オフショアマガジン
2014.12.15号

明広丸・千葉県御宿岩和田港
千葉県・御宿沖、浅場に潜む大型ヒラメを狙う!

01_main.jpg
師走は早い。12月はすぐに終わるから、釣り納めを何処にするか考えていたら、千葉県・御宿岩和田港『明広丸』で大型ヒラメが好調に釣れているとの情報。急遽、9日の乗合船に乗った。

大型、“大判”、1貫目だ!

「明広丸」
千葉県・外房地区でヒラメが好調だ。各地区でトップが10匹、15匹といった“爆釣”の便りが聞かれ、魚影の濃さは抜群だ。アクアライン経由で午前4時20分に到着。岩和田港の海側防波堤に係留されている「明広丸」前に車を停めた。ピンク色のデッキなので夜でも直ぐに分かる。先着していた高橋昇さん(川口市)に話を聞くと、やはり大型が多いのがここの魅力との事。私、高橋さんと他2人の計4人が乗船して定刻の5時30分に出船した。

早朝係留所。右側駐車スペース
船の常備仕掛け
仕掛け図

海底が見えそうな浅場で、ヒラメは待っていた!

[動画]狙え浅場の大型!ヒラメ釣り
当日は、時々西風が吹き込んだが、外房地区としては十分ナギと呼べる海。航程30分程で釣り場に到着。船上灯のお蔭でデッキは明るいが、周りはまだ闇の中。船長のアナウンスで6時にスタート。次の「水深6mです」にビックリ。聞き間違えたと思ったが竿先を見ると直ぐ着底。「こんな浅場で…」と驚いたが、直後に左舷ミヨシ(船首)の冨田伸幸さん(市原市)にアタリ。暗闇と浅場のため撮影が間に合わなかったが、“大判”と言っても良いだろう2.9kgがあっさり船長のタモに収まった。「根を回避して落とし込んだら、ゴツンと一発で食いましたね」と冨田さん。“ヒラメ40”ではなかったか?セオリーとは異なり、頭の中が混乱したが、冨田さんが連発、今度は3.5kgとサイズアップ。すると右舷ミヨシの冨田さんの友人、西村大介さん(市原市)も2kgを超える良型を直ぐに釣り上げた。「喰い込みが良く一気に持ち込みました」との事。どうやら混乱しているのは私だけのようだ。「水深6m、7m、8m根掛かり注意!」と船長から細かいアナウンスがあり、浅場の岩礁周りでピンポイントの釣りだ。6時50分過ぎ、右舷トモ(船尾)の高橋さんも上げたが“ソゲ(1kg未満)サイズ”で苦笑い。しかし、開始1時間で私以外の全員が型を見た。それも大型が多い。「海水温は15.3度で魚探の中層にアジの真っ赤な反応が途切れず出ている」と船長。アジを捕食している大型が浅場にいるそうだ。船長は、流し直しの度に船首方向を入れ替え、不公平にならないように操船してくれる。船影が海底まで届きそうな浅場では有り難い。

1号 冨田さん
2号も富田さん3kg超え
こちらも良型 西村さん

良型続きで我慢出来ず、竿を出す

8時過ぎ、水深17mの少し深い場所に移動した途端、右舷トモの高橋さんが良型を上げ、続いて冨田さん、西村さんと連続ヒット。たまらず私も左舷胴の間で9時から竿を出すことに。竿2.7m、PE3号、オモリ80号、船宿仕掛けでスタートした。孫バリは背掛けの方が長持ちすると船長。海底は砂と岩礁の混じり、根掛かり注意のアナウンスで竿を上げ下げ、入れ替えでラインが手前に来たり沖に行ったりと状況に合わせてラインの出し入れを繰り返した。船首が北を向きラインが沖に出始め、誘いと根掛かりをかわす為に竿を上げた時、グーン、グーンと青物のようなアタリ。底離れさせると海面近くまではあっさり上ったが、海面近くで数回引きこみ、2kg弱が釣れてホッと一息。遅れ馳せながら興奮を味わえた。

苦笑い。高橋さん
餌付け
見よこのビックマウス

浅場で大物、引きは強烈!

10時頃に港近くの水深7、8mのポイントに移動した。冨田さんが「ここは一発大物狙いですよ」と教えてくれた。砂地底でオモリが海底を引きずるのが判る。この日好調の冨田さんにアタリがあり、慎重に引き寄せ大型をゲット。タモに収まったのはこの日1番の3.8kgのヒラメ。「こいつは送り込みが必要だった。中々5kgは釣れないな」と物足りなさそうだったが、日中にこの浅場で少々古い言い方だが“一貫目”が釣れるとは。御宿の海のポテンシャルの高さに驚いた。
定刻11時までに富田さんが3.8kg頭に8匹(推定総重量18kg)で竿頭、スソはソゲを追加した私の2匹で船中19匹の好成績だった。

この日1番の大物 三景
その2
その3

船長に聞く。

本日指南の後藤明広船長
「今日は潮の流れもあり、まずまずの釣果。アジの反応がよく出ていた。浅場狙いで当分期待できます。南東風以外なら大体出船出来ます。もっと大型も来ますよ」と船長。浅場のヒラメは狭い部分に重なっている事もあるという面白い話が聞けた。周りが当った時がチャンスなのかもしれない。通常のヒラメ釣りとは異なり浅場の岩礁周りを狙うので、根掛かりを回避するように竿を誘導することが肝だ。ポイントによって捨て糸の長さの調整も必要かもしれない。オモリの予備は十分に用意したい。
定員16人の“予約乗り合い”なので事前に連絡の事。“一発必中”根に張り付く様な大型を狙いに行くのはどうだろうか。翌10日には4.9kgも上っている。

(釣りビジョンAPC・野口 壮一)

今回利用した釣り船
千葉県御宿岩和田港『明広丸』
〒299-5105
千葉県夷隅郡御宿町岩和田851
TEL:0470-68-3654
定休日:第1、第3土曜日
詳細情報(釣りビジョン)
明広丸ホームページ
出船データ
出船時間:午前5時30分 / 沖上り:午前11時30分(電話確認)
乗船料金:電話確認
プレミアムメンバー