オフショアマガジン

2020年2月15日号

千葉県・大原沖、イワシ泳がせで狙う“寒ビラメ”&マハタ!

01_main.jpg

脂の乗った“寒ビラメ”と、言わずと知れた高級魚・マハタ。釣り味だけでなく食べても美味しい高級魚を泳がせ釣りで同時に狙えると聞き、千葉県・大原港『力漁丸』に出掛けた。

暖かい朝

港へは午前4時少し前に到着、集合時間にはまだ間がある。車の外気温計は4℃を示していた。比較的暖かい朝だ。この日の天気予報は、「晴れ、北風5、6m」とまずまずのコンディション。集合時間の4時30分少し前に受け付けが開始された。受け付けを済ませ、氷を受け取ったら船長の指示に従い船へ乗り込む。岸壁から船に渡る時は、潮位により高低差があるので十分注意したい。船のライトは明るいが各自ヘッドライトなどがあると便利だ。
※『力漁丸』予約は、公式アプリからも可能(AppleApp、GooglePlay共に対応)

停泊中の「力漁丸」
『力漁丸』の看板
釣り座表
乗船前に氷を受け取る
早速タックルを準備する
仕掛け図

イワシを積み込みいざポイントへ

岸壁にイワシを積んだトラックが到着、次々とイケスにイワシが投入される。イワシの積み込みが完了した5時15分、いよいよ出船。朝焼けの海を1時間程走って釣り場に到着。手際よくイワシが配られた。6時20分過ぎ「では、やってみましょう!水深44m。底に着けると根掛りしちゃうので底は切ってくださいね。ヒラメとハタが食うようなところなんでね」との船長アナウンスがあり、仕掛けが投入された。

開始前に餌のイワシを配ってくれる
朝焼けの中釣り開始
昇る朝日に釣果を願う

前半は、マハタ狙いの深場のポイント

前半は、水深45m前後の根回りのポイントを狙った。太陽が昇り始めた頃、マハタを中心に根魚たちがポツポツと顔を出した。船長からのアナウンスにもあるように根回りのポイントでは、マメに底立ちをとって根掛りを避けるようにしよう。仕掛けを動かすことが誘いにもなるので、底立ちを取り直しの直後は、アタリが出やすい。しかし、仕掛けの動かし過ぎはイワシを弱らせてしまうのでこの辺りは加減が難しいところだ。

前半のポイントは、水深45m前後
船中ファーストフィッシュのマハタ
こっちもマハタ
ヒラメも来た
やったよ!
カンコが釣れた(ウッカリカサゴ)
やったぜ
高級魚マハタ
ソイが来た
【動画】マハタも交じる!ヒラメ釣り

ハリ先は必ず上に向ける

餌付けについて船長に聞いてみた。「親バリは、口から入れて上アゴの真ん中に抜きます。孫バリは肛門から刺して軸を隠すように尻ビレの付け根から抜くようにします。孫バリは、シングルでもトリプルでもハリ先が必ず上を向いているように刺すのがコツ。それで釣果の八割方が決まりますね。アタリがあったら頭の中でヒラメがイワシを食わえたイメージで一呼吸置いて合わせると案外掛かることが多いです」とのこと。

餌の孫バリは、軸を隠して肛門からハリを入れて尻ビレの付け根に抜く

後半は、浅場のポイントで“横流し”で狙う

深場のポイントでアタリが遠くなった8時50分頃、浅場で良い型のヒラメが上がったとの情報が船長に入り急遽岸寄りのポイントへ移動した。浅場のポイントでは、スパンカーは使わずに横流しで広範囲に狙う。一流し毎に潮上の舷を左右交代する形で流すためチャンスは平等だ。基本的には潮上側がポイントに先に入るので有利になる。潮上側は、LTの場合、「オモリを重めにして糸を立てて早く仕掛けがポイントに入るようにするといい」と船長。
水深11mのポイントへ到着し、何回かの流し替えのあと、10時35分、右舷大ドモ(船尾)でこの日の最大3.5kgのヒラメが上がった(巻頭写真)。釣り上げたのは、40年以上『力漁丸』へ通っているという松林さん(川崎市)。この日が今年の初釣りで「大きめのイワシを付けたら食ったよ」と教えてくれた。11時30分定刻通りの納竿となった。

この日最大3.5kgのヒラメ
沖上がりにお茶とお菓子で一息
お世話になった中井聡船長

今シーズンの状況とこれからの見込み

「今シーズンは、何故か潮が澄んでいる方が大きいのが回ってきたりしていますね。イワシが回ってくると水深5m位で5kg位のが何枚か出たりしています。これからイワシが回ってくれば、また大きいヒラメが回って来ると思うので期待してください。GWに毎年大ビラメが出る時期があるので是非来てください」と船長。
泳がせ釣りは、生き餌が暴れる“前アタリ”のドキドキ感や“本アタリ”からフッキングまでのハラハラ感など独特の釣り味があり、ロマン溢れる釣りだ。手軽にできるイワシ泳がせで大型ヒラメやマハタを是非狙って頂きたい。

釣りビジョンAPC・金井直行

今回利用した釣り船

千葉県 大原港 『力漁丸』
〒298-0003 千葉県いすみ市深堀1885-11
TEL:0470-62-0575
定休日:第1・3月曜日
釣果・施設情報 力漁丸 ホームページ

出船データ

ヒラメ乗合
料金:1万2,000円(イワシ餌、氷付き)
集合:4時30分
出船:5時00分 沖上がり:11時30分

その他の記事

※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。