オフショアマガジン
2014.12.15号

船宿 まる八・東京都平和島
東京湾のアジ、絶好調!釣ってよし、食べてよしのアジ・鯵・味!!

02_main.jpg
寒波が日本列島を襲い、日本海側を中心に四国まで雪を降らせ、一足早く本格的な冬が来たようだ。数日続いた強い西風が治まった7日、「LT(ライトタックル)で、コロッとした中アジが喰ってるよ」という情報に、大田区大森・平和島の『船宿 まる八』から乗合船に乗った。

海浜公園の対岸、隣は平和の森公園

『船宿 まる八』は、国道15号線(第一京浜)、平和島入口から車で僅か5分の所にある。海浜公園や平和の森公園が隣にある都心にある船宿だ。電車なら、京浜急行・平和島駅まで送迎(要電話確認)してくれる。当日は十分に余裕のある時間に家を出たのだが、高速湾岸線の工事と交通事故のダブルで大渋滞に巻き込まれ、『船宿 まる八』の駐車場には出船間際に到着する始末。慌てて周辺の風景や桟橋を写真に収めて船に乗り込んだ。

ここが『船宿 まる八』です
駐車場は広くて桟橋の前
これがLTアジ船です

これから出船するよ
出船準備、コマセの入ったバケツが配られる
いよいよ出船、釣れるとよいのだが

釣り場は水深20mの浅場

朝日に映える、羽田空港への誘導灯橋
釣り人は私を含め11人。舵を握るのは店主で船長の飯島正宏さん。定刻の7時30分に舫い綱を解き桟橋を離れた。東京湾に出ると数日前の強風は嘘のようなベタナギ状態。朱に塗られた羽田空港の誘導灯の脇を過ぎ、川崎港の岸壁に大型タンカーや鉱石船が停泊しているのが見えた。30分程走った航路脇でエンジンがスローになった。「ハイ、準備出来たらやって下さい。水深20m、タナは下から2m!」と船長からアナウンス。用意された餌はアオイソメとアカタン(イカの切り身を食紅で染めたモノ)。

目の前が羽田空港。発着の飛行機も
沖にアクアラインの風の塔。水中翼船が大島を目指す
何時も明るく迎えてくれる飯島正宏船長

“口開け”は良型のシログチ

殆んどの釣り人は40号のアンドンビシに背負い負ける様な軟らかい竿を使っている。半月を描く竿を底から1mで大きく振り上げてコマセを撒き、タナに合わせてから再度大きくシャクリ上げしてキーパー(竿掛け)へ。コマセが効き出したのか、両ミヨシ(船首)で、トモ(船尾)で、胴の間(中央)で竿先が震えだした。「良い引きだと思ったらシログチだよ」、「こっちも一荷(ダブル)」だよ」の声。“口開け”は良型のシログチだった。この日は底潮が濁り気味なのかアオイソメにシログチが喰ってしまうらしい。それでも、左舷胴の間の井上さん(大田区)のバケツには30cm弱のアジがピンとヒレを張って「俺さまはアジだ」の雄姿を見せていた。しかし、アタリは遠く、たまに上がるのはシログチ。「ここは先週までよかったのに…」と言っていた船長も堪らず竿上げの合図。

期待を込めて第1投
アンドンビシと呼ばれるコマセカゴとコマセの入ったバケツ
口開けはゲストのシログチでした、良型だ

ウーン、喰いが渋いね
悠々と泳ぐ雄姿はまさにアジ、“味の王様”だ
仕掛け図

寒波の影響で潮温低下?

船はつばさ橋が見える鶴見沖に移動した。水深はほぼ同じ。しかし、ここでもアタリは少なく、釣り人はアカタンを付けたりシャクリを変えたりしていたが何人かが顔を見た程度。再度竿上げのアナウンスで南本牧沖に移動したが…。何処も寒波の影響で潮温が低下したらしく喰いは渋い。シログチ交じりでポツリポツリ程度。お店をやっているという右舷トモの岩崎信章さん(中央区)は「先週78尾釣ってお客さんに振る舞って喜んでもらったので、今日も2匹目のドジョウを狙って来たのに喰いが渋いですね」と言う。クーラーの中を見せてもらうと数尾のアジとシログチの銀鱗が光っていた。

