『LTアジ』記事一覧

『LTアジ』記事一覧

吉野屋・千葉県浦安

2021年2月15日

01_main.jpg

東京湾のLT(ライトタックル)アジ、安定の好釣果!!

“春一番”が吹いて、日に日に春の気配を感じる今日この頃。東京湾のアジが束(100匹)に迫る釣果を上げているとの噂を聴き付け、千葉県・浦安の『吉野屋』を訪ねた。

つり幸・神奈川県川崎

2021年2月15日

02_main.jpg

東京湾の“LT・アジ”絶好調!!数・型共に文句なし!

「船釣り未経験だけど、船に乗ってみたい。そして、どうせ釣るなら美味しい魚」。一見難しそうな“お題”だが、お勧めは東京湾のLT(ライトタックル)アジだ。初心者からエキスパートまで楽しめて、その食味は折り紙付き。神奈川県・川崎『つり幸』から出船した。

船宿 まる八・東京都平和島

2020年9月1日

04_main.jpg

東京湾の“金アジ”!良型中心に数も楽しめる!

梅雨明けから一気に灼熱の真夏に急変。連日の猛暑で危険な領域に。日本の夏が年々おかしくなっている。しかし、東京湾の海中は例年通りの夏を迎えているようで人気ターゲットの1つである“金アジ”は元気一杯に連日好釣果。一時の「癒し」を求めて東京・平和島『まる八』に向かった。

つり幸・神奈川県川崎

2020年7月1日

03_main.jpg

東京湾のLT(ライトタックル)アジ!数釣りモード!!

「同じ魚なら大きいほど脂が乗っていて美味しい」。これは誰もが思う事だが、実はこれが当てはまらないのが東京湾奥のアジ。通称「金アジ」と呼ばれる居着きのアジ。サイズはやや小型ながら、常に脂が乗っており実に美味い。しかも数釣れるというのだから言う事なし。このアジを通年で目玉の釣り物としている神奈川県・川崎『つり幸』に出掛けた。

かめだや・東京都羽田

2020年3月1日

05_main.jpg

東京湾のブランド・アジ、LT(ライトタックル)で連日好調!!

「今年は桜の開花も早そうだ」と、陸は春めいているが、海の中はまだ冬だ。「何を釣ろう?」そんな時、シケにあまり左右されなくて、手軽で、釣果が安定していて、釣って楽しく、食べて美味しい魚!って、もう東京湾のLTアジしか思い浮かばない。東京・羽田『かめだや』に出掛けた。

米元釣船店・神奈川県金沢八景

2019年1月15日

04_main.jpg

初釣りに東京湾・八景沖のLTアジの数釣り!意外な“お年玉”も!

2019年がスタート。“初釣り”を何にしようか悩んでいる方々に、幸先良いスタート確実な東京湾のLT(ライトタックル)アジを勧めたい。通年狙える釣り物だが、この時期は特に数釣りの期待が持てる。しかも今年は連日うれしい?“お年玉”のヒラメが顔を出していると聞いた。5日(土)、神奈川県・金沢八景『米元釣船店』へ出掛けた。

弁天屋・神奈川県金沢八景

2018年10月1日

04_main.jpg

東京湾のLTアジ!秋の行楽&ファミリーフィッシングに最適!

行楽の秋、食欲の秋!アクティブに家族や友人と出掛けて、狩猟本能を発揮して美味しい食材をゲット!!そんなプランにピッタリなのが、東京湾のLT(ライトタックル)アジ釣り。神奈川県・金沢八景『弁天屋』の午前船に乗った。

船宿 まる八・東京都平和島

2018年9月1日

03_main.jpg

東京湾のLTアジが止まらない!竿頭94尾!!

細い道糸を使うことによって、オモリや道具の軽量化を実現したLT(ライトタックル)アジ。東京湾の釣り物としてすっかり定着した。初心者にもお薦めのお手軽な釣りだが、今年は更に一歩踏み込んだLTアジの深淵を覗くべく、東京・平和島『船宿 まる八』に出掛けた。

つり幸・神奈川県川崎

2018年8月1日

02_main.jpg

涼しく楽な午前船!東京湾のLTアジ釣り、連日好釣果!!

