増、サイズも大きくなり何回でも行きたくなる。正月明けのスタート1月6日、7日が季節風の為、まともな釣りが出来なかった千葉県・大原沖。ナギ予報の8日に大原港『力漁丸』で初釣り。「ヒラメ」乗合船で良型を狙った。

力漁丸・千葉県大原港

2014年6月15日

01_main.jpg

度肝を抜かれる“BIG SIZE”!千葉県・大原沖のオニカサゴ

日本では古来「赤い魚」が珍重されてきた。タイもムツもメバルも赤い方が好まれる。そんな「赤い魚」の一角を占めるのがオニカサゴ。釣友から千葉県・外房、大原沖のオニカサゴは“特大サイズ”と聞かされた。確かめたくて6月8日(日)、大原港の『力漁丸』を訪ねた。

力漁丸・千葉県大原港

2013年6月15日

01_main.jpg

千葉県・大原沖の鬼カサゴ、爆釣!

釣り人はもとより魚好きな美食家の垂涎の的のひとつ、鬼カサゴ。刺し身、炙り、煮つけ、鍋もの、味噌汁、唐揚げとどれをとっても絶品だ。そんな鬼カサゴが「千葉県・大原沖で好調に釣れている」との情報に、大原港休業(6月1日~5日)明けの6日、『力漁丸』へ出掛けた。そして、船中41尾の爆釣!釣味と食味を堪能する事に成功した。