『でいとう丸・神奈川県江ノ島港』記事一覧

『でいとう丸・神奈川県江ノ島港』記事一覧

でいとう丸・神奈川県江ノ島港

2012年2月15日

03_main.jpg

相模湾・秋谷沖でマルイカに初挑戦!

昨シーズン、竿頭でも“ツ抜け(10尾以上)”が続かず、ファンをやきもきさせた相模湾の冬期のマルイカ(ケンサキイカの幼体)。今シーズンは1月からトップで20~40尾とまとまった釣果が出始め、2月に入っても若干ムラはあるものの好調をキープ。釣れていない時は「ダメだね」と答えてしまう正直者の神奈川県・江ノ島港『でいとう丸』北村治之船長も「初めてなら今がいいよ」と太鼓判を押した。10日、江ノ島に渡った事すら無い私には初挑戦ずくめの取材へ出掛けた。

でいとう丸・神奈川県江ノ島港

2010年12月15日

03_main.jpg

難度は高いが面白い。冬季のマルイカ釣り!

「最近、ヤリイカはダメだね。今は深場のマルイカ狙い。これもあんまり釣れてないけどね」。神奈川県・湘南、江ノ島『でいとう丸』の北村治之(きたむら・はるゆき)船長に「プレミアムマガジンの取材を……」と電話を掛けた答え。春から始まる浅場のマルイカは今や大人気の釣りだが、冬の深場の釣りもテクニカルで面白いと言う。真冬にマルイカ ― あまり一般的ではないだけに、その実態を取材すべく出掛けた。

でいとう丸・神奈川県江ノ島港

2010年6月15日

04_main.jpg

ビギナー大感激!「でいとう丸」釣り教室!

周年イカ釣り中心に出船している神奈川県・江ノ島港の『でいとう丸』。「餌の準備が面倒なので魚は滅多にやりません(笑)」と自店HPに掲載している北村治之船長。その面倒臭いことが大嫌いな船長が、「初心者のための船釣り教室」を開催している。