「暑い夏でも、釣りには行きたい」。どこかに楽しい情報は無いかと探してみると、東京湾でLT(ライトタックル)アジが好調との事。昼までの涼しい午前船なら体も楽だ。7月25日神奈川県・川崎『つり幸』に出掛けてみた。

かめだや・東京都羽田

2018年7月15日

01_main.jpg

東京湾のLTアジ、夏休みのファミリーフィッシングにピッタリ!

さあ、夏休みだ。子供達をどこに連れて行こうか悩んでいるお父さんに朗報!東京湾のアジ釣りがお勧めだ。水深20m前後の浅場でLT(ライトタックル)での釣りなので、小学生でも十分に楽しめる。東京・羽田『かめだや』に様子を見に出掛けた。

米元釣船店・神奈川県金沢八景

2018年5月1日

05_main.jpg

東京湾・横浜沖、脂の乗った初夏のアジが入れ掛かり!!

本来は、サツキの咲く初夏から夏にかけてがアジ釣りの最盛期だが、東京湾・横浜沖では、周年LT(ライトタックル)で釣れ続いている。そんな折、神奈川県・金沢八景『米元釣船店』から「20mダチで脂の乗った中アジが食ってるよ!」との情報に出掛けてみた。

弁天屋・神奈川県金沢八景

2018年4月15日

04_main.jpg

東京湾・横浜沖のLTアジをエンジョイ!

南西の風が吹き、沖はシケ模様!この季節、強風で沖に出られないこともしばしばだ。こんな日は、シケに強い東京湾奥の釣り物が狙い目。横浜沖のアジが好調と聞き、金沢八景『弁天屋』からLT(ライトタックル)アジ船に乗った。

吉野屋・千葉県浦安

2018年4月1日

02_main.jpg

東京湾・横浜ベイブリッジを眺めながら“金アジ”を釣る!

時々脂の乗った「あの味」が恋しくなる、そう、東京湾のブランド魚“金アジ”だ。春の気配を色濃く感じるようになったこの時期、釣り日和を選んで千葉県・浦安『吉野屋』のLT(ライトタックル)アジ船に乗った。

船宿 まる八・東京都大森(平和島)

2018年1月15日

03_main.jpg

東京湾のアジをLT(ライトタックル)で徹底攻略!

食卓でも馴染み深く、レシピサイトでは物凄い数の調理法が紹介されている魚、アジ。今も昔も沖釣りの入門に最適とされる身近な対象魚だが、LT(ライトタックル)と呼ばれる細い道糸を用いた釣法が一般化して、更にお手軽なターゲットとなった。年の始めの3連休、たまにはのんびり釣りを楽しもうと東京都・大森の『船宿 まる八』を訪ねた。

蒲谷丸・神奈川県金沢漁港

2017年12月1日

03_main.jpg

神奈川県・八景沖のLT(ライトタックル)アジ、絶好調!!

今秋は週末のたびに天気が荒れた。「お天道様には逆らえない」とは言うけれど、ここまで天気に見放されるとストレスが溜まる。気温も本格的に冬のそれとなりつつある11月下旬。飛び石連休にも関わらず天気予報は芳しくない。その合間を狙い、悪天候には滅法強い東京湾内のLT(ライトタックル)アジで、溜まった鬱憤を晴らそうと神奈川県・金沢漁港『蒲谷丸』に出掛けた。

吉野屋・千葉県浦安

2017年11月1日

02_main.jpg

東京湾LT(ライトタックル)アジ爆釣!驚異の229匹!!

強風が吹いたり台風が来たり、沖釣りファンには歯痒い天候が続く今年の秋。ところが、そんな時こそ“大爆釣”の手札が揃う絶好の釣り物があることをご存じだろうか。週末になると来る台風の合間に、千葉県・浦安の老舗船宿『吉野屋』からLTアジ船に乗った。

一之瀬丸・神奈川県金沢八景

2017年7月1日

03_main.jpg

東京湾・LTアジ!船釣り入門に最適!食べても美味!

「船に乗っての釣り」と聞くと、つい「敷居が高いなぁ」と考えてしまう人も多いようだが、初夏~盛夏に旬を迎える東京湾のアジなら誰にでも気軽に楽しめる。サイズは若干小振りになるが、その分数が伸びる。更に釣り場の水深も20m以下の浅場になる。気楽に楽しめるように午前、午後の半日船で出船している横浜・金沢八景『一之瀬丸』の午前LT(ライトタックル)アジ船に乗った。

鴨下丸・神奈川県磯子・八幡橋

2017年6月1日

04_main.jpg

東京湾・横浜沖のブランド“金アジ”をLTで楽しもう!