アタリがないね
アジではありません。シログチでした
こちらもシログチ。底潮が濁ってるのかなあ

アジが欲しいのにシログチの一荷だ
シログチは引きが強いから直ぐ分るけど
もうシログチを4尾も釣っちゃいました、“本命”が欲しいよ

喰い込みが浅くバラシ続出

久しぶりの“本命”。3尾目です
昼過ぎまでポツリポツリの拾い釣りで何処も芳しくなく、再度川崎港沖に戻った。これが正解だった。朝、東京電力・火力発電所の岸壁に横着けされていた液化ガスを運んできた大きなタンカーも姿を消していた。朝より少し岸寄りで投入の合図。コマセが効き出すと「アタリが小さいので置き竿にして待ってます」と言っていた左舷トモの笹森健一さん(大田区)がコロッとした25cm級を取り込んだ。右舷でもミヨシやトモで竿が上がって活気付いてきた。右舷の荒木実さん(中野区)は取り込み中に船縁でポチャンに苦笑い。あちらこちらから「ああ、バレた」、「落っこちゃった」の声が聞える。潮温低下のせいか喰い込みが浅いようだ。

見て下さい、デッカイのを釣りました
やりましたよ、良型の“本命”
こいつは良型だよ

終盤に喰いが立つ

出船前の準備や後片付けを手伝っている常連さんの佐々木睦夫さんや船越一生さん(共に大田区)が「午後になったら喰い出すよ」と言っていたが、その予言が的中した。ミヨシの鈴木義興さん(大田区)が良型を連チャン、船越さんや佐々木さんもコマセを詰めて投入、竿を大きくシャクリ上げてキーパーにセットする。ハリスが馴染むとクンクンというアタリの連続。前半の貧果が嘘のようだ。ただ多点掛けは稀。それでも、左舷のミヨシの遠田明さん(台東区)や隣の土田正春さんが2点掛けを連チャン。トモから2番の矢口一雄さんも大きく手を広げて取り込んでいる。右舷トモの岩崎さんの赤い竿が絶え間なく上がっている、タナ取りが良いのだろう。竿をシャクリ、少し間を置くとクックッと竿先が持ち込まれ、一時は入れ掛かり。私もここで竿を出した。コマセを振りやすいように少し硬めの竿でクッションゴムを細いものにした。コマセを詰めて投入、タナ取りをしてキーパーにセット。直ぐにグンと強いアタリで28cm級を取り込んだ。しかし2尾目まで間が空いた。船中の状況に船長の計らいで時間延長。私もその後パタパタと数尾釣り上げたところで納竿の時間となった。「もう少し早く喰い出してくれれば数が伸びたのに…」の思いで帰港した。

[動画]釣ってよし、食べてよし!LTアジ釣り
どうです、このアジ
こっちも来たよ

俺、またシログチになっちゃた
食べごろのアジでしょ
連チャンでアジが来てますよ

エヘヘ内緒だよ、目玉に掛かってたよ
バレなくてよかった、何尾も船縁で落としちゃたからね
先週も今週も、この赤い竿で連チャンで釣ってます

トップは36匹、30匹台が大半

川崎港沖で終盤喰いが立ったお蔭でトップは36尾。スソ(最低)は16匹だったが、大半の人が30尾オーバー。ゲストのシログチも全員が5、6尾の釣果。寒波の影響もあり、急激な潮温低下があったようで喰い込みが浅く、取り込みで多数のバレがあったのは残念。しかし、潮温が落ち着けばこの周辺の浅場で年明けまで続きそうとの事。コロッと太って手にするとヌルッとする脂の載ったアジ。刺し身にタタキに塩焼き、煮魚と何にして食べても抜群に美味いアジだった。

今日の成果はこんなもんです
私の釣ったアジ、2尾目までが長かった
こんなのがもっと早く喰い出せば数が伸びたのに

これ良型でしょ、見せてないで手返し良くやらないと
今日のLTの仕掛けです。
餌をいろいろ用意したけど、今日はアオイソメがよかったね。

(釣りビジョンAPC・倉形 金幸)

今回利用した釣り船
東京都大田区大森・平和島『船宿 まる八』
〒143-0011
東京都大田区大森本町2-15-10
TEL:03-3762-6631
詳細情報(釣りビジョン)
船宿 まる八ホームページ
出船データ
LTアジ乗合=9,500円(餌、氷付き)
7時30分出船 2時頃沖上がり
駐車場無料・連絡すれば、京浜急行平和島駅まで送迎してくれる
※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。
プレミアムメンバー