軽めのオモリを使用することによるメリットは大きい。まずタックル全体も軽いので一日誘っても疲れない。そして魚とのやり取りがダイレクトに楽しめる。その代表格が通称“LTアジ(ライトタックル・アジ)”。そのLTで東京湾を代表するブランド“金アジ”を狙っているのが横浜・磯子、八幡橋の『鴨下丸』だ。

つり幸・神奈川県川崎

2017年5月1日

05_main.jpg

GWのレジャー、東京湾のLTアジがお勧め!!

「ゴールデンウィーク(GW)」、「レジャー」と検索してココに辿り着いたあなた!ちょっぴり早起きして、いつもと違う休日を楽しんでみませんか? 輝く初夏を海で過ごすライフスタイルをご提案♪ 神奈川県・川崎『つり幸』へアジ釣りを楽しみに出掛けた。

こなや丸・千葉県長浦

2016年11月1日

03_main.jpg

東京湾・木更津沖の“LTアジ”、肉厚で脂乗り最高!!

秋本番!朝晩すっかり涼しくなって来たこの時期、東京湾で釣れるアジは、脂肪を蓄え食味も急上昇!釣果もトップは束(100匹)超えを記録するなど好調が続いている。脂の乗ったアジの食味に誘われて10月15日(土)、千葉県・長浦港『こなや丸』に出掛けた。

鴨下丸・神奈川県磯子・八幡橋

2016年10月15日

05_main.jpg

東京湾・横浜沖のLTアジ、家族で楽しめる入れ掛かり!!

手軽に楽しめるLT(ライトタックル)アジ。東京湾・横浜沖で好調に釣れていると聞き、連休最終日の10日、横浜・八幡橋の『八幡橋 鴨下丸』に出掛けた。休日とあって家族連れも多かったが、水深20m前後の浅場で一時はアジとサバが入れ掛かり、ファミリーで大喜びだった。

船宿いわた・東京都東大井

2016年9月15日

04_main.jpg

釣って楽しい、食べて美味しい湾奥“金アジ”をLTで!!

すっかり東京湾奥の「ブランド魚」として定着した“金アジ”。回遊性の“黒アジ”に対して同じマアジでも定着性の高いモノを“金アジ”と呼ぶ。その名の通りうっすらと金色に輝き、細長い“黒アジ”に対して“金アジ”は体高がある。何よりもその味の良さは抜群。常に脂の乗った美味しさを堪能できるのは釣り人の特権。しかも、釣り場は東京湾奥と言うのだから応えられない。

蒲谷丸・神奈川県金沢漁港

2016年4月1日

03_main.jpg

東京湾・八景沖のLTアジ、春の陽気に誘われて!

“花の色が美しい季節。春の陽気に誘われて「釣って良し、食べて良し!」の東京湾の極上アジをターゲットに出掛けた。初心者から、ベテランまで誰にでも楽しめるLT(ライトタックル)アジ、3月21日、神奈川県・金沢漁港『蒲谷丸』からまずは午前船に乗った。

かめだや・東京都羽田

2016年1月15日

03_main.jpg

出たッ!33.5cm!!東京湾・LTアジ釣れ過ぎ注意!

昨年から“好釣”が続いている東京湾のアジ。100匹を超す憧れの“束釣り”はおろか、180匹以上と2束釣りに迫る記録も釣果情報を騒がせている。しかも水深20mにも満たない浅場をお手軽なLT(ライトタックル)で楽しめると聞いて、東京湾・LTアジに力を入れる大田区羽田の『かめだや』へ出掛けた。

かめだや・東京都羽田

2015年5月15日

03_main.jpg

東京湾奥・LTアジ。春の濁り潮に乗って、絶好調!!

大田区・羽田『かめだや』は、LT(ライトタックル)アジの“一日乗合船”(7時30分~15時)を出している数少ない船宿だ。半日釣りでは物足りないと言う人にとって有り難い。春の濁り潮が入って来て、海水温も上がり始め、水深も20m前後の浅場で釣れる様になって来た。良型が釣れているとの情報で5月8日(金)に出掛けた。